屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市泉区領家にて強風の影響により経年劣化していた瓦棒葺き屋.....

横浜市泉区領家にて強風の影響により経年劣化していた瓦棒葺き屋根の棟板金が飛散してしまいました

更新日:2021年11月3日

 先日の強風で、屋根から金属板が飛んできてしまって庭に保管してある。屋根の状況が気になるので調査をお願いしたいと横浜市泉区領家にお住まいのI様よりご相談を頂きました。

 現地にお伺いしますと、I様邸は築40年前後経過しており、屋根のメンテナンスはした記憶がないとの事でした。さっそく屋根にあがらせて頂き状態を確認致します。

 緊急事態宣言は解除となりましたが、街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行い現地対応にあたらせて頂いております。お住まいの調査や工事依頼を安心してご用命頂ける環境を整えております。

 

築40年経過したお住まいが強風被害

 

 

棟板金が飛散した原因は強風だけではなく棟自体の経年劣化も関係があるようです

紙の様にひしゃげた棟 瓦棒葺き屋根の棟が一部外れてしまっていた

 

 保管していたという金属板を見させて頂くと、屋根の雨仕舞として納められているはずの「棟板金」でした。相当な強風だったのか紙きれのように金属の板がひしゃげてしまっております。

 屋根に上がりますと、棟板金の下地材である「貫板」が破損した状態で屋根に散乱しておりました。写真右の赤い四角で囲んだ所に屋根面に対して一本貫板が取り付けられているのですが、その一方の貫板が外れてしまい屋根の上に落ちている状態です。このまま再度強風が吹いたりでもし、貫板が飛散して近隣への二次被害も考えられます。早めに修繕が必要です。

 

飛散しなかった部分を見ても貫板は黒く腐食し釘は錆が相当まわっていました

固定する為に使う釘も散乱していた 瓦棒の合羽に打ち込んであった釘を見ると錆が回りすぎていた

 

 棟を近くで見てみますと、どうやら強風だけが今回の件に繋がったわけではない事が分かりました。貫板はどこを見ても黒く雨水を吸ってしまった影響で腐食が進んでおり、またその貫板や棟板金を固定する釘を見てみるとどれも錆が出てしまっており、固定力を失っていたようです。そこへ強風がぶつかり今回の件に繋がってしまったようです。定期的に屋根のメンテナンスをする必要性が分かります。

 今回は残った木材等、飛散して近隣へご迷惑になるものは下ろしておき、棟板金交換工事のご提案をさせて頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは棟板金の飛散してしまった原因も現地調査で特定しお客様に写真を交えてご説明しております。屋根工事の事は調査から工事まで、街の屋根やさんへお任せください。

 

 記事内に記載されている金額は2021年11月03日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

被害が出る前!? 出た後!? 屋根工事のタイミングはどちらがオトク
被害が出る前!? 出た後!? 屋根工事のタイミングはどちらがオトク
 建物の屋根に不具合が発生した場合、部分補修で済ますべきなのか、それとも思い切って全面的な改修をしてしまうのか、迷うことがあると思います。金銭的に余裕があるならば、全面改修の方が間違いはないのですが、世の中にそういう方は少数です。部分補修と全面改修、時と場合によってを使い分けるのが賢い屋根リフォーム…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市泉区のその他のブログ

      2022/03/29 横浜市泉区中田東にて瓦屋根の点検にお伺いし、漆喰の劣化や番線の緩みを発見しました

       横浜市泉区中田東にてお住いのお客様より「瓦屋根を一度見に来てほしい」と、点検についてのお問い合わせを頂きました。これまで雨漏りなどはしていないものの、メンテナンスも行ったことがないため状態を確かめておきたいとのことです。屋根はご自身で上ると大変危険ですので、今回のように街の屋根やさんのような専門の...続きを読む

      2022/03/16 横浜市泉区緑園にて勾配の無い玄関ポーチの屋根からの雨漏りを点検致しました

       横浜市泉区緑園にて玄関ポーチの屋根から雨漏りしているという事でご相談を賜りました。現地調査に伺うと、玄関ポーチの屋根には全くと言って良い程に勾配がなく、大きな板金平板を二枚繋げた作りをしていました。経年劣化か雪による重量過多のせいなのか、又はそれ以外の理由かの判断は難しいですが、二枚の板金の継ぎ目...続きを読む

      2022/02/18 横浜市泉区和泉町にてセメント瓦の状態を調査、漆喰や塗膜に経年劣化が見受けられます

       横浜市泉区和泉町にてお住いのお客様より、「セメント瓦が傷んでいると訪問業者に言われたので、点検をお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。セメント瓦は日本瓦と違い、塗装によるメンテナンスを必要とする屋根材です。さらに瓦屋根では経年劣化の発生しやすい箇所もあるため、そちらを指摘されたのかもしれませ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市泉区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      12年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sオレンジ
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      30年
      使用材料
      屋根:コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/05/14 厚木市森の里にて以前に補修された棟板金の浮きが発生、樹脂製貫板を用いた棟板金交換のご提案

       厚木市森の里にお住いのお客様より「棟板金が浮いているように見えてきた」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。棟板金は、屋根の面と面が合わさる部分に被せた金属板です。瓦屋根の場合は棟瓦・冠瓦といいます。近年では、三角屋根の切妻(きりづま)から寄棟(よせむね)等の複合タイプなど複雑な屋根の形状が多...続きを読む

      2022/04/15 横浜市都筑区勝田町にて塗装工事前の屋根の棟板金の点検を行いました

      塗装工事前に棟板金を交換しておいた方がよいか見てほしい 横浜市都筑区勝田町にお住まいのお客様より、塗装工事をすることが決まっているが、塗装の前に棟板金を交換した方がいいか確認をお願いしたいとお問合せをいただきました。多くの場合では塗装業者さんと提携している屋根業者さんなどが工事をするのですが、今回の...続きを読む

      2022/03/18 横浜市保土ヶ谷区仏向町にて貫板が腐食し浮いてしまった棟板金を交換工事し雨漏り予防

       横浜市保土ヶ谷区仏向町にて、棟板金がめくれているため交換工事をしてほしいとご依頼をいただきました。お客様のお隣にお住まいの、以前屋根カバー工事の施工をご依頼いただいた別のお客様が街の屋根やさんをお客様にご紹介くださり、今回工事を担当させていただくことになりました。現地調査の際には棟板金の様子を写真...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる