平塚市山下にて釘が浮いた棟板金が飛散したため棟板金交換工事を実施 | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 平塚市山下にて釘が浮いた棟板金が飛散したため仮補修から棟板金.....

平塚市山下にて釘が浮いた棟板金が飛散したため仮補修から棟板金交換工事を実施

更新日:2019年04月06日

強風による棟板金の飛散はもともと問題が発生していた箇所に多くあります

本日ご紹介いたしますのは平塚市山下にて実施した棟板金交換の様子です。台風シーズだけでなく今のような春先も風の強い日が多くなりますが、強風時のお問い合わせで多いのがこの棟板金の飛散です。屋根は地上よりも風が強いことも理由の一つですが、高い箇所であるため普段あまり目に付かないことから不具合が発生していても気が付かないことも理由です。例えばもし強風の日よりも前に板金が外れかかっているのが分かれば修理をすると思いますが、そうでない場合は外れかかったまま強風の日を迎え風にあおられて飛散してしまうことになります。
この棟板金の飛散は問題がなければ強風にも耐えることができますが、釘が浮いて板金に隙間があるなどちょっとしたことでも風の影響を強く受けることになりますので、問題を早期発見するためにも日々の点検が重要になります。

 

棟板金が飛散した箇所に仮養生をし雨漏りを防ぐ

平塚市山下 強風で飛散した棟板金の養生 平塚市山下 強風で飛散した棟板金付近の板金は釘が浮いている

棟板金が外れると、そこから雨漏りするケースが多いです。したがってすぐに工事ができない場合はブルーシート(ビニール)などを使用して仮養生をしておきます(左写真)。街の屋根やさんでは調査時に仮養生をし、工事の手配するまでの間雨漏りしないように対応させていただきます。
飛散していない部分の棟板金を見ると釘が浮いていました(右写真)。釘が打置くとそれだけ棟板金が外れやすくなっている状態ですので、どうやらこれが飛散した原因であると考えられます。

 

錆びに強いガルバリウム鋼板の板金を使用

平塚市山下 棟板金交換 古い板金を撤去 平塚市山下 棟板金交換 貫板設置

今回は棟板金自体も古くなっていることから交換工事を行うこととなりました。
まずは古い棟板金を撤去します(左写真)。板金の下には貫板という木製の板が設置されているのですが、経年劣化によって腐食していました。釘が浮きやすくなっているのは木部の腐食も原因といえます。
貫板の上から板金を取り付けている様子です(右写真)。板金は今まではトタン(亜鉛でメッキされた鉄板)でしたが、今回は錆びに強いガルバリウム鋼板を使用します。

 

台風などの自然災害による破損は火災保険での修理も可能

平塚市山下 棟板金交換 ガルバリウム鋼板の棟板金を設置

板金をステンレスビスで取り付け、さらに雨水が入りやすい箇所にはコーキング処置を行って工事は完了となります。(棟板金交換工事の詳しい工程はこちら
今回のように棟板金の飛散は強風時に起こりますが、飛散した板金は場合によっては近隣の建物に当たって破損させてしまったり、最悪人に当たって怪我をさせる可能性もあります。そうならないためにも街の屋根やさんの無料点検のようなサービスを受け、日ごろから屋根の状態を健全に保つことを心がけましょう。
また、もし台風などでお住まいが破損した場合は火災保険での修理も可能ですので、火災保険を使った工事をご検討の方もお気軽に弊社までお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2019年04月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      平塚市のその他のブログ

      2023/04/18 平塚市河内にてスレート屋根の調査!屋根表面の気になる変色はメンテナンスのサインです

       平塚市河内にお住いのお客様より、「屋根の色が黒くなってきた」とのご相談をいただきました。築30年以上のお住まいで、以前スレート屋根に葺き替えたことがあるそうです。傷みがどの程度のものなのかを確認するためにも、調査に伺いました。 街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルスの対策を行い現場の調査を...続きを読む

      2023/02/14 平塚市纒にて瓦屋根の調査 棟瓦にズレや歪みが発生している場合は棟瓦の取り直しが必要です

       平塚市纒へ瓦屋根の調査でお伺いしました。瓦がズレているということでご連絡をいただきました。台風や強風、地震で建物が揺れる際は、屋根も同じように揺れます。瓦が1枚ズレるだけでも、徐々に全体のバランスが崩れはじめてしまいます。瓦屋根の場合、1枚から差し替えやズレの修正も可能ですので、大掛かりな工事が必...続きを読む

      2023/01/31 平塚市諏訪町にて劣化の進んだスレート屋根を調査 耐用年数が近い場合は全面的なリフォームが望ましいです

       平塚市諏訪町にお住まいのお客様宅にてスレート屋根の調査を実施しました。「屋根の傷みが気になる」ということで見積りのご要望をいただきました。スレート屋根の耐用年数は、塗装メンテナンス等を定期的に行われた場合、25年~30年程です。下地の防水紙(アスファルトルーフィング)の耐用年数は、種類によりますが...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      平塚市のその他の施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      12年
      使用材料
      ポリカーボネート
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      26年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/06/3 棟板金のDIYはおすすめ出来ません!棟板金の特徴・劣化症状と併せてDIYの危険性を詳しくご紹介!

       棟板金は強風の影響を受けやすい事から、捲れ・飛散被害を招いてしまう可能性が大きい場所です。 被害の拡大を防止する為にも棟板金の早期修繕は非常に大切であり、そうした被害を防止する定期的な点検・メンテナンスも重要です。 ですが、当然ですが屋根の修繕には「費用」が発生してしまいますよね(>_<...続きを読む

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。 ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<) 「貫板」もそうした部材の一つと言えます! 今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫板の劣化進行が棟...続きを読む

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています! しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥 今回は、棟板金の役割...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!