屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 相模原市緑区橋本にて強風被害により棟板金が飛散、高台にある建.....

相模原市緑区橋本にて強風被害により棟板金が飛散、高台にある建物は風の影響を受けやすい傾向にあります

更新日:2019年5月30日

築年数が経った建物でよくお問い合わせを頂くのが屋根の高い所にある板金が盛り上がっている、釘が浮いていると訪問業者に指摘されたなどがあります。

相模原市緑区橋本のお客様宅はちょうど高台に建っており、風の影響を受けやすい立地でした。その影響で棟板金が飛散した事がきっかけで屋根調査の依頼を頂きました。

 

では屋根に上がり飛散した箇所を調べてみます。

 

風の影響を受けやすい立地や環境と軒先に斜めに設置されている隅棟

6寸急勾配の変形型寄棟形状のスレートが使用されている屋根 屋根の一番高い箇所から軒まで下っている下り棟の板金と貫板の一部が飛散している様子

 

屋根にあがってみますと、すぐに飛散した箇所が分かりました。四方から屋根の一番高い所に向かって伸びている隅棟が丸々飛散してしまっており、板金だけでなく貫板と呼ばれる板金を固定するために野地板に釘で固定してある木材も一部飛散しているのが分かります。

高台に建っているのは、写真を見て頂けると真下のお宅の屋根が見えたりすることで分かっていただけると思います。経年や塗装などのリフォームをしていない建物に多い棟板金の飛散ですが、立地や環境、特に今回のような高台に建っている建物は風の影響をより受けやすいのです。その中でも一番影響を受けるのは今回飛散してしまった隅棟の部分となります。

 

水平に設置してあるよりも、斜めに設置してあるほうがより影響を受けてしまいます。ですので切妻屋根よりも寄棟屋根のほうが棟板金飛散によるご相談があります。

 

棟板金の飛散は板金の劣化よりも貫板の腐食により釘が浮いたことが原因で起こる事が多い

棟が集まっている屋根の頂点ですが、このままですと雨が降ると建物内部へ雨水が侵入します

 

写真はちょうど四方に設置してある棟板金が集まる屋根の頂点です。棟は建物内部へ雨水が侵入しないように設置してあるので、外れて設置していない状態ですと、このように大きく隙間が生じ雨が降ると直接建物内部へ雨水が侵入してしまいます。下地と屋根材の間にはルーフィング、防水紙が敷設してありますのでそちらが水をはじいてくれるのですぐに雨漏りはしないのですが、もし見えないところで防水紙自体が傷んでいたら、そこから雨水は侵入します。

防水紙にも耐用年数がありおよそ20年程で劣化しはじめます。貫板の腐食として多いのが、建物の振動や風の影響で板金に隙間が生じ、そこからの雨水の侵入で腐食することがほとんどです。

 

 

釘が浮いている箇所が他にも多数見るかった屋根 4年程前に塗装でのリフォームをされていたようですが縁切りがきちんと行われていないため小口に水が溜まってスレート屋根が吸収し白く変色してしまっている

 

まだ飛散していない棟板金もよく見ますと釘が浮いている(写真左)箇所が多くあり、飛散した箇所だけではなく全ての棟板金に同じような事があることが分かりました。

今回は部分的な交換ではなく、他の棟板金の劣化も考慮に入れご相談した結果、屋根全体の棟板金交換工事をする事となりました。

棟板金の飛散は、築浅の建物で起こりうる事ですので、もし飛散してしまったなどありましたら養生も行える街の屋根やさんへご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2019年05月31日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      相模原市緑区のその他のブログ

      2019/06/29 相模原市緑区根古屋にて日本瓦屋根の調査、漆喰が剥がれていたり無意味なコーキングは雨漏りに繋がります

      本日は相模原市緑区根古屋にお住まいのO様より、今まで瓦だからという理由で何も手をかけていなかった屋根がどうなっているか不安になってきたとの事がきっかけで調査依頼を頂きましたので、その様子をお伝えいたします。昔ながらの日本瓦が使われた和風建築のお住まいのようです。では屋根にあがり現状を把握しておきます...続きを読む

      2019/05/30 相模原市緑区根古屋にて築30年経過したスレート屋根を調査、塗膜が剥がれすぎている屋根は塗装をしても無意味な事もあります

      相模原市緑区根古屋にて屋根のメンテナンスの依頼を頂きました。きっかけは築年数が30年を迎え外装のリフォームを考えている最中との事でした。現地にてお話を伺うと今まで塗装でのメンテナンスはした事がないということでした。さっそく屋根にあがり状態を確認してみます。  築30年経った一度も...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      相模原市緑区のその他の施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚
      施工内容
      漆喰詰め直し
      築年数
      使用材料
      南蛮漆喰(黒)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/07/7 横浜市磯子区洋光台で訪問業者からウソの指摘?自宅とは違う写真ではないかとご不安に感じたお客様から調査のご依頼

       横浜市磯子区洋光台で、訪問業者に「付近で工事をしていた際に、お宅の屋根の板金が剥がれそうになっている様子が見えてお伺いした」と指摘を受けたというお客様からご相談をいただきました。無料で調査をしてくれるということで、お客様はそのまま訪問業者の方に調査をご依頼されたそうです。 撮影された写真をお客様も...続きを読む

      2022/07/2 横浜市青葉区鴨志田町にて調査した屋根はアスベスト入りのスレート屋根でした

      古くなったスレート屋根 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのお客様より、10年ほど前に屋根は塗装しているが、そろそろ劣化具合など点検の時期かと思うので見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根材にはニューコロニアルという屋根材が使われており、これはクボタという会社が昔作っていた...続きを読む

      2022/06/24 横浜市瀬谷区三ツ境にて棟板金が浮いていると指摘されたようです

      棟板金が浮いていると訪問業者の方に指摘を受けたとお問い合わせをいただきました 横浜市瀬谷区三ツ境にて訪問業者より棟板金に浮きが発生していると言われたようですので現地調査に伺いました。このように訪問業者から屋根の状況を指摘されるということはよくあることです。なのでその際にはご安心して私たち街の屋根やさ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる