屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 屋根に設置している水切りの役割と種類とメンテナンスについて

屋根に設置している水切りの役割と種類とメンテナンスについて

更新日:2021年11月2日

 屋根のリフォームで「水切り」という言葉がありますが、実際に目の当たりにするのは工事のお見積り書や修理業者との話の中で出てくるようなシチュエーションです。水切りは名前のごとく水を断ち切り雨水の侵入を防ぐ役割を持っていますが、屋根に限らずお住まいの様々な場所に水切りは存在します。このページでは水切りの役割や種類、メンテナンスについてご紹介いたします。

屋根の水切りについて

水切りはお住まいになくてはならない

 冒頭分でお話した通り、水切りは雨水の侵入を防ぐことです。また、屋根においては一旦侵入した雨水を屋外に出すといった役割の水切りもあり、この水切りの機能によって建物を水分から守り、長持ちさせることができます。

雨漏りによるシミ 天井の雨漏り

水切りの種類

・谷板金の水切り
 屋根の面と面が谷のように付き合わさる部分に設置された箇所を谷部と言います。ここに設置されている板金を谷板金と言いますが、屋根に降った雨水がこの谷板金に集められ、そこから軒樋、縦樋などを経て地上に排水されます。屋根において雨水が集合する箇所ということは、それだけ雨水が侵入しやすく、かつ一旦雨漏りすると大量の浸水を受けることになります。この板金は排水をスムーズにし、水分を滞留しにくいようV字型の板金が設置されています。

瓦屋根の谷板金 谷板金

・ケラバの水切り
 ケラバとは切妻屋根や片流れ屋根の屋根の側面です(下の写真をご参照ください)。ケラバは屋内への日差しの調整や雨水が外壁面に当たることを防ぐ軒の一部ですが、この箇所も雨水が侵入しやすい箇所です。屋根材(瓦など)同士の隙間から雨水が侵入するケースが多いため、ケラバ捨て水切りといったケラバに使用する水切りを使って浸水を防いでいます。

ケラバの水切り 屋根のケラバ

・壁止まり板金
 外壁と屋根の取り合い部分への浸水を防ぐのが壁止まり板金です。どうしても屋根と外壁の隙間からは浸水を防ぐのは難しいのですが、一旦侵入した雨水を捨て水切りで排水することで屋内への浸水を防いでいます。

壁止まり板金 壁止まり板金の補修

・軒先水切り
 軒先もケラバのように部屋に差し込む日差しの調整や雨水を外壁にあたりにくするといった機能がありますが、特に軒先は窓の開け締めやベランダ・バルコニーなども設置されているケースが多いです。この軒先においても屋根からの雨水が集まる箇所で、浸水しやすいため水切り板金を設置しています。屋根からの雨水は軒先水切りによって軒樋にスムーズに回収されることになりますが、水切りが十分に機能しないと、軒先からの雨水が軒天などに回り込み、雨漏りさせてしまう場合があります。

水切り板金の取り付け 軒先の水切り板金

 

屋根の水切り板金工事の様子

 ケラバと軒先の水切りについての工事をご紹介いたします。板金だけの工事といったケース以外に、今回ご紹介する屋根の葺き替えや屋根カバー工法などでも合わせて水切りの工事も行うことになります。

 こちらはケラバの水切りです。左写真のような形状の板金を設置することで、屋根からの雨水が防水紙の下に回り込んで浸水しないようになっています。屋根カバー工法の場合は、ケラバ側に捨て板金が必要かどうか変わってきますので屋根の形状や外壁との取り合い、施工方法などにもよるため事前の調査を十分行い判断します。

 お次は軒先の水切り板金です。板金工事は現場で加工しながら屋根の形状に合わせて設置を行います。そのため、施工スタッフの腕によって仕上がりが左右するため、業者を選ぶのは慎重に行うようにしましょう。ケラバ同様に軒先からの雨水の切れを良くし、スムーズに軒樋に雨水が落ちるように設置する必要があります。

 

水切り板金のメンテナンス時期について

 近年では板金の殆どがガルバリウム鋼板を使っていますが、以前はトタンが主流でした。トタンの耐用年数は10年程度で、塗装などを定期的に行っていない場合はもっと早く傷んでしまいます。劣化による見た目の変化として、錆や穴あき、変形などがありますが、屋根の上ということで強風の影響も受けやすいので設置している釘などが浮いてしまうことも多いです。
トタンよりも耐久性が高いガルバリウム鋼板であっても、上記のような状態が20年をすぎると出てくることがありますので、見つかった場合は早めに交換を行うようにしましょう。また、水切り板金が傷んでいる場合はお住まい全体にもそれなりに年数が経っていることから、他の部分にも不具合が見られることが多いです。ですので、この機会に一通りお住まい全体の点検を受けることをおすすめします。私達街の屋根やさんではお住いの調査を無料で承っております。また、もし工事が必要な箇所が見つかった場合の工事のお見積りについても無料です。お気軽にご連絡ください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる