屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さ.....

冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さい|横浜市青葉区

更新日:2018年3月21日

化粧スレートは使用年数が経過すればするほど、傷みが進行していきます。冬の間に起こる現象で化粧スレート自体が傷んで脆くなることがあります。横浜市青葉区E様より「屋根が割れているようだから、1度プロの目で確認してほしい」とのお悩みのご相談がありました。横浜市青葉区E様のお宅に到着して、詳しくお話しをお伺いすると「隣で建設中の業者さんから屋根が割れている」とお話があったそうで困っていたとのことでした。お話をお伺いしましたので、実際にどうななのか屋根に上がって調査をさせて頂きました。

 

【化粧スレートは冬が終わったら屋根調査して下さい】

化粧スレート屋根調査1 化粧スレート屋根調査2

横浜市青葉区E様のお宅は築30年ほど経過しておりますが、以前に屋根を葺き替えており、この化粧スレートは12年経過した段階にあります。屋根に上がって屋根全体を見渡すと12年相応の状態と見て取れますが、化粧スレートを1枚1枚近くで見てみると割れているところが数箇所で確認されました。

 

 

化粧スレート屋根調査3

まだ完全に割れていない箇所も合わせるとかなりの箇所数になります。化粧スレートは表面が劣化して、雨水が浸透してしてしまうと傷みが進行しやすくなります。冬では浸透した雨水が化粧レートに浸みこんだまま凍ってしまうので、より大きく傷みが進行します。実は化粧スレートにとって冬は大敵なんです。後戻り出来る訳ではありませんから、これからを考えなければなりません。横浜市青葉区E様のお宅の化粧スレートは、ひび割れは多いものの補修しながら塗装でメンテナンスを行えば、まだ使用できる状態にあります。屋根カバーや屋根葺き替え工事はコストの面で塗装以上にかかります。もし今後も出来るだけこの化粧スレートを使用し続けたいのであれば、亀裂やひび割れを補修しながらなるべく早めに屋根塗装をする必要があります。街の屋根やさんでは、塗装工事も対応することが可能です。化粧スレートでお悩み・お困りの方は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-948-355まで。

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2018年03月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2022/07/29 横浜市青葉区桂台でひび割れしやすいコロニアルNEOの屋根を点検しました

      ノンアスベストの代表的な「コロニアルNEO」 横浜市青葉区桂台にお住まいのお客様から、築年数が約15年程となり点検をしたことがないので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。早速屋根に登ったところ、屋根材にはコロニアルNEOという屋根材が使われていました。 ...続きを読む

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検 使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装が不要な...続きを読む

      2022/07/2 横浜市青葉区鴨志田町にて調査した屋根はアスベスト入りのスレート屋根でした

      古くなったスレート屋根 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのお客様より、10年ほど前に屋根は塗装しているが、そろそろ劣化具合など点検の時期かと思うので見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根材にはニューコロニアルという屋根材が使われており、これはクボタという会社が昔作っていた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる