屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市港南区大久保にて大棟の棟板金浮きについて調査しました

横浜市港南区大久保にて大棟の棟板金浮きについて調査しました

更新日:2022年1月14日

 横浜市港南区大久保にお住まいのお客様より「屋根の一番上の部分が浮いているようだ」とのご連絡をいただき、現地調査へ伺いました。強風後に気付かれたとのことでしたので、ご加入の火災保険に風災害が含まれていらっしゃる場合は、火災保険適用での復旧が可能です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策として、訪問の際には手指の消毒・マスク着用の必須を引き続き徹底しております。ほかにも、オンラインによるお打ち合わせも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

棟板金の浮きを確認

棟板金

 屋根と外壁を数年前に塗装されていらっしゃるとのことでした。屋根の頂上にある「棟板金(むねばんきん)」の浮きを確認しました。屋根塗装をされた際は、棟板金交換を行われなかったそうです。棟板金と屋根の間に隙間が出来ていますので、この部分に強風が吹き込むなどした場合、捲れ上がってしまう恐れがあります。また、防水紙の劣化状況によっては、雨漏りに繋がる恐れもありますので、出来るだけ早めの補修がおすすめです。今回は全ての棟板金交換を行うこととなりました。大棟部分は、風災害の適用となりますが、その他の棟板金(下り棟)は、特に浮や破損などは確認されていないため適用外となります。

ケラバの補修

ケラバズレ ケラバ補修

 ケラバ板金の一部にズレを確認しました。ケラバは、妻側(雨樋が設置されていない側)の端部分で「破風(はふ)」の上にあり、スレート屋根材の場合、棟と同じように板金が取り付けられています。ケラバ板金は、雨水が入り込まないような構造になっています。ズレた部分から雨漏りに繋がらないよう、しっかりと補修しました。

貫板(ぬきいた)には安心の素材を

樹脂製貫板 棟板金交換

 棟板金の内部は、木材の「貫板(ぬきいた)」が使われており、経年が進んでいる状態でした。これまで、貫板には木材を使用されることが多く、どうしても腐食等により劣化が進んでしまいます。今回は、木材に代わり「樹脂製の貫板」を使用しました。樹脂製:プラスチックのため、腐食に強く耐久性もあるため安心が長く続きます。

 屋根材は、スレート屋根で「フルベスト20」でした。スレート屋根の耐用年数は、種類や環境にもよりますが20年~30年程と言われています。「フルベスト20」はアスベスト含有ですので、丈夫耐久性が高く、今回点検をした際、ヒビ割れなどは見受けられませんでした。アスベスト含有でも、粉砕して飛散することが無ければ、特に健康被害に繋がるということではありません。耐用年数を迎える頃には、屋根カバー工法でのリフォームがおすすめです。

 記事内に記載されている金額は2022年01月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市港南区のその他のブログ

      2022/09/15 横浜市港南区丸山台にて屋根と外壁メンテナンスについてご相談 まずは現状の把握が大切です

       横浜市港南区丸山台にお住いのお客様より、屋根と外壁の点検依頼をいただきました。屋根の色褪せも気になりだしたということで、初めてのメンテナンスを考え始めたとのことでした。新築後、10年経過した頃から屋根や外壁のメンテナンス時期となります。屋根の色褪せが顕著に見受けられるようになったり、外壁を手で軽く...続きを読む

      2022/03/7 横浜市港南区上永谷で飛び込み業者さんに指摘された棟板金を確認してきました

      棟板金が外れそうだから工事をしましょう 横浜市港南区上永谷にお住まいのお客様より、近くで工事をしていたという業者さんから屋根の板金が外れそうだから工事をした方がいいと言われたので、別の業者さんにも見てほしいと思って連絡しましたとお問合せをいただきました。この、「近くで工事をしていた業者」「屋根の板金...続きを読む

      2022/02/22 横浜市港南区芦ヶ谷で棟の歪みの指摘を受けた瓦屋根を調査しました

      棟瓦が歪んでいるから工事をした方がいいと言われた 横浜市港南区芦ヶ谷で飛び込みの業者さんから棟瓦の歪みの指摘を受けたので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。棟板金や棟瓦の不具合を指摘してくる訪問業者さんは非常にたくさんいらっしゃいますが、そのほとんどが何ともない屋根に...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港南区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/12/7 横浜市南区日枝町にて棟板金が外れているとお問い合わせを頂きました

      棟板金が一部外れていました  横浜市南区日枝町にて棟板金が外れてしまったとお問い合わせを頂きました。調査に伺いますと屋根の形状は切妻屋根でした。そして屋根の一番高所に設置している部材を棟板金と言います。その棟板金が完全に外れてしまい、中の下地に使われている貫板と呼ばれる木製の部材が露出して...続きを読む

      2022/12/5 横浜市港北区高田東で棟板金の指摘を受けた屋根を調査してきました

      屋根に不具合があるから工事をした方がいい 横浜市港北区高田東にお住まいのお客様より、近所で工事をしていたという業者さんから屋根の板金がグラグラしていて危ないから屋根工事をした方がいいと声をかけられたとお問い合わせをいただきました。今回のお客様は約10年前に弊社で屋根カバー工事をしていただいたお客様で...続きを読む

      2022/11/22 横浜市緑区竹山でアスベスト含有のスレート屋根を調査しました

      古くなった屋根を点検します 横浜市緑区竹山にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根を拝見すると、ナショナル(現:パナソニック)が作っていたフルベスト20という屋根材が使われていました。当時製造されていたスレート屋根の中...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる