平塚市久領堤で潮風の影響を受けたスレート屋根を調査、塩害による錆びや傷みは要注意です | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 平塚市久領堤で潮風の影響を受けたスレート屋根を調査、塩害によ.....

平塚市久領堤で潮風の影響を受けたスレート屋根を調査、塩害による錆びや傷みは要注意です

更新日:2019年04月22日

海に近い地域を沿岸部と呼びますが、平塚市久領堤にお住いのN様のお宅も沿岸部にございました。「今まで屋根のことを考えてこなかったので、一度確認してほしい」とのお問い合わせにより調査にお伺いいたしました。沿岸部は潮風の影響を受けやすいので、劣化や傷みといった現象にはより気を付けなくてはなりません。築24年が経過した平塚市久領堤N様のお宅の屋根は一体どのような状態なのでしょうか。

塩害のあるスレート屋根

 

【潮風の影響で南側だけ錆びている】

海側に面している部分だけ錆びている棟板金 海側に面している部分だけ錆びているスレート屋根

平塚市久領堤N様のお宅の屋根に上らせていただきました。スレートを使用した屋根で、南側(海側)に面している屋根面以外は苔が付着してオレンジ色になっておりました。南側のスレートの表面はどこか白っぽく見えます。棟板金の南側に面している部分だけに著しい錆が出ている状態でした。この棟板金に出来た著しい錆は潮風による影響により起こった現象です。錆びた部分は元には戻りませんので、棟板金交換工事が必要となります。

 

【スレート屋根に塩が残っている】

棟板金の下側に塩水が垂れた形跡 コーキング部分に塩が残っている

棟板金の下側に何かが垂れた形跡があります。薄い白色をしておりますが、これは塩です。塩が水分と混じって垂れた跡です。やはり沿岸部ということもあり潮風の影響が随所に見られます。棟板金の継ぎ目に打たれているコーキングも白くなっており、これはかなり濃くなった塩でした。屋根は風が当たりやすいためその風に塩が混じっていると、このように屋根の上が塩だらけになります。塩は金属部に付着すると錆びて塩害を引き起こします。沿岸部の建物は内陸部の建物と比べて傷みやすい環境にあります。建物のメンテナンスも早めに意識しておかなければ、長持ちさせるためのメンテナンスが出来なくなる可能性があります。沿岸部の建物は劣化や傷み具合のは把握を早めに行いましょう。街の屋根やさんでは沿岸部にある屋根にも適切に対応いたします。沿岸部にある建物や屋根の調査は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

 

 記事内に記載されている金額は2019年04月22日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
塩害を防ぐメンテナンスと塩害に強い屋根材のご紹介
 「海の近くで暮らしてみたい」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。老後は海近の別荘地で過ごしたいと考えている方もいるでしょう。しかし、風光明媚で潮風がいつも心地良いとはならないようです。実際に住んでいる方にお聞きするとその潮風が引き起こす塩害で、建物のメンテナンスが大変と感じている方はか…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      平塚市のその他のブログ

      2023/04/18 平塚市河内にてスレート屋根の調査!屋根表面の気になる変色はメンテナンスのサインです

       平塚市河内にお住いのお客様より、「屋根の色が黒くなってきた」とのご相談をいただきました。築30年以上のお住まいで、以前スレート屋根に葺き替えたことがあるそうです。傷みがどの程度のものなのかを確認するためにも、調査に伺いました。 街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルスの対策を行い現場の調査を...続きを読む

      2023/02/14 平塚市纒にて瓦屋根の調査 棟瓦にズレや歪みが発生している場合は棟瓦の取り直しが必要です

       平塚市纒へ瓦屋根の調査でお伺いしました。瓦がズレているということでご連絡をいただきました。台風や強風、地震で建物が揺れる際は、屋根も同じように揺れます。瓦が1枚ズレるだけでも、徐々に全体のバランスが崩れはじめてしまいます。瓦屋根の場合、1枚から差し替えやズレの修正も可能ですので、大掛かりな工事が必...続きを読む

      2023/01/31 平塚市諏訪町にて劣化の進んだスレート屋根を調査 耐用年数が近い場合は全面的なリフォームが望ましいです

       平塚市諏訪町にお住まいのお客様宅にてスレート屋根の調査を実施しました。「屋根の傷みが気になる」ということで見積りのご要望をいただきました。スレート屋根の耐用年数は、塗装メンテナンス等を定期的に行われた場合、25年~30年程です。下地の防水紙(アスファルトルーフィング)の耐用年数は、種類によりますが...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      平塚市のその他の施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      12年
      使用材料
      ポリカーボネート
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      26年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/06/3 棟板金のDIYはおすすめ出来ません!棟板金の特徴・劣化症状と併せてDIYの危険性を詳しくご紹介!

       棟板金は強風の影響を受けやすい事から、捲れ・飛散被害を招いてしまう可能性が大きい場所です。 被害の拡大を防止する為にも棟板金の早期修繕は非常に大切であり、そうした被害を防止する定期的な点検・メンテナンスも重要です。 ですが、当然ですが屋根の修繕には「費用」が発生してしまいますよね(>_<...続きを読む

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。 ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<) 「貫板」もそうした部材の一つと言えます! 今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫板の劣化進行が棟...続きを読む

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています! しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥 今回は、棟板金の役割...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!