横浜市緑区青砥町で反りが酷くなってきたスレート屋根をカバー工事でメンテナンス

HOME > ブログ > 横浜市緑区青砥町で反りが酷くなってきたスレート屋根をカバー工.....

横浜市緑区青砥町で反りが酷くなってきたスレート屋根をカバー工事でメンテナンス

更新日:2021年03月22日

 横浜市緑区青砥町で屋根の調査をおこないました。スレート葺き屋根で棟板金の浮きを指摘されたというお問合せをいただき、屋根に上って実際の状況を調べました。

 スレート葺き屋根は塗装工事をおこなわないと表面がどんどん劣化していきます。元々は黒や茶色などの着色されていますが、紫外線や風雨に曝されている事で劣化して粉状になるチョーキングが起きてしまします。撥水性も落ちるのでどんどん汚れやコケなどが付着して見た目も悪くなり、スレート自体が反っていきます。一旦反りが出てしまったら元には戻りませんので、更に割れなどにより劣化が進んでしまいます。

 定期的に塗装でのメンテナンスが必要なスレート屋根ですが、劣化の状況によっては塗装ではなく葺き替え工事やカバー工事などの屋根工事をお勧めします。今回は建物の状況などを総合的にみたうえで屋根カバー工事をご提案しました。

スレートの劣化状況を確認

スレート葺き屋根 表面が大分劣化しています

 スレート屋根の表面が劣化していてズルズルと滑ってしまう状態です。まだら模様に見えるのは、劣化した塗膜と汚れやコケが付着しているからです。表面に粉が乗っているのと同じ状態ですので、調査で歩くときにも滑らない様に注意が必要です。

スレートの反りが大分進行しています

 表面の撥水性が落ち雨水を弾かなくなることで、雨が降ると雨水を吸い込み濡れて乾いてを急激に繰り返す事で反りが出てきます。ペンの先がズボっと入るくらい反りが全体的に出ているのですが、この状態は強風などが吹き込んで割れてしまう事もありますし、余計な雨水が吹き込んでしまう原因にもなってしまいます。一度反りが出てしまったスレートは元に戻す事が出来ませんし、塗装工事で効果が出るのはあくまでもスレートの表面だけですので、この状態のスレートにはあまりメンテナンスとしての効果はありません。

棟板金も貫板に傷みが出ています

釘が抜けた跡 重なり部分が浮いています

 屋根面と屋根面が合わさった部分には棟板金が取り付けてあります。棟板金はスレートを葺いた後に貫板を屋根に固定し、板金を被せて横から釘を打って固定してあります。

 よく見ると釘が浮いていたり抜けている部分が有るのですが、これは下地の貫板が劣化している為に釘が緩んでしまったからです。木製の下地材ですので、経年により木が痩せる事もありますし、雨水によって腐食している事もあります。この様になってしまうと貫板を新しくしなければ強風などで棟板金が飛ばされてしまう危険もあります。

 横浜市緑区青砥町で調査したスレート葺き屋根は、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。下地に傷みがありませんでしたので、上からガルバリウム鋼板などの金属屋根を被せる屋根カバー工事でのメンテナンスをご提案します。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心してお任せください。

 記事内に記載されている金額は2021年03月22日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

工場・倉庫の屋根修理は屋根カバー工法がお得!【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市緑区のその他のブログ

      2024/03/3 横浜市緑区新治町にて築50年程経過しているお住まいで雨漏り発生、経年劣化でセメント瓦と防水紙が劣化しており葺き替え工事が必要でした

       横浜市緑区新治町にお住まいのK様より、以前より雨漏りがあったが放置してしまっていた。最近の雨で室内に大量に漏れるようになってしまったので修繕をしたいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。  お話を伺いますと、築50年程経過しているお住まいで屋根に関しては何も手をかけたことがないそうです。...続きを読む

      2024/02/29 横浜市緑区白山にて一階室内への雨漏りの原因は下屋根の雨仕舞と外壁のクラックからでした

       一階室内天井に何か染みがジワジワと増えて黒くなってしまったとの事がきっかけで、葉山町木古庭にお住まいのW様より雨漏り調査のご依頼を頂きました。築年数は30年程経っており、今まで屋根のメンテナンスをした覚えがないとの事でした。現地にお伺いすると屋根には和瓦が使われていました。 雨漏りしているお部屋の...続きを読む

      2024/01/23 横浜市緑区白山で表面の剥がれが気になる屋根を点検しました

      傷んだ屋根を調査して欲しい 横浜市緑区白山で、アンテナ工事をした際に屋根の劣化が酷いと業者に言われたことをきっかけに、状態確認をお願いしたいとお問い合わせをいただき現地調査にお伺いしてきました。 表面がパリパリに剥がれている状態でした  屋根は表面が剥がれている状態でした。これは表層剥離と...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市緑区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15~20年程
      使用材料
      ディートレーディング エコグラーニ エバーグリーン

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2024/04/16 相模原市南区下溝で塗装希望のスレート屋根を調査したところ、塗装不可のパミールが使われていました

      屋根の塗装を考えているので状態を見てほしい 相模原市南区下溝にお住いのお客様より、そろそろ屋根塗装工事を考えているので状態の確認と工事提案をお願いしたいとお問い合わせをいただいて、現地調査にお伺いしてきました。   いくつかの業者さんで相見積もりとのことですが、私たちもしっかり状...続きを読む

      2024/04/14 屋根カバー工事や屋根葺き替え工事におススメのアスファルトシングルとは?その魅力を解説!

      アスファルトシングルってどんな屋根材?その魅力とは?  アスファルトシングルは、屋根材として使われる材料の一つで、アスファルトと繊維ガラスを組み合わせたものです。 ガラス繊維にコンクリートをしみ込ませたシートの表面に石粒が吹き付けられていて耐久性があり、雨漏りを防ぐ効果があります。 施工が...続きを読む

      2024/04/9 相模原市中央区田名塩田で割れやすい屋根のコロニアルNEOで葺かれた屋根を調査しました

      屋根の状態を確認して欲しい 相模原市中央区田名塩田にお住まいのお客様より、屋根がボロボロになってきたように感じるので状態の確認と必要な工事の見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。  ひび割れたスレート屋根 屋根にはいたるところにひび割れが確...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オーウェンスコーニング
      オークリッジスーパー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!