屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 葉山町堀内にて台風の猛威により和瓦屋根の隅棟が倒壊、棟取り直.....

葉山町堀内にて台風の猛威により和瓦屋根の隅棟が倒壊、棟取り直し工事を行いました

更新日:2022年9月2日

【施工前】
台風被害により棟が倒壊

【施工後】
南蛮漆喰を使用し棟取り直し工事

施工内容棟瓦取り直し

築年数40年

平米数23.8m

施工期間2日間

使用材料南蛮漆喰 シルガード(黒)

費用43万円

保証5年

ハウスメーカーハウスメーカー不明地元工務店

火災保険アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 葉山町堀内にお住まいのK様より、台風が過ぎ去った翌日に庭先に瓦が落ちていたので遠目から自宅屋根を見てみると、棟部分が無くなっているように見えるとの事で私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。

 さっそく現地調査にお伺いしますと寄棟になっていた屋根の隅棟部分が丸々倒壊してしまっておりました。屋根の上に冠瓦や熨斗瓦が散乱してしまっており、また瓦自体の割れも所々にあり、早急に工事が必要な状況と分かります。今回は台風の影響で倒壊してしまった棟は二本でしたが、その部分だけ直したとしても今後も毎年台風シーズンに心配しなくても大丈夫な状態にしてほしいとの事で、全ての棟の改修工事として棟取り直し工事のご提案をさせていただきました。
 
 既存の棟は葺き土の土台で棟が造られておりましたが今回の施工では土台に南蛮漆喰であるシルガードを使い強固に固定、雨漏りに繋がらないように施工致しました。

また、K様は「風災」の項目がある火災保険に加入されておりましたので、ご用命後に保険会社に申請する書類作成を街の屋根やさんで行わせて頂き工事代金の一部へ充てることが出来ました。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルス感染対策としてソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底に努めております。
 葉山町堀内にお住まいのK様より、台風が過ぎ去った翌日に庭先に瓦が落ちていたので遠目から自宅屋根を見てみると、棟部分が無くなっているように見えるとの事で私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。

 さっそく現地調査にお伺いしますと寄棟になっていた屋根の隅棟部分が丸々倒壊してしまっておりました。屋根の上に冠瓦や熨斗瓦が散乱してしまっており、また瓦自体の割れも所々にあり、早急に工事が必要な状況と分かります。今回は台風の影響で倒壊してしまった棟は二本でしたが、その部分だけ直したとしても今後も毎年台風シーズンに心配しなくても大丈夫な状態にしてほしいとの事で、全ての棟の改修工事として棟取り直し工事のご提案をさせていただきました。
 
 既存の棟は葺き土の土台で棟が造られておりましたが今回の施工では土台に南蛮漆喰であるシルガードを使い強固に固定、雨漏りに繋がらないように施工致しました。

また、K様は「風災」の項目がある火災保険に加入されておりましたので、ご用命後に保険会社に申請する書類作成を街の屋根やさんで行わせて頂き工事代金の一部へ充てることが出来ました。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルス感染対策としてソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底に努めております。


担当:新海


【現地調査時の様子】

 

倒壊した棟

 

 現地に伺いますと、台風の猛威を知る事になりました。寄棟屋根であった屋根にある隅棟の内の一本が丸々倒壊し、屋根の上に瓦が散乱しておりました。

 軒先に残っている瓦も多く近隣への被害はなかったようです。また、倒壊した時の影響か平部の瓦にも影響が出てしまっておりました。亀裂が入っていたり割れていたりと、そのままでは使用できないので新しい瓦も用意する必要がございます。

 定期的なメンテナンスをしておきますと、強風時や台風時にこのような被害に遭われる可能性も低くなります。特に重たい瓦では飛散することによる二次被害も考えねばなりません。

 

 

運よく軒先に留まっている瓦 大棟は五段の熨斗瓦が積まれている重厚な屋根

 

 昔の工法の棟ですと葺き土の土台の上に、平たい熨斗瓦(のしかわら)と半月になっている丸い冠瓦(かんむりがわら)が積まれ、それらを銅線で結んで固定する工法が一般的でした。

 調査時はその葺き土も大量に屋根の上に流れ落ちている状態でしたので、一歩間違えますと滑って屋根から落下してしまうほどですので、慎重に調査を致しました。倒壊していた棟は一本だけですが、屋根の頂点にあります大棟を見ると、熨斗瓦が五段も積まれている重厚な屋根でした。ご覧の様に昔の工法では葺き土が防水性能を担いそれらを保護するように熨斗瓦と冠瓦が積まれております。防水性能も担っているので、積まれている段数は多い方が雨仕舞として防水性能も良いと考えられていました。ですがこのままでは雨漏りに繋がってしまいます。

 

 

漆喰は剥がれ土台の葺き土がボロボロです 棟の倒壊の影響で平部の瓦も割れてしまった

 

 倒壊した原因は台風だけではなかったようです。倒壊した棟の内部をよく見ますと葺き土と漆喰の劣化が窺えます。葺き土を保護するために棟の両側面から漆喰が塗られており土台に雨水が入らないように棟は積まれております。しかし、その漆喰は経年で必ず劣化してしまうので定期的なメンテナンスが必要なのですが10年以上メンテナンスをされていなかったとの事でしたので、元々経年劣化で固定力が弱まっていた所へ台風がぶつかり棟の倒壊に繋がったようです。

 特に屋根の高い所に設置させている棟は軒先やケラバと呼ばれる屋根の他の役物部分に比べ約二倍の負荷がかかりますので、一番自然災害の影響を受けやすいのです。だからこそ普段から備えておく必要がございます。それでは施工の様子です。

 

【棟取り直し工事の様子】

 

棟解体清掃 棟取り直しは既存棟瓦は再利用致します

 

 まずは既存の棟を解体し、葺き土や漆喰なども綺麗に清掃し撤去しておきます。熨斗瓦や冠瓦は再利用するのが棟取り直しですので、再利用する瓦は平部に並べておきます。棟は解体を始めると大量の土を撤去しなければならず、廃材を入れるガラ袋も10袋以上は楽に超えるほどです。またそれらを屋根から下さなければならないのでとても大変で手間がかかる作業となります。

 

棟をまっすぐ積むために糸を張ります 熨斗の段数が多くなればそれだけ手間がかかります

 

 綺麗に清掃し段取りが終わったら南蛮漆喰シルガードを使用し土台造りから始めます。こちらの南蛮漆喰と呼ばれるシルガードは土葺きに比べ防水性、耐久性が高く改修工事に最適ではないでしょうか。施工中は柔らかく練り物の様な感触ですが、ある程度時間が経過するとガッチリ強固になりしっかりとした土台を形成してくれます。

 写真の矢印は糸を指しています。理由は棟は歪んでしまうと瓦同士に隙間が出来てしまい、その隙間から建物内部へ雨水が入り込んでしまう事に繋がりますので土台から作り直す棟取り直し工事時には糸をしっかりと張って一直線にし、それに沿って綺麗に棟を積み上げるように致します。

 

南蛮漆喰で土台を作り銅線を仕込み熨斗を積みます 熨斗瓦の間にも南蛮漆喰

 

 シルガードを瓦の間に詰めると同時に銅線もこの時点で仕込んでおきます。棟を積み上げた時に固定する為にです。ただし、棟の固定はあくまで銅線ではなくシルガードの固定力によるものです。銅線で最後に冠瓦を設置した後に固定する理由は有事の際に庭先や近隣へ瓦が落下し二次災害が起きてしまうのを防ぐ為です。

 メンテナンスされてない瓦屋根では銅線も切れてしまっている事もよくみかけます。

 

 

四本の隅棟の取り直しが終わりかけたら大棟の作業に取り掛かります 五段熨斗の立派な大棟

 

 四本の隅棟を順に積み上げて最後に屋根の頂点にある大棟の作業に入ります。糸を張るほどではない長さですがK様邸の大棟は熨斗が五段も積まれている為に熟練の瓦職人さんの腕の見せ所です。きちんと積み上げませんと最後の納まりが悪く雨漏りに繋がってしまう事もございます。大棟の両サイドには鬼瓦と呼ばれる役物もある為同時に設置し積み上げます。鬼瓦も銅線で外れて落下しないようにきちんと固定してあります。

 

大棟には鬼瓦 五段熨斗をきちんと積み上げられる職人さんは貴重です

 

 棟取り直しの時は、棟を上から見下ろしたときに黒いシルガードが見えてしまってはいけません。シルガードが先に傷んでしまい雨漏りに繋がってしまいますのでシルガードは基本熨斗瓦から外側へ出ないようにしないといけません。たっぷり塗ればその分防水性能があがるのではないかと思ってしまいますが、棟からはみ出る程では意味が無くなってしまいます。

 ハンマーで軽く熨斗瓦を叩きながら積み上げていき、水平を見ながら熨斗瓦を積み上げ最後に冠瓦を乗せて作業終了となります。

 街の屋根やさんではおおよその金額にはなりますが、棟取り直し工事は税込¥12,100/mより承っております。立地や環境、屋根の形状や劣化具合によって変わってまいりますので詳しくはご相談ください。

 

【棟瓦取り直し工事竣工】

 

棟取り直し完了

 

 葉山町堀内K様邸の棟取り直し工事が無事竣工となりました。庭に瓦が落ちて調査に来てくれて屋根の写真を見せてもらった時はどうしようとものすごく不安だったが安心したとK様には素早い対応と施工に満足頂けました。

 今回は施工前の調査時に落下したら危険な倒壊した部分の瓦は下ろせるものはある程度おろし、ブルーシートで養生をしておきましたので着工まで問題が起きないように心がけました。台風シーズンになってから屋根のメンテナンスをするよりも、その前に備えておくメンテナンスが一番重要なのではないでしょうか。いざ台風が来てしまったら同じ様に被害に遭われてしまう方も多く、調査も工事もままならない場合がほとんどです。

 この度はご利用いただきまして誠にありがとうございました。

 記事内に記載されている金額は2022年09月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や特…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      施工内容
      棟瓦取り直し,雨漏り修理
      築年数
      35年
      使用材料
      南蛮漆喰シルガード(黒)

      葉山町と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)


      施工内容
      屋根カバー工法,その他の工事
      築年数
      15年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドモスグリーン


      同じ工事のブログ一覧

      瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応方法をご紹介!

      2023/02/1 瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応方法をご紹介!

       「瓦屋根のてっぺんが崩れて倒壊していた」、「庭に瓦屋根の破片が落ちていたという場合」、どのような対応が必要になるのでしょうか。屋根の頂上部を「棟」と言うのですが、この棟があることによって屋根頂上部の隙間が塞がれ、雨水が内部へ入り込まないよう守ってくれています。また、屋根の頂上部である棟は雨や風、日...続きを読む

      横須賀市逸見が丘にて棟土の流出により浮き上がった棟瓦の調査

      2022/09/5 横須賀市逸見が丘にて棟土の流出により浮き上がった棟瓦の調査

       横須賀市逸見が丘にお住いのお客様より『屋根の一番上の棟がズレている』とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。この時期、本格的に台風が来る前に・・ということでご連絡いただくお客様も多くなっています。私たち街の屋根やさんでは、まず現地調査を行わせていただき、現状で最適なご提案をしております。状態によ...続きを読む

      横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検  使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装...続きを読む

      お問い合わせバナー