葉山町一色にて庭先に落ちていた棟板金、実はお隣さんの屋根の棟板金でした

HOME > ブログ > 葉山町一色にて庭先に落ちていた棟板金、実はお隣さんの屋根の棟.....

葉山町一色にて庭先に落ちていた棟板金、実はお隣さんの屋根の棟板金でした

更新日:2023年05月03日

 葉山町一色にお住まいのM様より、とある日仕事から帰ったら自宅駐車スペースに見た事がない金属の板のようなものが落ちていたとの事でもし自宅のものだったとしたらどうしようとご不安になられた事がきっかけで、屋根点検調査のご依頼を頂きました。

 築年数は20年ほどで過去に既に屋根カバー工事を行っているそうです。実際に現地でまずは落ちていたと呼ばれる金属の板を確認するところから調査開始です。

 

急に見たこともないような物が自宅敷地内に落ちていると不安になります

 

庭に落ちていた棟板金 屋根にあがると一面金属屋根が葺かれていました

 

 専門の私たちから見れたすぐに落ちていたものは「棟板金」と分かりますが、普通は屋根の一番高いところに設置している物を間近で見る機会がありませんので分からないのが普通だと思います。

 M様もよく遠目から屋根をみたときに見えるものと似ているなと思われていたそうです。実際に屋根に上がってすぐにわかるのは、棟板金は黒色でしたがM様邸の屋根は役物と屋根材を含めグレーです。この時点でM様邸の棟板金ではないと分かりましたので、まずは一安心です。その後屋根の点検を行いましたが、それなりに経年での劣化が確認できました。

 

では庭に落ちていた板金はどこから来たのか

 

棟板金が飛散するときは板金の劣化ではなく貫板の腐食から始まる場合が多い 棟板金が飛ばされるほど強風がふくと、数軒先の屋根から飛んでくるなどよくあります

 

 経年劣化は、棟板金自体ではなく固定するために内部にある貫板と呼ばれる木材の腐食から始まります。経年で雨水や湿気を吸い込んでしまった貫板はやがて腐食し打ち込まれている釘がどんどん緩くなってきます。そこに横からの煽り風などが当たるとさらに釘が緩んでしまいやがて貫板に板金を固定できなくなり、棟板金が飛散してしまう結果に繋がりやすいのです。

 今回は最低でも棟板金交換工事はしておいた方がとご報告させて頂きました。

 では、庭に落ちていたものはどこからかと屋根に上がって一周見渡すと、おそらくのお宅を見つけました。板金の色も写真ではわかりにくいですが一緒でした。

 

棟板金が数百メートル先から飛んでくることもあり、二次被害が一番おそろしいのです

 

 さきほどの屋根をズームで撮影してみますと、大棟と呼ばれる屋根の一案高い所の棟板金がありません。長さ的にも合います。おそらくこちらのお宅の棟板金が落下したものが、M様邸の敷地内へ飛散してきたと思われます。

 今回はご自宅のではなかったものの、調査の結果から棟板金交換工事のご提案を致しました。

 棟板金は屋根の雨仕舞として重要な役目を担っています。棟板金がはずれたままになっているとそこから雨漏りに繋がる事もあります。

 もし強風や台風が来た後に、自宅屋根に少しでも異常を感じたら街の屋根やさんへご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2023年05月03日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしまし…続きを読む
棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      葉山町のその他のブログ

      2023/09/16 葉山町一色にてニチハのパミールが使用されていた築15年程の屋根は表層剥離が起きてしまっており屋根工事が必要です

       葉山町一色にお住まいのW様より屋根を見ると表面のいたる所が剥がれているように見えるので一度屋根専門の街の屋根やさんに点検調査をしてほしいとご相談がございました。築15年程経過しており、まだ外装のリフォームはこれからと思ってたとの事でしたので、さっそく現地にお伺いし屋根の点検調査を致します。&nbs...続きを読む

      2023/08/17 葉山町堀内にて強風により棟板金と一緒に化粧スレートが飛散しておりました

       葉山町堀内にお住まいのH様より、「強風が吹いた翌日に庭先に金属の板が落ちている、自宅の物だと雨漏りが心配なので見てほしい。」とご相談を頂きました。お話を伺いますとおそらく落ちている金属の板は棟板金と思われますが、現地にて確認しませんと確定できません。まずはご不安になられている問題を解決することが先...続きを読む

      2023/07/1 横浜市青葉区市ケ尾町にてニチハのパミールが使用されていた築15年程の屋根は表層剥離が起きてしまっており屋根工事が必要です

       横浜市青葉区市ケ尾町にお住まいのW様より屋根を見ると表面のいたる所が剥がれているように見えるので一度屋根専門の街の屋根やさんに点検調査をしてほしいとご相談がございました。築15年程経過しており、まだ外装のリフォームはこれからと思ってたとの事でしたので、さっそく現地にお伺いし屋根の点検調査を致します...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      葉山町のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約15年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドモスグリーン
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。 ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<) 「貫板」もそうした部材の一つと言えます! 今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫板の劣化進行が棟...続きを読む

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています! しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥 今回は、棟板金の役割...続きを読む

      2024/05/7 飛び込みの訪問営業を断るコツ|よく指摘される「屋根の板金」とは?

       街の屋根やさんにいただくご相談の中でも非常に多いのが「訪問業者に屋根の異常を指摘されて困っている(>_<)」というご相談で、その中でも指摘を受ける事が多いのが「屋根の板金」です! そうした場合、点検にお伺いさせて頂きますと本当に異常が生じているケースもありますが、残念ながら「何も異常が...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!