屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市都筑区長年使用した瓦の劣化と瓦を降ろす時期

横浜市都筑区長年使用した瓦の劣化と瓦を降ろす時期

更新日:2017年2月24日

横浜市都築区で屋根に瓦を使用しているお宅では、瓦の劣化に伴い瓦を降ろす時期がやってきます。

みねお

そのほとんどは新築時から屋根に瓦を使用しており、建物と同じだけ経過しております。他の屋根材に比べて長持ちする瓦ですが、築30年以上経過してくると目に見える劣化が表れてきます。他の屋根材に比べて重い事から、重さとして建物への影響が出てきます。

外観 外観②

そんな瓦屋根でどのような劣化具合になると瓦を降ろす時期なのかをお伝えしたいと思います。

棟① 漆喰劣化①

漆喰劣化② 漆喰劣化③

まずは瓦の隙間に詰まっている漆喰です。漆喰は劣化に伴い剥がれてしまいます。剥がれたところは隙間となり雨水のが浸入するきっかけをつくります。10年程度で劣化してくることが多くその都度詰め直す必要があります。漆喰の劣化は瓦の劣化と関係はありませんが、築30年以上のタイミングでは瓦も劣化している可能性が高いので、瓦を降ろす契機になることがあります。

冠瓦隙間 冠瓦隙間拡大

こちらは棟の上部に被せてある冠瓦です。普段は熨斗瓦(のしがわら)と一緒に銅線で束ねてありますが、緩んでくるとこの様に隙間をつくります。内部の積んである土や泥が露出しているのがわかります。この状態は雨水が浸入して土や泥が減ってしまっている状態です。この場合に行うメンテナンスは、銅線で束ねてある瓦を全て取って、新しく積み直す工事となります。棟瓦取り直しと言われる工事です。既存の瓦を再利用することが可能な工事ですが、この場合も築30年以上のタイミングでは瓦も劣化している可能性が高いので、瓦を降ろす契機になることがあります。

瓦の劣化① 瓦の劣化②

こちらの画像は瓦そのものが劣化している状態です。頑丈で重厚な瓦ですが、30年以上経過(材質や環境にもよります)するとこのように剥がれたり割れたりしてきます。こうなってくると瓦も寿命に近づいておりますので瓦を降ろす時期と言って良いでしょう。葺き直し工事のような既存の瓦を再利用するのも難しく、また建物自体も劣化しておりますからわざわざ瓦のような重い屋根材を使用するのは得策ではないでしょう。現在は金属屋根のような軽量な屋根材が多く主流となりつつあります。屋根葺き替え工事をして屋根全体の軽量化をはかることで、建物の強度の向上に繋げましょう。横浜市都筑区長年使用した瓦の劣化と瓦を降ろす時期は、この画像を見て確認してみてください。確認できない屋根形状の場合は弊社までお問合せ下さい。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

 記事内に記載されている金額は2017年05月09日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市都筑区のその他のブログ

      2023/01/18 横浜市都筑区牛久保町にて縁切り不足とコロニアルネオの経年劣化により軒天へ雨漏りが発生しておりました

       訪問業者に屋根がおかしいと指摘され、そのまま言われたままに依頼し修繕するのには不安があるとの事で横浜市都筑区牛久保町にお住まいのC様より屋根点検調査のご依頼を頂きました。築14年程経過しており、数年前に塗装リフォームをされたばかりとの事でしたが本当に屋根に異常があるかどうかきちんと調べてほしいとの...続きを読む

      2022/11/9 横浜市都筑区牛久保にてスレート屋根調査、ノンアスベストスレートの中には塗装でのメンテナンスが無駄になる商品もございます

       横浜市都筑区牛久保にお住まいのT様より、屋根が割れているように見えるとの事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。築15年程経過し、今までに屋根や外壁のメンテナンスはされたことがないとの事でしたので、この機会にきちんと屋根の状態を把握し必要であればリフォームをしたいとのお話でした。さっそく現地にお伺...続きを読む

      2022/08/28 横浜市都筑区荏田東にてニューコロニアルというスレート屋根材の調査を行いました

      ニューコロニアルのスレート屋根材  横浜市都筑区荏田東にて屋根材にニューコロニアルが葺かれているお住いの現地調査を行いました。ニューコロニアルとはアスベストが含有しているスレート屋根材です。現在はアスベストが規制され廃盤の屋根材となっております。 アスベストが含有している屋根材はとても丈夫なつくりと...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市都筑区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2022/09/27 横浜市港北区鳥山町で屋根の不具合を指摘されたお住まいを調査してきました

      指摘を受けた屋根 横浜市港北区鳥山町にお住まいのお客様より、突然訪問してきた業者さんから、「太陽光パネルが外れそうになっているから屋根ごと修理したほうがいい」と指摘を受けたので、本当かどうか見てほしいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。 指摘を受けた太陽光パネルを調査  太陽...続きを読む

      2022/09/8 海老名市大谷南にて瓦の破損について調査 軽微な補修も早めが大切です

       海老名市大谷南にお住いのお客様より「瓦がズレているので見てほしい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。瓦は、50年以上耐用年数があるものが多く、割れない限りメンテナンスがいらないというようなイメージが強いかもしれません。今回は、瓦特有の部分修理や、メンテナンスが必要な部分について、点検結果と...続きを読む

      2022/08/31 藤沢市菖蒲沢にて落下したケラバ瓦を調査

       藤沢市菖蒲沢にお住いのお客様より「以前の強風で瓦が落下したため直したい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。強風による被害の場合は、ご加入中の火災保険の適用対象になります。ただし、原状回復ための工事代が20万円以上が対象など、保険のタイプにより異なるため注意が必要です。台風などに備え、火災保...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる