瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応方法をご紹介!

HOME > ブログ > 瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応.....

瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応方法をご紹介!

更新日:2023年02月01日

 瓦屋根のてっぺんが崩れて倒壊していた」、「庭に瓦屋根の破片が落ちていたという場合」、どのような対応が必要になるのでしょうか。屋根の頂上部を「棟」と言うのですが、この棟があることによって屋根頂上部の隙間が塞がれ、雨水が内部へ入り込まないよう守ってくれています。また、屋根の頂上部である棟は雨や風、日差しの影響を最も強く受ける部分であるため、特に注意して維持をしていくことが大切です。
 棟の瓦が崩れていたら、隙間から雨漏りが起きてしまうのではないかと不安にもなりますよね。今回は瓦屋根の棟にある瓦が落ちてきた場合の原因や対策、状況に応じた4つの補修方法をご紹介していきたいと思います!

  倒壊した棟瓦   

 棟瓦が落ちてくる原因は?

切れた銅線 劣化した漆喰

 瓦屋根は非常に耐久性が高く、その耐用年数は50年以上と言われています。しかし瓦屋根を固定している「銅線」や「漆喰」などはそれよりも早い段階で劣化してしまうため、経年によって固定力が弱まり、強風などの際に崩れてしまう場合があります。

漆喰とその役割とは?

 漆喰は、瓦屋根を固定する役割を果たします。漆喰は、瓦の固定にとって重要な役割を果たしており、屋根が耐久性を持つために不可欠な部分です。さらに漆喰は防水性も高く、屋根に雨水などが侵入するのを防ぐ効果があります。瓦屋根の漆喰の耐用年数は、材料や施工方法などによって異なりますが、一般的には20-30年程度とされています。長期間の使用によって漆喰の老化や破損が起こりますので、定期的な点検と修繕が必要です。

棟瓦の倒壊は雨漏りに繋がる?

 棟瓦が倒壊していた、漆喰が剥がれ落ちていたという場合、雨漏りが起きてしまう可能性があります。瓦の下には防水紙というものが敷かれており、たとえ瓦の隙間から雨水が入り込んだとしても雨水が内部へ侵入しないような造りになっています。しかし、もしこの防水紙が破れていた場合は棟瓦が倒壊したことで雨水が内部へ入り込み、さらに防水紙の破れた箇所から雨漏りを招くことになるのです。
 また現時点ではたとえ防水紙に問題がないという場合でも、棟瓦が倒壊したことで雨水が入り込みやすくなり、防水紙の劣化速度を早めてしまうことになります。そのため、棟瓦の倒壊が必ずしも雨漏りを引き起こすということはないものの、なるべく早く点検・補修をすることが大切です。

棟瓦の倒壊や雨漏りを防ぐには?

 棟瓦の倒壊は銅線や漆喰などの固定力が弱まっていることで起こりやすくなるため、10年ほどの間隔で定期的に業者へ点検をご依頼いただくことがオススメです。また、庭に落ちている漆喰や瓦屋根の破片にも注意していきましょう。
 固定力が低下している状態で、強風や台風が発生すると棟瓦は崩れることになります。しばらくメンテナンスをしていないという方は台風のシーズンがやってくる前にぜひ点検とメンテナンスをご検討ください。

棟瓦が倒壊していた場合のメンテナンス方法4つ

漆喰詰め直し工事 棟瓦取り直し工事

漆喰詰め直し工事

 棟瓦が破損していない、崩れていないという場合に可能な補修方法です。古くなっった漆喰を詰め直すことで本来の固定力と防水性を回復させます。

棟瓦取り直し工事

 下地が劣化していない、雨漏りが起きていないという場合に可能な補修方法です。既存の棟瓦を一度取り外し、固定のための葺き土や漆喰、銅線を新しくして棟瓦を設置しなおします。その際、破損している瓦があれば新しいものと取り換えます。

葺き直し工事 葺き替え工事

屋根葺き直し工事

 雨漏りが起きている、築年数が20年以上経過しているという場合に有効な方法です。既存の瓦を一時的に取り外し、防水紙など下地を新しいものに取り換えてから既存の瓦を積み直します。

屋根葺き替え工事

 屋根葺き直し工事と名称や目的は似ているのですが、屋根葺き替え工事は瓦屋根ではない別の屋根に変更したいという場合に必要となる工事方法です。既存の瓦屋根は撤去してしまい、新しい防水紙を設置したうえで新しい屋根材を設置します。瓦の撤去費用や新規屋根材設置の費用が必要になりますが、屋根の寿命がリセットされ、さらに瓦屋根よりもずっと軽量な金属屋根材などを採用することで耐震性を高めることが可能です。

瓦屋根は定期的にメンテナンスを!

 私たち、街の屋根やさんでは瓦屋根の様々な施工方法に対応しております。無料で現地調査を実施させていただき、お住まいの状態を診断し適切なメンテナンス方法やお見積りのご提示させていただきますので、瓦屋根のことでお困りの際はお気軽にメールやお電話にてご相談ください。
 棟瓦の固定力や防水性は経年によって確実に低下していきます。雨漏りなど大きな被害が起きてしまわないよう、定期的な点検で瓦屋根やお住まいを守っていきましょう!

 記事内に記載されている金額は2023年02月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

棟瓦からの雨漏りは取り直し工事で解決【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!
 瓦屋根にお住いの方へ。  飛び込み業者から「棟がずれている」「漆喰が剥がれている」という指摘を受けた経験はありませんか?  街の屋根やさんにも、このようなご相談いただくことが多くあります。  悪質業者からお住いを守るためにも、棟瓦の修理は早めに行いましょう!  瓦屋根にお住いの方々へ、棟周辺が劣…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2024/02/26 棟瓦とは?瓦屋根でも定期点検・メンテナンスは必要です!

       瓦は非常に耐久性の高い屋根材であり、中には耐用年数が半世紀を超える瓦も存在します(#^^#) しかし、だからといって瓦屋根にメンテナンスが全く必要ないわけではありません(>_<) 今回は瓦屋根の中でも雨漏りリスクが高く、劣化進行が歪み・倒壊などの被害に繋がる「棟瓦」について詳しくご紹介...続きを読む

      2024/02/18 屋根瓦のメリット・デメリット|瓦の重量が耐震性の低下を招く理由とは?

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ 日本国内の伝統的な屋根材と言えば「瓦」です! 伝統を思わせる美観が大きな特徴である瓦ですが、屋根材として機能面のメリットをご存じない方も多いと思われます! また、瓦屋根にお住まいの方でご心配されることが多いのが、やはり瓦の重量が招く耐震性の低下です...続きを読む

      2024/02/16 横浜市都筑区荏田東にて棟瓦が倒壊、原因は長年メンテナンスをしていなかった漆喰にありました

       横浜市都筑区荏田東にお住まいのS様より、屋根の瓦が落下してきたので一度点検調査をしてほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。  お話をお伺いしますと、S様邸は築40年程経過しており、屋根は瓦だからと何も手をかけて来なかったようです。最近大雨や強風の日が続いたからか分かりませんが、屋根...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      30年以上
      使用材料
      馬場商店 ハイロール

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!