棟板金内部の貫板の劣化進行が招く捲れ・飛散被害|樹脂製の貫板がおすすめです!

HOME > ブログ > 棟板金内部の貫板の劣化進行が招く捲れ・飛散被害|樹脂製の貫板.....

棟板金内部の貫板の劣化進行が招く捲れ・飛散被害|樹脂製の貫板がおすすめです!

更新日:2023年11月14日

 こんにちは!街の屋根やさん横浜です(^O^)/

 屋根の頂上など、屋根材同士の隙間に被せる様に設置される棟板金ですが棟板金は内部の貫板へ固定されています!

 しかし、貫板の劣化は棟板金の捲れ・飛散被害を引き起こす原因となりますので注意が必要です(>_<)

 今回は、棟板金内部の貫板の劣化進行が招く悪影響や、樹脂製の貫板をおすすめする理由を併せてご紹介致します!

 内部の貫板の劣化進行が招く捲れ・飛散 

 

棟板金とは?

棟板金

 棟板金屋根材同士の合わさり部に生じる隙間の保護屋根材同士を固定する重要な役割を担っています!

 しかし、頂上部など屋根の中でも高い位置に設置されることから風の影響を強く受ける特徴を持っておりますので、異常が生じやすい場所といえます。

 また、それにより飛び込み業者のターゲットにされやすい一面もあり、「お宅の屋根の板金に異常が発生していますので…」と言う言葉ととともに工事契約を迫るといったケースが多い為、注意しましょう(>_<)

 訪問業者が来ても屋根には絶対に上げず、心配があれば信頼できる工事業者へ点検を依頼されることがおすすめです!

貫板の劣化が捲れ・飛散被害

棟板金の飛散

 写真は、相模原市南区で現地調査をさせて頂きました棟板金が飛散してしまったお住まいです!

 こうした飛散被害はお住まいへの被害も心配ですが、落下した際に通行人の方やご近所様の所有物などにケガ・損害を生じさせてしまう危険性がある為、大変危険です!

 棟板金は内部の貫板に固定釘を使用して設置されますが、経年により劣化が進行してしまいますので、注意が必要です。

 まず、経年劣化が進行した貫板は固定力が失われますので、固定釘の浮き・抜けを生じさせてしまいます!

 それによって棟板金と屋根材に隙間が出来てしまう為、そこに台風などで発生した強風が吹きこむ事で棟板金の捲れ・飛散被害に繋がってしまうのです(>_<)

樹脂製の貫板がおすすめです!

 従来、貫板の材質は木製が主流でした。

 しかし、木製の貫板は空気中の水分や雨水を吸水しやすい特徴を持っている為、それによって劣化が促進されやすい問題を抱えています。

 そこで、現在では水分をほぼ吸水しない樹脂製の貫板が登場しています(#^^#)

 貫板を交換される際は、木製の貫板のデメリットを克服した樹脂製の貫板がおすすめです!

棟板金内部の貫板の劣化進行が招く捲れ・飛散被害まとめ

 ご紹介させて頂きました通り、棟板金は屋根材同士の隙間の保護・固定を担う一方で、風の影響を強く受けてしまう特徴から異常が生じやすい部材です!

 また、内部の貫板の劣化は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!
 木製の貫板は水分に弱く劣化が進行しやすい特徴を持っている為、樹脂製の貫板への交換がおすすめです(#^^#)

 棟板金の飛散は、通行人の方やご近所様へケガ・損害を生じさせてしまう原因となります。
 定期的な点検の他、大型の台風などが通過した後にも点検をして、適切なメンテナンスを行う事で被害を未然に防ぎましょう!

 私達、街の屋根やさんは棟板金の交換工事など棟板金を取り扱った施工実績・経験を豊富に持っております!
 お住まいの棟板金に異常を感じている方や、棟板金の点検・メンテナンスをご検討されている方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい。

 点検~お見積りの作成まで無料にて実施させて頂きますので、ご安心ください(^O^)/

 記事内に記載されている金額は2023年11月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/06/3 棟板金のDIYはおすすめ出来ません!棟板金の特徴・劣化症状と併せてDIYの危険性を詳しくご紹介!

       棟板金は強風の影響を受けやすい事から、捲れ・飛散被害を招いてしまう可能性が大きい場所です。 被害の拡大を防止する為にも棟板金の早期修繕は非常に大切であり、そうした被害を防止する定期的な点検・メンテナンスも重要です。 ですが、当然ですが屋根の修繕には「費用」が発生してしまいますよね(>_<...続きを読む

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。 ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<) 「貫板」もそうした部材の一つと言えます! 今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫板の劣化進行が棟...続きを読む

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています! しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥 今回は、棟板金の役割...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!