屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 川崎市川崎区京町にて フレームが外れてしまったベランダ屋根の.....

川崎市川崎区京町にて フレームが外れてしまったベランダ屋根の補修

更新日:2022年2月15日

 川崎市川崎区京町にお住まいのお客様よりベランダ屋根の調査のご依頼をいただき、現地へ伺いました。ベランダの屋根に使用されていたのは「塩ビのネット入り波板」でした。「塩ビ」は「塩化ビニール」の略で、波板といえば、昔はこの素材のものが大変多く使用されていました。「ネット入り波板」は塩ビ波板に特殊なガラスネットを複合させた波板で、通常の塩ビ波板よりも耐荷重性・耐衝撃性に優れ、塩ビ波板よりもやや長持ちです。現在は、ポリカーボネート波板が主流となっています。今回は、点検~フレームの補強についてご報告いたします。

ベランダ屋根の状況を確認

塩化ビニール波板

 ネット入り波板の劣化が進み、変色や反り等が見受けられました。また、ベランダ屋根前枠(まえわく)の接合部が外れてしまっている状態でした。経年劣化などにより、接合部分のボルトが外れてしまったようです。さらに詳しく確認しました。

フレームが外れています

フレーム外れ 支柱外れ

 前枠の接合部を固定する部品のボルトが外れていました。そのためか、支柱も外れてしまっていました。この状態のまま地震や台風等の強風が発生した場合は大変危険です。一刻も早く対処が必要でした。フレームを補強し、波板も全面交換するご提案となりました。

フレームをしっかり補強

補強内側 補強外側

 前枠の接合部分は、きっちり固定できるように、補強材を加工して取り付けました。もともとビスが留められていた部分と同じ穴にビス留めをしても固定が甘くなってしまいます。そのため、プラスアルファで前枠の上下それぞれに「直角のプレート」を取り付け接合部分を補強しました。これなら安心ですね。

 フレームの外れを直し、しっかり補強したのち「ブラウンのポリカーボネート波板」を設置しました。ポリカ波板は、非常に優れた耐衝撃性があり、雹(ひょう)や小石などによる破損が心配な地域・場所などでもご使用いただけます。また、紫外線などの熱にも強く優れた素材のため、長期にわたる使用におすすめです。

 ベランダ屋根は、ベランダから脚立で作業が出来そうなイメージかもしれません。しかし、屋根の端部分のポリカ設置などは、足場が無いと大変危険です。台風や強風等の風災、積雪による破損などの雪害の場合は保険申請の対象となります。復旧のために必要な足場費用は保険適用対象ですので、まずは経験豊富な私たち街の屋根やさんへご相談ください。

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウイルス予防対策として、手指の消毒・マスク着用の必須を引き続き徹底してお伺いしております。zoomなど、オンラインによるお打ち合わせも承っております。

 記事内に記載されている金額は2022年02月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
 近年では地球温暖化の影響もあり、自然災害が増加しています。そのせいで、自宅の屋根が壊れてしまい損害保険を使って修理するケースが増えてきました。  自宅を新築した時に必ず加入するのが「火災保険」です。なんとなく「火災保険は火事の被害の補償」だと思っている方が多いようですが、「火災や天災」はもちろ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市川崎区のその他のブログ

      2022/09/4 川崎市川崎区池上新町にて軒天工事 隣家のご協力がありがたいです

       川崎市川崎区池上新町にお住いのお客様より「軒天(のきてん)が剥がれてきてしまった」ということでお問合せいただきました。軒天は、下から屋根を見上げた時に見える位置にあります。外壁から出ている屋根の裏側部分を指し、白い軒天をご覧になったことがあるかもしれませんね。今回は軒天工事についてご報告します。軒...続きを読む

      2021/06/5 川崎市川崎区中島の瓦屋根のお住まいには、棟瓦取り直し工事をご提案致しました

       川崎市川崎区中島にお住まいのT様は、屋根の瓦が剥がれ落ちそうになっていると訪問業者に指摘をされたそうです。指摘を受けたことで不安になり、他のところにも調査をお願いしたいと街の屋根やさんにお問い合わせを下さいました。 現地に伺い、調査のため屋根に上らせていただくと、すぐに剥がれ落ちそうな瓦はございま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市川崎区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2022/09/8 海老名市大谷南にて瓦の破損について調査 軽微な補修も早めが大切です

       海老名市大谷南にお住いのお客様より「瓦がズレているので見てほしい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。瓦は、50年以上耐用年数があるものが多く、割れない限りメンテナンスがいらないというようなイメージが強いかもしれません。今回は、瓦特有の部分修理や、メンテナンスが必要な部分について、点検結果と...続きを読む

      2022/08/31 藤沢市菖蒲沢にて落下したケラバ瓦を調査

       藤沢市菖蒲沢にお住いのお客様より「以前の強風で瓦が落下したため直したい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。強風による被害の場合は、ご加入中の火災保険の適用対象になります。ただし、原状回復ための工事代が20万円以上が対象など、保険のタイプにより異なるため注意が必要です。台風などに備え、火災保...続きを読む

      2022/08/23 横浜市旭区中沢にて落下したケラバ瓦に代わりガルバリウムで修繕しました

       横浜市旭区中沢へ現地調査に伺いました。ケラバ部分が落下してしまったとのお話で、お怪我などの被害が無く何よりでした。使用されていた屋根材は、モニエル瓦(乾式コンクリート瓦)というセメント瓦でした。セメント瓦は、既に廃盤で手に入らなかったり、入手までにだいぶ時間が掛かることも多くなっています。ケラバが...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる