屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 川崎市高津区子母口でセキスイかわらUをスーパーガルテクトに葺.....

川崎市高津区子母口でセキスイかわらUをスーパーガルテクトに葺き替え工事しました

更新日:2022年11月11日

【施工前】
施工前の屋根

【施工後】
施工後の屋根

施工内容屋根葺き替え

築年数30年以上

平米数32.7㎡

施工期間実働4日間

使用材料スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)

費用詳しくはお問合せください

保証5年

ハウスメーカー地元工務店

足場アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 川崎市高津区子母口にお住まいのW様より屋根からと思われる雨漏りが起きているので修理をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけです。お住まいは長屋の住宅で、1区画の1〜2階がW様のお住まいとなっている家でした。雨漏り箇所を確認するためにまずは屋根裏に入って点検したところ、今回の雨漏り箇所とは別の部分でも雨漏りがあった痕跡がありました。お伺いしたところによると以前屋根工事をしてからは止まっているとのことでしたが、いつ工事したのかもわからないほど前だったとのことでした。

 雨漏り箇所の見立てが立ったので、次は屋根を見てみます。今回の屋根はセキスイの「かわらU」という屋根材が使われていました。かわらUは屋根工事といえば葺き替え工事が主流だった当時では珍しく、時代に先駆けて屋根カバー工事という既存の屋根の上に新しい屋根を葺くという工事を確立した屋根材です。

 かわらUの上から屋根を葺くことはできないため、かわらUを撤去して新しい屋根を葺く葺き替え工事をご提案いたしました。新しい屋根材には軽くて丈夫なIG工業のスーパーガルテクトを使用しました。

 雨漏りにお困りのW様でしたが、今回の工事で無事に雨漏りが止まって安心して暮らすことが出来るとお喜びのお言葉をいただくことができました。
 川崎市高津区子母口にお住まいのW様より屋根からと思われる雨漏りが起きているので修理をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけです。お住まいは長屋の住宅で、1区画の1〜2階がW様のお住まいとなっている家でした。雨漏り箇所を確認するためにまずは屋根裏に入って点検したところ、今回の雨漏り箇所とは別の部分でも雨漏りがあった痕跡がありました。お伺いしたところによると以前屋根工事をしてからは止まっているとのことでしたが、いつ工事したのかもわからないほど前だったとのことでした。

 雨漏り箇所の見立てが立ったので、次は屋根を見てみます。今回の屋根はセキスイの「かわらU」という屋根材が使われていました。かわらUは屋根工事といえば葺き替え工事が主流だった当時では珍しく、時代に先駆けて屋根カバー工事という既存の屋根の上に新しい屋根を葺くという工事を確立した屋根材です。

 かわらUの上から屋根を葺くことはできないため、かわらUを撤去して新しい屋根を葺く葺き替え工事をご提案いたしました。新しい屋根材には軽くて丈夫なIG工業のスーパーガルテクトを使用しました。

 雨漏りにお困りのW様でしたが、今回の工事で無事に雨漏りが止まって安心して暮らすことが出来るとお喜びのお言葉をいただくことができました。


担当:高田


激しい雨の日に雨漏りが起きて困っている

屋根裏点検

 川崎市高津区子母口にお住まいのお客様より、屋根から雨漏りをしているようなので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。雨漏り箇所の天井の内側がどうなっているのか確認させていただくため、小屋裏を見たところ、ところどころに雨漏りの形跡がありました。どうやら昔雨漏りを起こしていて、15〜16年ほど前に屋根をカバー工事したとのことで、ほとんどの雨染みは以前の雨漏りのものとのことでした。

 

梯子を架けて屋根を上から見てみると

かわらUの屋根 かわらU

 梯子をかけて屋根を見てみると、セキスイのかわらUという屋根材が葺かれていました。スレート屋根の工事といえば葺き替え工事が当たり前だった時代に、屋根の上から新しい屋根を葺くカバー工事という工法を世に知らしめた屋根がかわらUです。当時は画期的な屋根材として人気がありましたが、アスベスト問題以降ノンアスベスト屋根となったことで、表面の剥離や割れの症状が相次いで厄介な屋根材として有名になってしまいました。かわらUが使われているということは元々の屋根の上にカバー工事で施工されていることが濃厚となります。W様はもともとの屋根に何が使われていたが記憶にないとのことでしたが、屋根裏を拝見した際の釘の打たれ方などから予想し、スレート屋根が葺かれていただろうと想定しました。当時のスレート屋根はアスベスト含有タイプとなるため、スレートまで撤去すると高額なアスベスト処分費がかかってしまいます。そのため、今回はかわらUのみを撤去して元々の屋根の上に再度カバー工事をする方向性でご提案いたしました。

 ちなみにお隣に違う色の屋根が見えますが、こちらのお住まいは長屋となっており、お隣と屋根がくっ付いています。屋根工事の際にはお隣の屋根との境目に加工した板金などを入れる必要もあったため、施工前にはお隣様にもご挨拶にお伺いし、許可を得てから工事へと進みました。

 

かわらUの撤去作業

解体 スレート

 かわらUの撤去作業を進めていきます。もともとの屋根に対して垂木というかわらUを固定するための木下地を打ち、かわらUが施工されていました。新しい屋根の施工にはこの垂木も邪魔になるので撤去していきます。垂木の下には防水紙が施工されていましたが、めくってみるとスレート屋根が隠れていました。あくまでも屋根裏から見ての判断だったので剥がしてみてスレートが出てきて見立てが正しかったことがわかりました。スレート以外の屋根材が使われていた場合は少し工事の方法を変える必要があったので、ほっと一安心でした。

 

かわらUにはロット番号が刻まれています

かわらUの番号 ロット番号

 こちらは撤去したかわらUの屋根材です。よく見ると隅の方にローマ字と数字が刻まれています。これはかわらUのロット番号で、いつ製造されたかわらUなのかがわかるようになっています。造られた年代によってアスベスト含有のかわらUとノンアスベストのかわらUが存在するので、このロット番号は判別のために非常に重要な情報です。わかる人は表面の劣化具合や質感などでもノンアスベストの判別がつきますが、メーカーさんから正式なノンアスベスト証明書を発行してもらう場合にはこのロット番号が必須となります。

 

防水紙の施工

防水紙施工 釘止めの防水紙

 施工の内容としては葺き替え工事ですが、既存のスレート屋根を残して上から新しい屋根を被せていくので、厳密にはカバー工事の手順となります。カバー工事の際は本来粘着タイプの防水紙を既存の屋根に貼り付けていくのですが、今回はかわらUを剥がした後の屋根が長年の埃で覆われていることが予想できたため、通常の防水紙を釘で止めていく方針としました。ただ釘で止めるだけでは防水紙を押さえることが難しいので、2㎝角程の板金チップを間に挟み込み、釘を打っていきます。板金を挟んだ釘をそのままにすると隙間から雨水が浸入する恐れがあるため、釘を打った箇所はすべで機密防水テープという強力な防水テープで覆っていきました。現状を予想したうえで最適な施工方法を実施させていただきました。

 

スーパーガルテクトを葺いていきます

スーパーガルテクト施工

 防水紙の施工が終わればスーパーガルテクトを葺いていきます。今回はスーパーガルテクトのSシェイドブラックという黒色の屋根材をお選びいただきました。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板の中でもさらに耐久性の高いSGLというガルバリウム鋼板を使用した屋根材です。通常のガルバリウム鋼板よりもなんと3倍上の耐久性があると言われています。重量が軽いことも特徴となっており、1㎡あたり約5kgという軽さです。一般的によく使われているスレート屋根が1㎡で約20kgほどの重さですので、スーパーガルテクトは1/4の軽さです。今回の屋根は約30㎡と小さな屋根ですが、それでも600kgと150kgの差が生まれるので、スーパーガルテクトがいかに軽いかがお分かりいただけるかと思います。

 

屋根葺き替え工事完了

完成

 セキスイかわらUからスーパーガルテクトへの葺き替え工事が完了しました。表面がボロボロと剥がれて雨漏りまで起こしていたかわらUから最新の軽量で丈夫なスーパーガルテクトへ生まれ変わりました。仕上がりもかっこよくてスタイリッシュです。スーパーガルテクトは屋根材の裏に断熱材が貼り付けられているため、夏の暑さから室内を守ったり、冬に温めた暖房の空気を外に逃がさないようにするなど、機能面でも優秀です。雨漏りの心配もなくなったということで、W様にとても喜んでいただくことができました。屋根葺き替え工事の価格は¥987,800(税込)~承っております。形状や使われている屋根材によって価格も変動いたしますので、まずはお気軽にお問合せいただけますと幸いです。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナへの感染対策としてマスクの着用・手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際にはご安心していただけますと幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年11月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったW様のご感想をご紹介いたします

W様のアンケート

【工事前】

工事前お客様の顔写真

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨漏り
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネットで知りました
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
(ネット)他の業者さんと検討した結果よさそうと感じたため
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
トータルでよさそうと感じたため
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
・事前に近隣住宅への訪問挨拶(工事説明) ・雨樋の確認をお願いしたが小雨にも拘わらず嫌な顔もしないでやって頂いた。親切、丁寧に具体的に説明していただき安心出来ました。
工事前アンケート

W様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
屋根がセキスイかわらUで適切なリフォームが分からない方へ
屋根がセキスイかわらUで適切なリフォームが分からない方へ
 見た目が同じ、しかし非常に頑健な製品もあれば、とても脆いものがあるという屋根材「セキスイかわらU」です。頑健な製品と脆い製品ではメンテナンス方法も違い、それが消費者を悩ませる結果となっています。脆い製品はもちろんのこと、頑健な製品でも販売終了から30年近くが経過していますので、屋根カバー工法や屋根…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え,雨漏り修理
      築年数
      約30年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ボルドーレッド

      施工内容
      屋根補修工事,屋根葺き替え,雨樋工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ケイミューコロニアル遮熱グラッサ 色:クールブラウン 
      軒樋:積水化学工業 ∑90

      川崎市高津区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      築22年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区万騎が原にて漆喰が剥がれ棟が崩壊した瓦屋根調査、雨漏りが酷く瓦桟も腐食しており瓦が飛散しそうな状態でした

      2023/02/2 横浜市旭区万騎が原にて漆喰が剥がれ棟が崩壊した瓦屋根調査、雨漏りが酷く瓦桟も腐食しており瓦が飛散しそうな状態でしたNEW

       横浜市旭区万騎が原にお住まいのI様より、屋根から瓦が落ちてきたので点検調査をしてほしい。雨漏りもしているとの事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。築40年ちかくになるというお住まいの瓦でしたが、今まで特にメンテナンスをしたことがなかったそうです。さっそく現地に伺い状況を確認させて頂きました。 ...続きを読む

      横浜市神奈川区羽沢町にて、屋根に生える黄色い苔やクラックを調査!化粧スレート屋根に塗装メンテナンスをする意味がなくなってしまうコロニアルネオが使用されていました。

      2023/02/2 横浜市神奈川区羽沢町にて、屋根に生える黄色い苔やクラックを調査!化粧スレート屋根に塗装メンテナンスをする意味がなくなってしまうコロニアルネオが使用されていました。

       横浜市神奈川区羽沢町にお住いのA様より、「遠目から自宅の屋根を見ると黄色く見えて気になっているので、屋根全体の調査をして欲しい」とご依頼をいただきました。  築年数は15年程とお電話でお伺いした上、屋根が黄色くなってしまう原因を直接現地にて調査させていただきました。 黄色く見える屋根の原因...続きを読む

      横浜市青葉区みたけ台にてセキスイかわらUで葺かれていた屋根は傷みすぎており雨漏りしておりました

      2023/01/21 横浜市青葉区みたけ台にてセキスイかわらUで葺かれていた屋根は傷みすぎており雨漏りしておりました

       朱色だった屋根が白くなってしまっていると、横浜市青葉区みたけ台にお住まいのO様より屋根点検調査のご依頼がございました。  築40年程経過しているお住まいで、20年以上前にかわらUにて葺き替え工事を行っていたとの事でした。セキスイルーフテックが販売していた当時、ちょうどアスベスト入りのかわらUから...続きを読む

      お問い合わせバナー