平塚市南豊田にて強風で破損したルーフバルコニーの波板を保険適用で復旧

HOME > ブログ > 平塚市南豊田にて強風で破損したルーフバルコニーの波板を保険適.....

平塚市南豊田にて強風で破損したルーフバルコニーの波板を保険適用で復旧

更新日:2022年01月28日

 平塚市南豊田にお住まいのお客様より「強風の際、ベランダの屋根が剥がれてしまった」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。ベランダの屋根も、火災保険の風害の適用対象となります。まずは、ご加入されている保険内容をご確認いただき、保険会社へお問合せされることをおすすめします。火災保険申請をする場合は、見積書と被害状況の写真が必要となります。私たち街の屋根やさんでは、火災保険を使用した復旧工事を数多く承っておりますのでご安心ください。

被害状況確認

破損状況 ルーフバルコニー

 建物の2面に沿うよう、L字型にバルコニーが設置されていました。一般的なバルコニーベランダと比較して面積が広いこと、1階の屋根になるスペースをバルコニーにされていることから「ルーフバルコニー」または「ルーフテラス」の分類になります。このルーフバルコニーに波板屋根が設置されていました。フレームのコーナー部分に中間垂木(ちゅうかんたるき)があり、しっかりした作りです。中間垂木の屋根表面には板金を取り付けて収められていました。今回の被害で、この板金も捲れてしまいました。

ポリカ波板交換実施

板金を加工 シーリング

 使われていた波板は塩ビ(塩化ビニール)でした。塩ビ波板は、紫外線の影響を受けやすく、日焼けなどの熱で変色・変形するなど、経年による劣化も早いです。耐用年数は約2~3年と非常に短いため、長期使用には向きません。今回使用したのは「ポリカ波板」です。ポリカーボネート樹脂でできた波板で、耐衝撃性に優れており、雹(ひょう)や小石などによる破損が心配な地域や場所などでも使えます。ガラスに近い透明性があり紫外線などの熱にも強く長期にわたる使用が可能です。

 コーナー部分(波板が合わさる箇所/中間垂木部分)を板金で納めます。まず下地材のを設置し、板金を取り付けますが、外壁のコーナー部分に合うように金属板を加工します。ビスで板金をしっかり固定します。ポリカ波板とフレーム部分の隙間を埋めるためにコーキング(シーリング)処理を行います。隙間にしっかりとコーキング材を充填し雨水水の侵入を防ぎます。

工事完了

ポリカ波板張替え完成

 ポリカ波板の固定には、波板と同じポリカーボネート素材の「ポリカフック」を使用しています。ポリカーボネートは、ガラスの約200倍、塩ビの約20倍以上の強度といわれています。また、紫外線は通しませんが透明度と透過性に優れており、耐用年数が約10年以上のため長期のご使用におすすめの素材です。

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウイルス予防対策として、訪問の際には手指の消毒・マスク着用の必須を引き続き徹底しております。zoomなど、オンラインによるお打ち合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください!

 記事内に記載されている金額は2022年01月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしまし…続きを読む
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
 最近では、お客様から「火災保険を利用して修理したい」との相談が増えています。  火災保険は火災被害だけでなく、台風や雹などの自然災害による損害にも対応しています。  最近の異常気象に備え、台風や豪雨の際に是非とも活用していただきたいのが火災保険です。  ただし、このような火災保険が原因で、トラブ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      平塚市のその他のブログ

      2023/04/18 平塚市河内にてスレート屋根の調査!屋根表面の気になる変色はメンテナンスのサインです

       平塚市河内にお住いのお客様より、「屋根の色が黒くなってきた」とのご相談をいただきました。築30年以上のお住まいで、以前スレート屋根に葺き替えたことがあるそうです。傷みがどの程度のものなのかを確認するためにも、調査に伺いました。 街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルスの対策を行い現場の調査を...続きを読む

      2023/02/14 平塚市纒にて瓦屋根の調査 棟瓦にズレや歪みが発生している場合は棟瓦の取り直しが必要です

       平塚市纒へ瓦屋根の調査でお伺いしました。瓦がズレているということでご連絡をいただきました。台風や強風、地震で建物が揺れる際は、屋根も同じように揺れます。瓦が1枚ズレるだけでも、徐々に全体のバランスが崩れはじめてしまいます。瓦屋根の場合、1枚から差し替えやズレの修正も可能ですので、大掛かりな工事が必...続きを読む

      2023/01/31 平塚市諏訪町にて劣化の進んだスレート屋根を調査 耐用年数が近い場合は全面的なリフォームが望ましいです

       平塚市諏訪町にお住まいのお客様宅にてスレート屋根の調査を実施しました。「屋根の傷みが気になる」ということで見積りのご要望をいただきました。スレート屋根の耐用年数は、塗装メンテナンス等を定期的に行われた場合、25年~30年程です。下地の防水紙(アスファルトルーフィング)の耐用年数は、種類によりますが...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      平塚市のその他の施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      12年
      使用材料
      ポリカーボネート
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      26年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/06/6 コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベスト屋根材が損傷する原因になります!

       現在、最も普及している屋根材と言えば「スレート屋根材」ですが、導入コスト・軽量性に優れる屋根材である一方で約10年に1度を目安に塗装メンテナンスによって塗膜の保護機能を回復させる必要があります。 しかし、スレート屋根材の中には「塗装が出来ない・しても意味がない」とされるものも存在しますǶ...続きを読む

      2024/06/5 屋根に設置されるドーマーの特徴やメリットとは?雨漏り被害には注意が必要です!

       屋根に設置される窓と言えば「天窓」が一般的ですが、その他の設置方法として挙げられるのが「ドーマー」です。 天窓と違い屋根から突き出される形で設置されることから、景観面において屋根の大きなアクセントとなります(#^^#) しかし、ドーマーは景観面に限らず、機能面にも大きなメリットがあります! 今回は...続きを読む

      2024/06/2 天窓からの雨漏りの修理や、雨漏りを防ぐためのメンテナンス方法を解説!

      天窓にも寿命があります! 天窓の寿命は一般的には20年から30年と言われています。 また、天窓を構成しているパーツ(パッキンやシーリングなど)は10年や20年経つと劣化し、雨漏りを引き起こすことがあります。 天窓は雨漏りが起きやすい 天窓は屋根に設置される開口部で、自然光を取り入れたり通気...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!