屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市港北区師岡町の竜巻で被災したスレート屋根をコロニアルグ.....

横浜市港北区師岡町の竜巻で被災したスレート屋根をコロニアルグラッサで葺き替えました

更新日:2022年10月6日

【施工前】
葺き替え前の屋根

【施工後】
葺き替え後の屋根

施工内容屋根葺き替え

築年数約30年

平米数54.5㎡

施工期間10日程

使用材料ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ブラック

費用詳しくはお問合せください

保証10年

ハウスメーカー地元工務店

足場アイコン火災保険アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 以前屋根塗装工事を担当させていただいたお客様より、強風の被害でご近所さんの屋根が飛んでしまったから状態を見てあげて欲しいとご連絡をいただき、横浜市港北区師岡町にお住まいのO様の屋根の確認にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。

 屋根に登ってみると屋根の一部がバラバラと捲れてしまっており、防水紙も剥がれて内部の野地板が見えてしまっている状態でした。飛散したスレートもいくつか屋根の上に残っている状態で、まずは残っているスレートの回収を行い、屋根もこのままでは100%雨漏りを起こす状態だったので、応急処置として強力な防水テープとブルーシートで養生対応をさせていただきました。

 お住まいは築約30年とのことで、そろそろ屋根工事をした方がいいかなと考えていた矢先の出来事だったそうで、O様も大変驚かれていました。後のニュース発表では竜巻による被害だったことが判明し、火災保険の申請も併せて対応させていただきました。

 最新のスレート屋根を使って被災した2階の屋根全体をコロニアルグラッサ葺き替え工事して、費用もほとんど保険で賄うことができ、これで安心してまた生活できるとO様にとても喜んでいただくことができました。
 以前屋根塗装工事を担当させていただいたお客様より、強風の被害でご近所さんの屋根が飛んでしまったから状態を見てあげて欲しいとご連絡をいただき、横浜市港北区師岡町にお住まいのO様の屋根の確認にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。

 屋根に登ってみると屋根の一部がバラバラと捲れてしまっており、防水紙も剥がれて内部の野地板が見えてしまっている状態でした。飛散したスレートもいくつか屋根の上に残っている状態で、まずは残っているスレートの回収を行い、屋根もこのままでは100%雨漏りを起こす状態だったので、応急処置として強力な防水テープとブルーシートで養生対応をさせていただきました。

 お住まいは築約30年とのことで、そろそろ屋根工事をした方がいいかなと考えていた矢先の出来事だったそうで、O様も大変驚かれていました。後のニュース発表では竜巻による被害だったことが判明し、火災保険の申請も併せて対応させていただきました。

 最新のスレート屋根を使って被災した2階の屋根全体をコロニアルグラッサ葺き替え工事して、費用もほとんど保険で賄うことができ、これで安心してまた生活できるとO様にとても喜んでいただくことができました。


担当:高田


ご近所さんの屋根が強風で被害を受けたので見てあげて欲しい

竜巻被害の屋根

 以前屋根塗装工事を担当させていただいたお客様より、強風の被害でご近所さんの屋根が飛んでしまったから状態を見てあげて欲しいとご連絡をいただき、横浜市港北区師岡町にお住まいのO様の屋根の確認にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。屋根が欠けたようなお話だったので、簡易補修でなんとかなるだろうかと思いつつ現場に向かい、お伺いして目に飛び込んできたのは想像以上の光景でした。

 

スレートが捲れて野地まで剥がれていました

剥がれたスレート 野地が完全に見えている

屋根に登ってみると屋根の一部がバラバラと捲れてしまっており、防水紙も剥がれて内部の野地板が見えてしまっている状態でした。飛散したスレートもいくつか屋根の上に残っている状態で、いつ落ちてきてもおかしくない状態だったので、まずは残っているスレートの回収を行いました。スレート屋根は薄くて軽いように見えますが、セメントを固めて作った板なので案外重く、1枚約3.5kgほどの重さがあります。これが二階の屋根から落ちてきて人に当たれば大けがをしてしまいます。今回飛散したタイミングで人に当たらなかったことは不幸中の幸いでした。

 

工事着工までの応急処置としてブルーシート養生

養生 強力な養生

 野地板も見えてしまっている状態だったので、このままでは100%雨漏りを起こす状態でした。何もしないよりはということで、あり合わせの材料を使った応急処置として強力な防水テープとブルーシートで養生対応をさせていただきました。ブルーシートでも雨を防ぐことは出来ていましたが、材料の到着や工事の段取りでどうしても時間がかかってしまうため、後日再度訪問させていただき、屋根カバー工事などで使用する粘着タイプの防水紙を使ってより頑丈で防水性能の高い養生へグレードアップさせていただきました。ブルーシートと違ってシートの裏前面がシールのように粘着質になっているので、ここまですれば雨が降っても安心して工事を待つことができます。

 

 後日ニュースの発表で、今回の強風は局所的な竜巻による被害であることが判明しました。竜巻と聞くと外国の話のように感じますが、こんなにも身近で発生するものなのかと驚かされました。自然災害による被害ということで保険会社にも申請を出して回答を待っていましたが、回答が来るまで屋根を放置するわけにもいかないので工事は先行して進めることになりました。結果的に工事が終わったころのタイミングで無事に保険金が下りることととなり、O様もほっと一安心していらっしゃいました。

 

材料も確保できて、いざ屋根工事

屋根を剥がした 野地が傷んだ屋根

 材料が確保できたので、いざ屋根工事へと進んでいきます。既存のスレート屋根を剥がしていくとまたしても驚きの光景が広がりました。築30年ともなると野地板などの傷みもそれなりに見受けられますが、今回のO様邸の野地板は非常に傷んでいる状態でした。換気棟と呼ばれる屋根裏の換気口がこの屋根の規模にしては珍しく三カ所も設けられていましたが、効果もむなしく野地板が湿気に負けて傷み続けてしまっていたようです。幸い垂木という野地板を固定する木材はシッカリとしていたので傷みは野地板のみで留まっていましたが、今回の強風被害で屋根材が飛んでしまったことも納得できる傷み具合でした。この症状の原因としては次のことが考えられます。

 

屋根塗装の際の縁切りがされていませんでした

縁切りしていない 縁切り不足の屋根塗装

 以前屋根塗装工事でメンテナンスをされたとのことでしたが、その際にスレート屋根の重なり部分に隙間を設ける縁切りという作業が全くされていませんでした。雨漏りを防ぐためにスレート屋根の重なり部分を埋めているという話も聞いたことがありますが、もってのほかです。この重なり部分は屋根材の内部で発生した結露の水を逃がしたり、侵入した雨水を逃がしたり、湿気を逃がしたりととても重要な役割を果たしています。塗装工事でこの隙間を埋めてしまうと、それらの逃げ道を塞ぐことになり、内部が湿気であふれてしまいます。屋根を長持ちさせるためにした塗装工事がきっかけで屋根の寿命を縮めてしまうのですから本末転倒です。今回の野地板の傷みもこの縁切り不足が原因だったと考えられます。

 

野地板を貼って屋根の下地を整えます

野地板 野地板増し貼り

 新しい野地板を貼り合わせて、屋根材を固定するための下地を整えました。野地板が綺麗になるだけでも屋根が生き生きとしてきたように感じます。屋根のてっぺん部分に三カ所の凹みが見えますが、ここは換気棟を設置する場所です。既存の屋根にも三カ所の換気棟が取り付けられていたので、今回新しく工事する際にも同様に三カ所の換気棟を設置します。

 

新しい防水紙を施工していきます

防水紙設置 防水紙施工

 野地板の施工が終わったら次は防水紙を施工していきます。先ほどの屋根養生で使った防水紙は粘着タイプのものでしたが、あちらは基本的に屋根カバー工事の際に既存の屋根に貼り付けて使う製品なので、今回のような葺き替え工事ではあまり使いません。写真で使用しているPカラーEX+は田島ルーフィングという企業から出ている防水紙で、松竹梅のグレードで言えば竹の位置にある防水紙です。屋根の寿命は防水紙の寿命と言っても過言ではないため、防水紙に良いものを使うに越したことはありません。私たちは標準品としてこちらのPカラーEX+を使わせていただいております。

 

コロニアルグラッサを葺いていきます

屋根葺き作業 屋根施工

 防水紙の施工が終われば先付役物と言われる唐草やケラバ板金を取付て、いよいよ屋根を葺いていきます。今回は今までの屋根と同じくスレート屋根を使った工事でお願いしたいというご要望だったので、「コロニアルグラッサ」というスレート屋根を使って屋根葺き作業をさせていただきました。コロニアルグラッサは一般グレードのコロニアルクアッドの上位品で表面に無機加工が施されていることが特徴の製品です。スレート屋根は一般的に10年ごとの塗装メンテナンスが推奨されていますが、コロニアルグラッサは表面に瓦などと同じような無機加工が施されており、30年塗装しなくてもよいスレート屋根として販売されています。スレート屋根は価格が安い一方でメンテナンスにお金がかかってしまうことが弱点ですが、無機加工が施されたコロニアルグラッサならばその弱点を補うことができます。

 

棟を仕上げていきます

樹脂製貫板 換気棟

 屋根材が全て葺き終わったら、棟板金を仕上げていきます。屋根材を屋根のてっぺんまで葺いていくと必ずてっぺんに隙間ができるので、その隙間を覆い隠すことが棟板金の役割です。棟板金を板金だけ屋根に打ち付けてしまうと、屋根に雨漏りの原因になる穴を空けてしまうことになるため、先に貫板(ぬきいた)という下地材を取付て、その貫板ごと覆い被せて側面から板金を貫板に固定することで雨漏りを防ぐように造ります。貫板は新築の際には木製のもので造られていますが、今回は樹脂製のものを使わせていただきました。木製の貫板は当然木なので腐ったりしてしまいますが、樹脂製であれば腐ることがありません。なるべく長持ちするように施工させていただきました。

 

屋根葺き替え工事完成

屋根工事完成

 全ての工程が終了して、屋根葺き替え工事が完了しました。もともとの屋根も黒のスレート屋根だったのでそこまで印象が変わる工事ではありませんが、新しくなった屋根の安心感は別格です。これからまだまだ長く住んでいただくにあたって、無機コーティングしたスレート屋根なので塗装メンテナンスの心配もなくお過ごしいただけます。屋根が新しくなって、O様にもとても喜んでいただくことができました。屋根の形状や大きさによって金額も変わりますが、屋根葺き替え工事の価格は¥987,800(税込)~承っております。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して実施しております。お問合せの際にはご安心いただけますと幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年10月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったO様のご感想をご紹介いたします

O様のアンケート

【工事前】

工事前お客様の顔写真

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
竜巻きで瓦が飛んでしまいました!
Q3.弊社をどのように探しましたか?
近所の方に教えていただきました
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに電話いたしました
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
翌日に来て、対応してくれました
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
親切、丁寧に調べていただきました
工事前アンケート

【工事後】

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
しっかり修理してほしい!
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
わかりやすく説明していただきました
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
屋根全体の葺き替えがきれいに出来上った 保険を使用して修理が出来ました
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
親切、丁寧に修理していただきました
工事後アンケート

O様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサシリーズ」とは?
30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサシリーズ」とは?
 スレート屋根は、全国的にも普及率の高い屋根材です。しかし、経年劣化で色褪せや苔が目立つことに不満をお持ちの方も多いです。ほかの屋根材と比べるとメンテナンス回数も多く、約10年に1回は塗装をしなければなりません。そんなスレート屋根の問題点を一挙解決できるのが30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え,雨漏り修理
      築年数
      約30年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ボルドーレッド

      施工内容
      屋根補修工事,屋根葺き替え,雨樋工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ケイミューコロニアル遮熱グラッサ 色:クールブラウン 
      軒樋:積水化学工業 ∑90

      横浜市港北区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オークリッジスーパー オキニスブラック


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区万騎が原にて漆喰が剥がれ棟が崩壊した瓦屋根調査、雨漏りが酷く瓦桟も腐食しており瓦が飛散しそうな状態でした

      2023/02/2 横浜市旭区万騎が原にて漆喰が剥がれ棟が崩壊した瓦屋根調査、雨漏りが酷く瓦桟も腐食しており瓦が飛散しそうな状態でしたNEW

       横浜市旭区万騎が原にお住まいのI様より、屋根から瓦が落ちてきたので点検調査をしてほしい。雨漏りもしているとの事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。築40年ちかくになるというお住まいの瓦でしたが、今まで特にメンテナンスをしたことがなかったそうです。さっそく現地に伺い状況を確認させて頂きました。 ...続きを読む

      横浜市神奈川区羽沢町にて、屋根に生える黄色い苔やクラックを調査!化粧スレート屋根に塗装メンテナンスをする意味がなくなってしまうコロニアルネオが使用されていました。

      2023/02/2 横浜市神奈川区羽沢町にて、屋根に生える黄色い苔やクラックを調査!化粧スレート屋根に塗装メンテナンスをする意味がなくなってしまうコロニアルネオが使用されていました。

       横浜市神奈川区羽沢町にお住いのA様より、「遠目から自宅の屋根を見ると黄色く見えて気になっているので、屋根全体の調査をして欲しい」とご依頼をいただきました。  築年数は15年程とお電話でお伺いした上、屋根が黄色くなってしまう原因を直接現地にて調査させていただきました。 黄色く見える屋根の原因...続きを読む

      横浜市青葉区みたけ台にてセキスイかわらUで葺かれていた屋根は傷みすぎており雨漏りしておりました

      2023/01/21 横浜市青葉区みたけ台にてセキスイかわらUで葺かれていた屋根は傷みすぎており雨漏りしておりました

       朱色だった屋根が白くなってしまっていると、横浜市青葉区みたけ台にお住まいのO様より屋根点検調査のご依頼がございました。  築40年程経過しているお住まいで、20年以上前にかわらUにて葺き替え工事を行っていたとの事でした。セキスイルーフテックが販売していた当時、ちょうどアスベスト入りのかわらUから...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる