横浜市緑区三保町にてスレート屋根調査、屋根塗装工事時の縁切り不足により雨漏りが発生しておりました

HOME > ブログ > 横浜市緑区三保町にてスレート屋根調査、屋根塗装工事時の縁切り.....

横浜市緑区三保町にてスレート屋根調査、屋根塗装工事時の縁切り不足により雨漏りが発生しておりました

更新日:2022年01月06日

 横浜市緑区三保町にお住まいのお客様より、最近になって二階室内天井に雨染みが多くなりクロスも剥がれてきてしまった。原因が分からない為に早めに屋根の点検調査をお願いしたいとの事でさっそく現地調査にお伺い致しました。お住まいの室内に雨漏りの影響が出始めた時は、数年前からじわじわと雨漏りが始まっているケースが殆どで、修繕に大きく予算をかけなければいけない事が多いのです。

 新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、私たち街の屋根やさんでは引き続きソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底に努めてまいります。

 

何故雨漏りが起きたのか

 

築30年以上経過したお住まい

 

 さっそく現地調査に訪問させて頂き、今までの修繕履歴などのお話をお伺い致しました。塗装でのメンテナンスを20年程前に行って以降は特に何もされていないとの事でした。

 一般的に屋根も外壁も10年前後でのメンテナンスが推奨されております。塗装でメンテナンスができる屋根としてスレート・コロニアル・カラーベストと呼ばれるセメント板はその物自体は防水性能を持っていない為、定期的に塗装による塗膜で防水性能をもたせませんと、スレート自体が雨水を吸いこむようになり結果、ルーフィングや野地板を固定している釘頭廻りに雨水が回ってしまい雨漏りというケースも多いのです。外壁もモルタル外壁の場合はクラックからの吸い込み等、心配になります。今回は屋根と外壁の両方から雨漏りに繋がる箇所がないか調査をさせて頂きました。

 

屋根裏にある断熱材に雨漏りの跡

 

屋根裏の様子 屋根に上がると棟板金の取合いに大きな隙間があいていた

 

 こちらがまずは雨漏りしている箇所を特定する為に、屋根裏を見させて頂いた時の様子です。敷き詰められている断熱材にミミズがはったような雨漏りの跡が散見されます。気密性の高いお住まい程断念材が多く敷き詰められていたりする為に、まずは屋根からの雨漏りを断熱材が吸収、それから室内天井に雨漏りの影響が出始めるまでは数年かかるケースが多いようです。ですので、修繕には部分的な修繕ではなく屋根全体の修繕、具体的には屋根葺き替え工事の必要性が高い事が多いのです。

 屋根葺き替え工事は下地から新しくでき、防水紙も新しくなる為に雨漏りが長い間続いていたと推測できる場合、または築年数が30年前後の場合は屋根がまともでも防水紙が劣化し、雨漏りしている事もある為に屋根葺き替え工事がお勧めです。

 予算を安く抑えられる屋根全体の工事としては屋根カバー工事もございますが、雨漏りしている場合はカバー工事よりも葺き替え工事の方が後々心配がなくなります。少なくても雨水が染み続けていた下地、野地板へ新しい屋根材を固定する際に、心配がなくなります。

 屋根にあがりちょうど断熱材の染みが多い真上は、写真右の棟違いになっている棟板金とケラバ板金との取合い部分が傷んで大きく隙間が出来ていました。おそらく雨が降ればここから流れ入ってしまい雨漏りしていた物と考えられます。

 

縁切りされていなかった為にカワスキを使用して隙間をあけてみます カワスキで隙間を設けてようやくタスペーサーが差し込めました

 

 こちらは、カワスキと呼ばれる縁を切る道具を屋根上に持ち込み、塗装時に塞がってしまっていた縁にカワスキを入れ込み隙間を設けた所です。ここまでしてようやく黒いタスペーサーと呼ばれる屋根塗装時の必需品が差し込めるようになりました。本来であれば、屋根塗装時の下塗り前に差し込んで置き、雨水が正常に流れ出るようにしておかなければならないのですが、いまだに塗装時の縁切り不足で雨漏りしているお住まいが多いのも事実です。

 一度雨水を吸ってしまい脆弱になってしまったスレートは塗装では蘇りません。ですので、今回は築年数が30年以上経過している事もあり屋根葺き替え工事のご提案をさせて頂きまして、ご用命頂きました。

 私たち、街の屋根やさんでは雨漏りといいましても、原因不明なまま必要のない工事をするようなご提案や施工は致しません。雨漏りには必ず原因がありますので、特定し原因を修繕する工事のご提案を心がけております。雨漏り修繕は街の屋根やさんへお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年01月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根葺き替えで雨漏り解決!メリット・デメリットを解説!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます
 どんな屋根であっても、定期的なメンテナンスやリフォームが欠かせません。  雨漏りなどの被害を経験する前に、「普段の屋根の手入れが重要だったんだな」と後悔する前に、屋根のメンテナンスを実施して、大切なお住まいを守りましょう。  このページでは、スレート、瓦、金属屋根ごとの寿命の見積もりとメンテナン…続きを読む
屋根塗料の耐久性と耐候性にはこだわりたい方におすすめ、ラジカル制御塗料「ファインパーフェクトベスト」
 建築用塗料において近年、注目されている技術がラジカル制御。塗膜を劣化させる大きな要因は紫外線によって発生したラジカルによる酸化還元反応です。このラジカルを発生しにくく、発生したとしても安定剤で封じ込めてしまう屋根塗装用塗料がファインパーフェクトベストなのです。 【動画で確認「ファインパーフェクト…続きを読む
傷んだスレートを甦らせる下塗り材ベスコロフィラー
下地調整と下塗りが一度で可能 厚膜を形成し、塗装面を良好に 上塗り後、良質な艶を形成  【動画で確認「ベスコロフィラー」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ …続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市緑区のその他のブログ

      2024/05/4 横浜市緑区三保町へ前回のメンテナンスから日数が経過してしまった屋根の調査に伺いました

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は前回の屋根のメンテナンスから時間が経ってしまったために屋根の状態が気になるとご連絡をいただき、横浜市緑区三保町へ調査に伺いました。  それでは早速調査開始です! 劣化したスレートの塗装  屋...続きを読む

      2024/03/3 横浜市緑区新治町にて築50年程経過しているお住まいで雨漏り発生、経年劣化でセメント瓦と防水紙が劣化しており葺き替え工事が必要でした

       横浜市緑区新治町にお住まいのK様より、以前より雨漏りがあったが放置してしまっていた。最近の雨で室内に大量に漏れるようになってしまったので修繕をしたいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。  お話を伺いますと、築50年程経過しているお住まいで屋根に関しては何も手をかけたことがないそうです。...続きを読む

      2024/01/23 横浜市緑区白山で表面の剥がれが気になる屋根を点検しました

      傷んだ屋根を調査して欲しい 横浜市緑区白山で、アンテナ工事をした際に屋根の劣化が酷いと業者に言われたことをきっかけに、状態確認をお願いしたいとお問い合わせをいただき現地調査にお伺いしてきました。 表面がパリパリに剥がれている状態でした  屋根は表面が剥がれている状態でした。これは表層剥離と...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市緑区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15~20年程
      使用材料
      ディートレーディング エコグラーニ エバーグリーン

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/06/12 相模原市中央区上矢部で屋根工事を考えている屋根はニチハのパミールが使われていました

      屋根工事を検討している 相模原市中央区上矢部にお住いのお客様より、屋根の劣化が気になってきたので点検と必要な工事の提案をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   屋根工事となると屋根葺き替えやカバー工事、屋根塗装工事など様々ございますが、屋根材や経...続きを読む

      2024/06/10 ガルバリウム鋼板の屋根はなぜ人気?その理由や施工方法・金額の目安を解説!

      ガルバリウム鋼板とは  ガルバリウム鋼板は、鋼板の表面にアルミニウム(約55%)、亜鉛(約43.4%)、シリコン(約1.6%)の合金をメッキした素材です。この合金メッキは、通常の亜鉛メッキ鋼板に比べて耐食性が高く、長寿命であることが特徴です。   アルミニウムは耐食性を...続きを読む

      2024/06/4 模原市中央区清新でアスベスト入りスレートの経年劣化を点検しました

      スレート屋根の劣化具合を見てほしい 模原市中央区清新にお住まいのお客様より、そろそろ屋根のメンテナンスを考えているので、状態の確認と見積をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/ 屋根にはアスベスト入りのスレートが使われていました 屋根にはアスベスト入り...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!