屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 横浜市鶴見区でメンテナンスに向けた大波スレートや小波スレート.....

横浜市鶴見区でメンテナンスに向けた大波スレートや小波スレートの調査

更新日:2017年3月8日

横浜市鶴見区で大波スレートや小波スレートのメンテナンスに向けた調査を承っております。

大波スレートを使用した建物 みねお

大波スレートや小波スレートとは、法定不燃材として防火構造に使用することが可能で、鉄骨造建物の屋根や壁に使用して準耐火建築物とすることの出来る材料です。主に工場や倉庫、車庫などの建物に使用されることが多いのが特徴です。今回は横浜市鶴見区の工場で調査を行いました。

小波スレート外壁① 小波スレート外壁②

築30年以上は経過しているそうです。大波スレートや小波スレートはこのように屋根だけではなく外壁にも使用されます。今回は工場の屋根カバーを計画中とのことです。

屋根小波スレート 大波スレートと小波スレートの違い

大波スレートや小波スレートは人の体重だけでも割れてしまうことが多く、築30年以上経過しているとのことで工場内からの調査となりました。建物大きさを測る必要がありますが、図面と実測で照らし合わせながら行います。工場内から屋根を見上げると凹凸が細かいことに気づきました。こちらの工場の屋根に使用されているのは小波スレートのようです。屋根カバーをする際は小波スレートには小波スレート用、大波スレートには大波スレート用の屋根材を使用します。

大波スレートと小波スレートの違い②

大波スレートと小波スレートの違いは谷の深さや幅の違いにあります。形成している材料に違いはありません。谷の深さや幅の細かい小波スレートの方が荷重をかけたときに集中しますので割れやすい傾向があります。

大型雨樋① 大型雨樋②

今回は屋根カバーの調査ですが、カバーをするときに既存の屋根の長さよりも少し長く設置しなくてはなりません。そうすると軒先と軒樋の距離が変わりますので、軒樋を交換する可能性が出てきます。見上げてみると軒樋は歪んでおり草も生えております。外壁と軒樋の間に隙間が無いため、屋根カバーをすると軒先が長くなった分、雨水が軒樋に落ちず外へ飛び出します。軒樋自体が劣化していることもあり、屋根カバーと一緒に交換したほうが良いでしょう。

横浜市鶴見区でメンテナンスに向けた大波スレートや小波スレートの調査の模様をお伝えしました。屋根カバーでけではなく、屋根葺き替えも外壁張り替えも弊社にお任せください。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

 

 記事内に記載されている金額は2017年03月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

横浜市鶴見区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市鶴見区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

工場や倉庫の屋根・外壁材として活躍する大波スレートと小波スレート、最適なメンテナンス方法は?
工場や倉庫の屋根・外壁材として活躍する大波スレートと小波スレート、最適なメンテナンス方法は?
 大波スレートに代表される波板スレートは工場や倉庫にピッタリの建築資材。とても丈夫で長期間の使用に耐えます。しかし耐用年数には限りがあり、それを超えて使われてきたものはメンテナンスが必要です。工場や倉庫などのオーナー様、定期修理の担当者様の中には、波板スレートのメンテナンスについてのお悩みを抱えてい…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2022/08/9 横浜市鶴見区諏訪坂にて屋根足場を用いて棟板金交換を行いました

       横浜市鶴見区諏訪坂にお住いのお客様より「屋根の上の方で音がする」とうことで調査に伺いました。実は、以前に外壁塗装を施工させていただいたお客様で、再度ご用命をいただきました。メンテナンスやリフォームの時だけでなく、風災害などのお困りの際にもご連絡いただき、お役に立てることは、とてもありがたく励みにな...続きを読む

      2022/07/15 横浜市鶴見区獅子ケ谷で古くなった瓦棒葺きの屋根を調査しました

      古くなった瓦棒屋根 横浜市鶴見区獅子ケ谷にお住まいのお客様より、築40年以上経っているお住まいの屋根の劣化が気になってきたので状態を確認して欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根に登ってみると、瓦棒葺きという工法で葺かれた金属屋根でした。瓦棒葺きは、瓦棒という下地の木材を...続きを読む

      2022/06/18 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況  横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原因になってしまったり、土...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      25年
      使用材料
      ファインパーフェクトベスト(Jブラック)

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/08/12 横浜市港北区綱島東でセキスイかわらUの屋根からの雨漏りを調査しました

      雨漏りしていた屋根の裏側  横浜市港北区綱島東にお住まいのお客様より、屋根から雨漏りをしているようなので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。雨漏り箇所の天井の内側がどうなっているのか確認させていただくため、小屋裏を見たところ、ところどころに雨漏りの形跡がありました。...続きを読む

      2022/08/8 横浜市神奈川区三枚町にて古くなったスレート屋根を調査しました

      フルベスト20で葺かれた屋根 横浜市神奈川区三枚町にお住まいのお客様より、ご自宅の屋根の古くなったスレート屋根を調査してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。スレート屋根と一口に言っても、非常にたくさんの種類があります。今回の屋根に使われていたスレート屋根は松下電工製のフルベ...続きを読む

      2022/08/2 横浜市戸塚区原宿にて築20年のスレート屋根を点検しました

      スレート屋根の調査  横浜市戸塚区原宿にお住まいのお客様より、築20年以上が経ったお住まいの屋根の状態を点検して欲しいとご要望をいただき、現地調査にお伺いしました。屋根材はスレート屋根ですが、その中でも今回使われていたものは松下電工製のフルベスト20という屋根材がつ分かれていました。スレート屋根はど...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約20年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる