屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 横浜市磯子区でルーフバルコニーの雨漏りするドレンを改修

横浜市磯子区でルーフバルコニーの雨漏りするドレンを改修

更新日:2017年3月20日

横浜市磯子区でルーフバルコニーを通緩衝工法で防水工事しております。3箇所あるルーフバルコニーを順番に行っております。

通気緩衝工法 みねお

バルコニーやベランダの床には、水を排水するためのドレンがあります。防水工事をするときは必ず絡みがあります。今回はドレンからの漏水もあるため、モルタルに埋まっているドレン自体を改修してながら防水工事を行っていきます。

壁際雨漏り① 壁際雨漏り②

ドレン① ドレン

室内の壁際に雨漏りした水が流れてくるそうで、真上のルーフバルコニーを見てみると鉄製のドレンが全部で8箇所ありました。その8箇所全てのドレンにこのようなシーリング材が打たれておりました。以前から何度も雨漏りしていたそうです。防水工事ではドレンを改修することは必要な作業ですが、モルタルに埋まっているドレンを撤去してすることはあまりなく、皆さまはなかなか見る機会もないと思いますのでお伝えします。

ドレン改修① ドレン改修②

ドレン改修③ ドレン改修④

鉄製のドレンはモルタルに埋まってますので、モルタルから切り剥がさないと取れません。周囲にサンダーで切れ目を入れてから、周りのモルタルを少し深く砕いて取れやすくしていきます。何も考えずに砕いてしまうとこの下にある防水層を破ってしまう可能性があります。砕く行為をドレンが取れるギリギリの最小限に留めたいがために、少し砕いてはドレンを動かしてみて、また少し砕いては動かしてみてを何度も繰り返していきます。

ドレン改修⑤ ドレン改修⑥

ドレン改修⑦ ドレン改修⑧

既存の鉄製ドレンを取り外すと、改修用のドレンを取付けていきます。立上りに補強クロス入れて防水層を造った後に、鉛製の改修用ドレンの裏側と防水面を専用のシーリング材で接着します。鉛部分を叩いて周囲の形に馴染ませてから、鉛と防水層の取合いには補強クロスを入れてシーリング材を打ち、その上から平場と立上りにさらに防水層を造ります。

ドレン改修⑨

周囲はウレタン防水の通気緩衝工法の工程で行われますが、立上りと平場を仕上げる間にドレンの改修工程が入ります。最後にトップコートを塗れば周囲との継ぎ目が全く見えない防水工事の完了です。ドレンだけを交換するとなれば継ぎ目をシーリング材で埋めなくてはならなくなり、既存の状態とあまり変わらないので意味がありません。ドレンをここまで改修するからには周囲の立上りや平場の防水工事は必須です。横浜市磯子区でルーフバルコニーの雨漏りするドレンを改修についてお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

 記事内に記載されている金額は2017年05月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市磯子区のその他のブログ

      2022/07/13 横浜市磯子区杉田にて瓦屋根調査、雨漏りの原因は銅製谷樋板金の劣化でした

       横浜市磯子区杉田にお住まいのお客様より、最近雨が降ると室内に雨漏りするとの事で私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。 築30年以上経過し、屋根のメンテナンスは一度もされていないとの事でしたので、さっそく現地にお伺いさせて頂き原因特定の為に屋根調査をさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大...続きを読む

      2022/07/12 横浜市磯子区森にて指摘された棟板金を調査 屋根材の小口部分が気になります

       横浜市磯子区森にお住いのお客様より「棟板金が浮いていると指摘されたこともあり屋根を見て欲しい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。近くで工事をしている業者さん、近くを通った業者さんなどからのご指摘をいただくお客様が多いようです。屋根はご自身で登って確認することは難しく、危険も伴いますので、こ...続きを読む

      2022/07/7 横浜市磯子区洋光台で訪問業者からウソの指摘?自宅とは違う写真ではないかとご不安に感じたお客様から調査のご依頼

       横浜市磯子区洋光台で、訪問業者に「付近で工事をしていた際に、お宅の屋根の板金が剥がれそうになっている様子が見えてお伺いした」と指摘を受けたというお客様からご相談をいただきました。無料で調査をしてくれるということで、お客様はそのまま訪問業者の方に調査をご依頼されたそうです。 撮影された写真をお客様も...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市磯子区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2022/08/6 横浜市都筑区川和台にて竪樋を固定するでんでんと呼ばれる役物が外壁から外れてしまい竪樋が風に煽られ揺れておりました

       横浜市都筑区川和台にお住まいのお客様より、最近の強風で雨樋が外れてしまったようだと私たち街の屋根やさんへご相談頂きました。 築20年以上は経過しているとの事で、外装のメンテナンスはされた事がないそうです。さっそく現地調査にお伺いさせて頂きました。 私たち、街の屋根やさんは新型コロナウィルス感染拡大...続きを読む

      2022/06/24 横浜市青葉区たちばな台でカバー工事後の天窓からの雨漏りを調査しました

      天窓からの雨漏り  横浜市青葉区たちばな台にお住まいのお客様より、天窓から雨漏りをしているので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 天窓の角の方から大きな雨の時にだけ水が垂れてくるとのことで、雨染みができている状態でした。天窓の寿命はおおよそ20年と言われており、2...続きを読む

      2022/06/12 横浜市港北区新吉田東では天窓廻りからの雨漏り調査、室内の木枠に腐食や白カビが繁殖している時はメンテナンスをしましょう

        横浜市港北区新吉田東にお住まいのK様邸ではお二階にある天窓があるお部屋へ雨が降ると雨が垂れて来るとの事で原因特定の為にはどうしたらいいかとご相談を頂きました。 築25年程、屋根に関しては何もメンテナンスをされていないとの事ですので、天窓からの雨漏りの原因は複数の要因が絡み合っている可能性がありま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー
      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる