屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 雨漏りの原因は瓦の下の防水紙にあります|横浜市青葉区

雨漏りの原因は瓦の下の防水紙にあります|横浜市青葉区

更新日:2017年10月29日

横浜市青葉区で屋根の調査をおこないました。和室の天井から雨水がポタポタと垂れてくるので屋根を見てみると、瓦の下に葺いてある防水紙がボロボロに傷んでいました。瓦は表面だけでなく下にも雨水が流れ込んできます。ボロボロになっていると雨水が流れてきた時にそのまま屋根裏へ雨水が回り込んでしまいますので、そうすると直ぐに雨漏りに繋がってしまいます。建物が古いので全体的に直すのではなく、ピンポイントで直す事をご希望されていましたが、実際にはある程度範囲を広げて直さないと雨仕舞いが悪いんです。棟瓦をはさんで反対側まで防水紙を回さないとちゃんと雨漏りを止める事が出来ませんので、一緒に棟瓦を積み直す必要があります。雨漏りは原因を突き止めることが重要になります。しっかりと調査をおこなって雨漏りの原因を見極めて、適切な工事のご提案をさせて頂きました。

雨漏りしている和室の天井

和室の天井から先日の台風の時に雨漏りしたそうで、現在ビニールで養生してありました。下にはお休みになる布団があるので早急に直さないとなりません。この上は屋根になっているので、間違いなく屋根に原因がありますので、屋根に上って原因箇所を突き止めます。

以前に補修した跡がありました

瓦葺きの屋根です。丁度この下あたりが雨漏りしているところです。

瓦の下に葺いてあるとんとんという木を薄くして編み込んだものが防水紙に使われておりましたが、劣化していてボロボロになっています。雨が降るとそのまま天井裏へ雨漏りしてしまう状態です。これを直すには、雨漏りしている部分の防水紙を新しくする必要がありますが、ピンポイントに直そうとしても雨仕舞いがうまくいかず、屋根を棟まで上っていって反対側まで防水紙を超えさせる必要がありますので、多少作業範囲は広がってしまいます。

また、棟瓦が蛇行しているのが分かりますでしょうか?固定するための銅線も切れていましたので棟も直したほうが良いでしょう。右の画像を見てください。隙間が全てコーキングで埋めてありました。漆喰を詰めるべき所にもコーキングがうってあり一見雨水が入らなくて良さそうな気がしますが、実はこのコーキングが打ってある事によって雨水が入った時の抜け道が全くなくなってしまいます。ここまでギッチリコーキングが打ってあると瓦を剥がすがとても大変そうですね。

今回は今の瓦を一旦上げて下地の防水紙を新しくする方法で話を進めました。横浜市青葉区での雨漏りの原因は防水紙の下にありました。現状では葺き直し工事が再定期な補修方法です。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936まで。

 記事内に記載されている金額は2017年10月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2022/07/29 横浜市青葉区桂台でひび割れしやすいコロニアルNEOの屋根を点検しました

      ノンアスベストの代表的な「コロニアルNEO」 横浜市青葉区桂台にお住まいのお客様から、築年数が約15年程となり点検をしたことがないので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。早速屋根に登ったところ、屋根材にはコロニアルNEOという屋根材が使われていました。 ...続きを読む

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検 使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装が不要な...続きを読む

      2022/07/2 横浜市青葉区鴨志田町にて調査した屋根はアスベスト入りのスレート屋根でした

      古くなったスレート屋根 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのお客様より、10年ほど前に屋根は塗装しているが、そろそろ劣化具合など点検の時期かと思うので見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根材にはニューコロニアルという屋根材が使われており、これはクボタという会社が昔作っていた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる