屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市港北区篠原東にて令和元年房総半島台風により屋根瓦が被災.....

横浜市港北区篠原東にて令和元年房総半島台風により屋根瓦が被災、火災保険で屋根葺き替え工事

更新日:2020年8月27日

【施工前】
令和元年房総半島台風によって被災してしまったセメント瓦

【施工後】
火災保険を適用した屋根葺き替え工事でスーパーガルテクトの屋根になりました

施工内容屋根葺き替え

平米数85.5㎡(屋根の面積)

使用材料スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

費用詳しくはお尋ねください

保証10年

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:神子


 昨年の令和元年房総半島台風は凄まじく、各地に被害をもたらしました。通常の台風では、屋根の板金が飛散してしまったというお問合せを頂くことが多いのですが、今回は瓦に関するお問合せも多くありました。
 横浜市港北区篠原東にお住まいのT様もその一人です。令和元年房総半島台風によって、瓦屋根が被災してしまいました。加入している火災保険での屋根復旧工事をご希望されていました。
 点検へお伺いしますと、屋根に使用されているのはセメント瓦だという事が分かりました。セメント瓦は現在、生産終了していますので、入手困難となります。被害も広範囲に見られましたので、屋根葺き替え工事をご提案致しました。
 昨年の令和元年房総半島台風は凄まじく、各地に被害をもたらしました。通常の台風では、屋根の板金が飛散してしまったというお問合せを頂くことが多いのですが、今回は瓦に関するお問合せも多くありました。
 横浜市港北区篠原東にお住まいのT様もその一人です。令和元年房総半島台風によって、瓦屋根が被災してしまいました。加入している火災保険での屋根復旧工事をご希望されていました。
 点検へお伺いしますと、屋根に使用されているのはセメント瓦だという事が分かりました。セメント瓦は現在、生産終了していますので、入手困難となります。被害も広範囲に見られましたので、屋根葺き替え工事をご提案致しました。


担当:神子


令和元年房総半島台風による屋根の被害

台風15号で落下し破損したセメント瓦の破片 台風15号の被害を受けたセメント瓦

 庭先には、台風によって破損してしまった瓦の破片が集められていました。破片の中には棟瓦もありましたので、平部だけではなく、棟も被害を受けてしまった様子です。早速屋根にのぼり調査を行っていきます。
 屋根には、波打った形が特徴的なセメント瓦が使用されていました。見た目はモニエル瓦と似ている為、見分けにくいのですが、小口(瓦の切り口)で判断することができます。切り口がツルツルしていればセメント瓦、凸凹していればモニエル瓦です。どちらも生産が終了していますので、補修やメンテナンス方法にお困りの方はご相談ください。

セメント瓦の棟が台風15号により飛散 セメント瓦 ひび割れ

 棟瓦が一部飛散し、貫板が丸見えの状態です。棟は雨漏りしやすい箇所なので、被害を受けてしまった場合、まずは素早く応急処置を行いましょう。ご自分で行うのではなく、信頼できる業者に依頼することが大切です。私たち街の屋根やさんでは、屋根修理だけではなく養生も行っておりますので、破損してしまった際には、お気軽にご相談ください。
 平部に葺かれている瓦にもひび割れている様子が見られました。瓦の下にはルーフィングが敷かれていますので、すぐに雨漏りが発生する訳ではありません。しかし、雨水が浸入しないように、こちらも素早く応急処置を行うことが大切です。

屋根葺き替え工事

ルーフィング敷設 防水紙

 セメント瓦から金属屋根へ葺き替え工事を行っていきます。セメント瓦を全て撤去し、野地板を固定します。屋根葺き替え工事は、野地板を増し張りしますので、屋根の強度を高めることができます。
 続いてルーフィング(防水紙)を転がすようにして敷いていきます。お住まいによって屋根の形状は様々ですので、形に合わせてカットしながら貼っていきます。防水紙は二次防水の役割を果たしますので、機能性で選ぶことをお薦めします。

スーパーガルテクト設置 スーパーガルテクトで葺いていきます

 ルーフィングが敷き終えましたら、新規屋根材で葺いていきます。今回は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。スーパーガルテクトは超耐久ガルバリウム鋼板の屋根材です。通常のガルバリウム鋼板(55%アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板)にマグネシウムを2%配合し、めっき層を強化することで、今までにない耐久性を発揮します。

棟板金設置 SUSビスで固定

 棟まで葺きましたら、仕上げに棟板金を設置します。私たち街の屋根やさんでは、板金の固定にSUSビスを使用しています。ステンレス製なので錆びにくいのが特徴です。また、ねじ込み式ですので、釘よりも抜けにくくなります。棟板金の釘は経年とともに浮いてきますので、台風が来る前に一度、棟板金の点検を行っておきましょう。

葺き替え後の屋根

 屋根葺き替え工事が竣工しました。瓦から金属屋根になりましたので、お住まいの印象も大きく変わりました。見た目だけではなく、屋根の軽量化を図ることができました。スーパーガルテクトには、長期メーカー保証がお付きしていますので、工事後も安心です。
 現在、新型コロナウィルスが流行しており、点検や工事にご不安を抱いている方も多数いらっしゃると思います。私たち街の屋根やさんでは、オンライン等を取り入れた新型コロナウィルスを実施しております。詳しくは、新型コロナウィルス対策をご覧ください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
 「火災保険にご加入されていますか?実は火災保険は火災による被害だけでなく、台風や雹などの自然災害で破損してしまった場合の補修も申請できるんですよ。」とご説明させていただいていた頃もありましたが、現在はお客様の方から「火災保険で修理したい」とご相談をいただくようになりました。 &…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?    特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
雹災害、火災保険で修理します
雹災害、火災保険で修理します
雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があります。特に屋根などの見…続きを読む
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え,雪止め設置
      築年数
      約20年
      使用材料
      スーパーガルテクト Sシェイドチャコール

      施工内容
      屋根補修工事,屋根葺き替え,雨樋工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ケイミューコロニアル遮熱グラッサ 色:クールブラウン 
      軒樋:積水化学工業 ∑90

      横浜市港北区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え,雪止め設置
      築年数
      約20年
      使用材料
      スーパーガルテクト Sシェイドチャコール


      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製 棟板金


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区本宿町にて離れの屋根調査、経年劣化による下地の劣化により棟板金が飛散してしまいました

      2021/09/25 横浜市旭区本宿町にて離れの屋根調査、経年劣化による下地の劣化により棟板金が飛散してしまいました

       横浜市旭区本宿町にお住まいのK様より、ガレージ兼物置として使っている離れの小屋の屋根の板金が飛んでしまって応急処置だけしている。この機会に全体も見て提案が欲しいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。普段はガレージとして日々役立っているという離れ小屋。板金が飛散した箇所がどこかもお電話ではわかりませ...続きを読む

      相模原市南区でフルベスト20の屋根が強風で割れてしまいました

      2021/09/24 相模原市南区でフルベスト20の屋根が強風で割れてしまいました

      アスベスト含有のフルベスト20という屋根  相模原市南区にお住まいのお客様より強風で屋根材が割れて落ちてきたので状態を確認してほしいとご相談をいただき、現地調査に伺ってきました。使われていた屋根材は松下電工(現:パナソニック)のフルベスト20という屋根材でした。フルベスト20はアスベスト含有の...続きを読む

      横浜市南区平楽で塗装ご希望の屋根を調査したところ、塗装できないパミールという屋根が使われていました

      2021/09/14 横浜市南区平楽で塗装ご希望の屋根を調査したところ、塗装できないパミールという屋根が使われていました

      パミールという塗装できない屋根があります  横浜市南区平楽で塗装ご希望の屋根を調査したところ、塗装できないパミールという屋根が使われていました。パミールは1996年から2008年までの間にニチハという会社で製造されていたスレート屋根の一種です。当時のスレート屋根はアスベストが使用されており、健...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる