横浜市南区大岡で長年使用し続けた棟板金に不具合、棟板金交換工事でスレート屋根のメンテナンスを行いました

HOME > 施工事例 > 横浜市南区大岡で長年使用し続けた棟板金に不具合、棟板金交換工.....

横浜市南区大岡で長年使用し続けた棟板金に不具合、棟板金交換工事でスレート屋根のメンテナンスを行いました

更新日:2021年01月15日

【施工前】

【施工後】

施工内容棟板金交換

築年数19年

平米数14.8m

施工期間3日間

使用材料ニスクカラーつや消し Sブラック

費用28.6万円

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン棟板金交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 横浜市南区大岡で棟板金交換工事を行いました。スレート屋根にはスレート以外にも、板金を使用した箇所が存在します。ケラバや外壁と屋根の取合い、谷などに使用される板金は、スレートに差し込んだり外壁の内部に埋め込まれていたりして固定されておりますが、スレート屋根に使用さえれている棟板金は、スレート自体に差し込まれたかたちで固定されておりません。
 棟に使用されている棟板金は、スレートに貫板と呼ばれる板を取り付けてその上に被せるように固定されております。棟という箇所は屋根の一番高い位置にあるため常に雨や風の影響に晒されており、雨風による被害が起こりやすい傾向があります。令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風の発生時には雨樋と並んで被害件数が非常に多くありました。
 横浜市南区大岡にお住いになられているW様のお宅では、棟板金がスレートから離れてしまい、スレートとの間に大きな隙間が出来てしまっておりました。屋根のメンテナンスといえば、屋根材に対して行うことは認知され始めているように思えますが、実は棟のメンテナンスも必要になってきます。
 横浜市南区大岡にお住いになられているW様のお宅では、貫板の交換を含めた棟板金交換工事を行って、スレート屋根の棟のメンテナンスを行いました。板金には日鉄鋼板さんのガルバリウム鋼板ニスクカラーつや消しのSブラックを使用。既存のスレートの色に合わせえた色選びを行いました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が非常に増えて参りました。街の屋根やさんでは、マスク着用やソーシャルディスタンス、こまめな消毒やうがいなどの対策を引き続き行って参ります。
 横浜市南区大岡で棟板金交換工事を行いました。スレート屋根にはスレート以外にも、板金を使用した箇所が存在します。ケラバや外壁と屋根の取合い、谷などに使用される板金は、スレートに差し込んだり外壁の内部に埋め込まれていたりして固定されておりますが、スレート屋根に使用さえれている棟板金は、スレート自体に差し込まれたかたちで固定されておりません。
 棟に使用されている棟板金は、スレートに貫板と呼ばれる板を取り付けてその上に被せるように固定されております。棟という箇所は屋根の一番高い位置にあるため常に雨や風の影響に晒されており、雨風による被害が起こりやすい傾向があります。令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風の発生時には雨樋と並んで被害件数が非常に多くありました。
 横浜市南区大岡にお住いになられているW様のお宅では、棟板金がスレートから離れてしまい、スレートとの間に大きな隙間が出来てしまっておりました。屋根のメンテナンスといえば、屋根材に対して行うことは認知され始めているように思えますが、実は棟のメンテナンスも必要になってきます。
 横浜市南区大岡にお住いになられているW様のお宅では、貫板の交換を含めた棟板金交換工事を行って、スレート屋根の棟のメンテナンスを行いました。板金には日鉄鋼板さんのガルバリウム鋼板ニスクカラーつや消しのSブラックを使用。既存のスレートの色に合わせえた色選びを行いました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が非常に増えて参りました。街の屋根やさんでは、マスク着用やソーシャルディスタンス、こまめな消毒やうがいなどの対策を引き続き行って参ります。


担当:佐々木


【調査の様子】

スレート屋根の棟板金を調査

 スレート屋根の勾配が急で敷地内から梯子が架けられないような環境の建物に対しての調査では、ドローンを飛行させた調査を実施しております。使用年数の経過したスレートの表面は、表面が砂状にザラザラしておりと非常に滑りやすくなっていることがあります。

 ドローンは接近しての撮影が可能ですので、使用することで棟板金の不具合を確認することに役立ちます。ドローンを接近させて棟板金を近くで見ていきます。

 

棟板金が錆び出している スレートと棟板金の間に大きな隙間

 ドローンを接近させて棟板金を見ていくと、一番端にあたる部分で不具合が見つかりました。棟板金が浮き上がっているように見えます。スレートと棟板金の間には元々隙間がありますが、それは人間の指が入らないくらいの小さな隙間です。

 しかし、浮き上がっている部分の隙間は指だけではなく、手までが入り込んでしまうほど大きく開いております。棟板金は内部の貫板に釘を使用して固定されておりますが、風の影響で抜けてしまったようです。

 

 

【施工の様子】

錆びた棟板金 棟板金内部にある貫板が傷んでいました

 錆びは板金が傷んでいる証拠です。錆び進むと穴が開いてしまいますので、破損や不具合に関わらず錆び過ぎていた場合もメンテナンスをおすすめいたします。棟板金交換工事を行う際は、まず既存の板金を取り外します。

 側面に打たれている釘を抜いていくと棟板金は簡単に外れます。棟板金を取り外すと、棟板金を固定するためにある貫板が露出します。貫板を見てみると色が変色しているところがあり、雨水によって傷んでいるのが分かります。

 

貫板を取り外します 外した貫板の下を清掃

 既存の棟板金を全て取り外してから、既存の貫板も全て取り外します。貫板は屋根の内部にある棟木や隅木に固定されておりますので、固定に使用している釘やビスを抜いて取り外します。貫板とスレートが合わさった部分にはホコリや土が詰まっていることがります。

 周囲に畑がある場合は特に詰まっております。横浜市南区大岡W様のお宅の周辺には畑がたくさんありましたので土が詰まっておりました。次の工程に進む前に一度清掃をいたします。

 

新しい貫板を取り付け中 新しい貫板を固定しました

 既存の貫板を撤去したら清掃を行って、新しい貫板を取り付けていきます。棟に対して左右に平行に貫板を取り付けていきます。この後に棟板金を被せますので、左右の幅が棟板金を被せたときに納まるように取り付けていきます。

 貫板の取付けが終わり、新しい棟板金を貫板に被せて固定していきます。既存の棟板金は釘で固定されておりましたが、街の屋根やさんでは棟板金を固定する際はビスを使用して固定するようにしております。ビスで固定した方が固定力が向上します。

 

 

【完成】

新しい棟板金を固定します

 横浜市南区大岡W様のお宅の棟板金交換工事が完成いたしました。棟板金だけを交換するときは、極力既存の屋根の色と合う色を使用して工事を行うようにしております。横浜市南樹大岡W様お宅ではお話に合った通り、この後にスレート屋根塗装工事を行います。塗料を黒系の色を使用ますので、新しい棟板金に目立ちづらい黒色を選びました。日鉄鋼板さんのニスクカラーつやけしの中にあるSブラックという色を使用して仕上げております。板金の色は工事を行う前に、お客様に選んでいただくことも可能です。

 

 

【ドローン撮影】

棟板金交換工事の完成をドローンで撮影

 屋根の上に立って撮影すると部分的にしか捉えることができません。納まりを撮影するには至近距離で撮影する必要がありますので屋根の上から撮影する必要がありますが、屋根全体を捉えた撮影には適しておりません。

 お客様に中には「屋根全体の写真が見たい」とご要望される方もいらっしゃいますので、ドローンを飛行させての撮影の承っております。棟の端から端までが交換出来ていることが一目で分かります。横浜市南区大岡W様も不具合部分のご不安が解消されてご安心のご様子でした。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 記事内に記載されている金額は2021年01月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市南区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    棟板金交換

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。 屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか? 台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で棟板金が被害を受けるこ…続きを読む
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。 これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メンテ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      横浜市南区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根新設,その他の工事
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト


      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      18年
      使用材料
      ファインパーフェクトベスト(ディープグレー)


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市青葉区柿の木台にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました

      2024/02/28 横浜市青葉区柿の木台にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりましたNEW

       横浜市青葉区柿の木台にお住まいのN様よりとある最近続いた強風で夜中屋根から大きな音がしたので、一度屋根に異常がないか確認と同時に点検もしてほしいとご相談を頂きました。    N様邸は築20年以上経過し、今まで屋根は塗装のメンテナンスを一度されていたそうです。ただ、塗装のメンテナンスは...続きを読む

      横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いました

      2024/02/27 横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いましたNEW

      スレート屋根の点検  横浜市青葉区寺谷町にお住まいのお客様より、築30年で屋根は一度塗っているがそろそろ塗装の時期かと思ったので状態を見て欲しいと思い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。      屋根はニューコロニアルというアスベスト含有スレートで葺かれ...続きを読む

      横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      2024/02/24 横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      棟板金と谷が錆びているのが確認できました      横浜市神奈川区西神奈川にて屋根の点検、調査をしてほしいとお問い合わせをいただき現地調査に伺わせていただきました。    早速屋根に上ってみると屋根材の交わる頂点に設置してある棟板金と屋根材の交わる谷にな...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!