屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 鎌倉市岩瀬ではアスファルトシングルの一部が強風によって剥がさ.....

鎌倉市岩瀬ではアスファルトシングルの一部が強風によって剥がされている状態でした

更新日:2021年7月24日

 鎌倉市岩瀬にお住いのS様より、「アスファルトシングルが何枚か剥がれてしまったので直したい」とのご相談をいただきました。アスファルトシングルは日本でのシェア率が低いために見かけることの少ない屋根材ですが、アメリカでは実に8割近くの屋根に使用されています。剥がれた原因と可能なメンテナンス方法を確認するため、さっそく現地へとお伺いさせていただきました。

アスファルトシングルが使用された屋根

原因は強風によるものです

一部分が剥がれてしまったアスファルトシングル 一部分が剝がされてしまったアスファルトシングル材

 状態を確認してみますと、アスファルトシングルが一部分だけ剥がれておりました。S様のお住いの環境は強風の影響を受けやすい地域のようで、今回の飛散も強い風が原因です。アスファルトシングル材は柔軟性に優れており、釘や接着剤を併用して屋根へと固定します。ですが、その接着材や圧着が不足すると剥がれが発生し、柔らかいアスファルトシングルは強風によって飛散してしまうことがあります。お住いの立地や環境によって屋根が受ける風の強さは変わるため、定期的に状態のチェックをしておくことをお勧めいたします。

屋根カバー工法でのメンテナンスをご提案

劣化の見られる棟板金の取合いに打たれたコーキングに 一部分が剝がされてしまったアスファルトシングル材

 屋根全体を調査してみると、棟板金の取合いに打たれているコーキングの劣化が顕著でした。棟板金がY字型に交わる部分から雨水が浸入しないように隙間を埋めているのですが、そのコーキングが劣化したままだと棟板金内部に雨水が入り傷んでしまいます。
 屋根材が剥がれてしまった箇所への部分的な葺き替えを行うことも可能でしたが、お住いの環境から今後も風の影響でアスファルトシングルが飛散してしまうことが考えられましたので、S様には屋根カバー工法でのメンテナンスをご提案させていただきました。屋根カバー工法ではアスファルトシングルの上へ新たな屋根材を被せるように施工し、強風に強い屋根へと生まれ変わることができます。台風のような自然災害時での不安を残さないようにするには、早期のメンテナンスで問題を解決しておくことが重要となります。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウイルス対策として、スタッフ全員のマスク着用や手指のアルコール消毒を徹底しておりますので、ご安心してお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年08月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む
アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているからですよね…続きを読む
柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」
柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」
 アメリカの住宅の80%以上に使用されているというアスファルトシングル。表面の粒状彩色石による陰影とグラデーションは屋根をとても素敵に彩ります。お家が洋風で、オシャレな屋根にしたいという方にお勧めなのがアスファルトシングルの屋根材「リッジウェイ」です。 【動画で確認「リッジウェイ」】 長い文章のペ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      鎌倉市のその他のブログ

      2022/09/13 鎌倉市岩瀬にて塗膜剥がれや苔が目立つ屋根の調査を行いました

       鎌倉市岩瀬にあるご実家の屋根調査のご依頼をいただき現地へ伺いました。近くで工事をしているという業者さんが訪ねてきて「棟板金の釘が抜けている」という指摘があったそうで、いろんな意味で心配なので見てほしいということでした。今回は屋根の点検結果についてご報告します。釘抜けは確認できませんでしたが劣化は進...続きを読む

      2022/05/19 鎌倉市今泉にて漆喰の劣化状況を調査、棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

       鎌倉市今泉にて棟瓦の漆喰の剥がれについて調査を行いました。お客様にお話を伺いますと、「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを発見し、雨漏りが心配なので点検をお願いしたい」とのことでしたので、さっそく調査にお伺いさせていただきました。漆喰の重要な役割  梯子を使って屋根に上がらせていただくと、棟部分で漆喰が...続きを読む

      2022/04/19 鎌倉市佐助にてライフプランに合わせ棟板金補修を行いました

       鎌倉市佐助にお住いのお客様より「隅棟の釘が浮いてきている」とご相談いただき、現地調査へ伺いました。隅棟(すみむね)は、下り棟(くだりむね)とも呼ばれており、屋根のてっぺんにある大棟(おおむね)から下方向(四方の角)へ向かって設置されている棟のことです。寄棟や入母屋タイプの屋根にあります。スレート屋...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      鎌倉市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 色:(アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2022/09/11 横浜市金沢区西柴にて端部が白く変色したスレート屋根を調査。屋根カバー工事をご提案

       横浜市金沢区西柴にて、お客様よりスレート屋根のリフォームを検討しているとお問い合わせをいただき、調査のため現地へお伺いしました。 お住まいは築20年になるそうですが、これまで外装のメンテナンスをされたことはないとのことです。ただ、そろそろ雨漏りが起きてしまうのではないかと心配になり、屋根工事を考え...続きを読む

      2022/08/28 横浜市都筑区荏田東にてニューコロニアルというスレート屋根材の調査を行いました

      ニューコロニアルのスレート屋根材  横浜市都筑区荏田東にて屋根材にニューコロニアルが葺かれているお住いの現地調査を行いました。ニューコロニアルとはアスベストが含有しているスレート屋根材です。現在はアスベストが規制され廃盤の屋根材となっております。 アスベストが含有している屋根材はとても丈夫なつくりと...続きを読む

      2022/08/19 藤沢市羽鳥にて樹脂製貫板を用いた瓦棒屋根のメンテナンス

       藤沢市羽鳥にお住いのお客様より「棟板金が一部無くなっているようなので見てほしい」とのことで現地調査へ伺いました。屋根の状態やカバー工法による瓦棒屋根のリフォームについてご報告します。屋根の状態  棟板金の一部が無くなっていることを確認しました。写真の下の方に、朽ちて剥がれてしまった『貫板(ぬきいた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      16年
      使用材料
      オークリッジスーパー 色:オニキスブラック
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      築約25年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドチャコール

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる