棟板金の読み方や特徴・役割とは?劣化症状をご紹介!

HOME > ブログ > 棟板金の読み方や特徴・役割とは?劣化症状をご紹介!

棟板金の読み方や特徴・役割とは?劣化症状をご紹介!

更新日:2023年08月15日

 棟板金は「むねばんきん」と読み、一般的に屋根材同士の合わさり部に出来る隙間に被せるように設置されます。
 屋根材同士の隙間へ雨水などが浸水しないように保護する非常に重要な役割を果たしていますが、屋根の中でも高所に設置される関係上、「雨風」の影響を強く受けるため、劣化が進行しやすい部材と言えるので注意が必要です。
 今回は、棟板金(むねばんきん)の読み方を始めとした特徴や役割、劣化症状などを詳しくご説明いたします。

棟板金の読み方や役割・特徴とは?

棟板金の特徴・役割

棟板金 屋根に設置された棟板金

 棟板金は「むねばんきん」と読み、主に屋根の頂点など屋根材と屋根材の合わさり部分に出来る隙間に被せるように設置されます。
 屋根材の隙間を棟板金によって保護することで、雨水などの浸水を防止する他、屋根材同士を固定する非常に重要な役割を担っています。
 しかし、屋根の頂点など屋根の中でも高所に設置される関係上、強い雨風の影響を強く受ける為、劣化が促進されやすい部分と言えるため、注意が必要です。

棟板金の劣化症状・被害

固定釘の浮き・抜け 棟板金の捲れ・飛散

 続いて、以下に棟板金によく発生する劣化症状・被害をご紹介します。

棟板金の固定釘の浮き・抜け:
 棟板金は、内部の「貫板」に固定釘を使用して設置されます。しかし、貫板の劣化が進行してしまいますと固定力が失われることで、固定釘の浮きや抜けに繋がってしまいます。
 特に、貫板の材質が「木製」である場合、空気中や雨水の水分を吸収しやすい特徴がありますので、劣化が促進されやすいです。最近では、水分をほぼ吸収しない「樹脂製」の貫板も存在している為、交換をご検討されることをおすすめいたします。

棟板金の捲れ・飛散:
 上記の貫板の劣化による固定釘の抜け・浮きは、屋根材と棟板金の間に隙間を発生させてしまいます。
 その為、そこに台風などで発生した強風が吹き込むことで棟板金の捲れ・飛散の被害へと繋がってしまう可能性があります。
 棟板金が飛散してしまいますと、屋根材の隙間へ雨水が浸水することで雨漏りの原因となったり、飛散・落下をしてしまいますと、最悪の場合通行人への落下など大きな事故に繋がってしまう可能性があります。

棟板金の読み方や特徴・役割とは?まとめ

 ご紹介させていただきました通り、棟板金は「棟板金」と読み屋根材同士の隙間を保護することで、雨水の浸水を防止する役割を担っています。
 また、棟板金及び内部の「貫板」の劣化は、固定釘の浮き・抜けを始めとして棟板金の捲れ・飛散の被害につながるため、注意が必要です。
 上記の被害を防ぐためにも、棟板金の定期的な点検・メンテナンスは非常に重要です。
 私達、街の屋根やさんは棟板金に関する施工実績も豊富にございます。棟板金の点検をご検討されている方やご不安・ご心配事がある方がおられましたら、ぜひご相談ください。点検からお見積りの作成まで無料にて承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2023年08月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/02/24 横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      棟板金と谷が錆びているのが確認できました    横浜市神奈川区西神奈川にて屋根の点検、調査をしてほしいとお問い合わせをいただき現地調査に伺わせていただきました。  早速屋根に上ってみると屋根材の交わる頂点に設置してある棟板金と屋根材の交わる谷になっている箇所に設置してあ...続きを読む

      2024/02/21 横浜市港北区篠原町にて経年劣化により下屋根棟板金が飛散、下地も腐食している時は棟板金交換工事を行いましょう

       とある日、帰宅してみたら玄関廻りに金属の板が落ちていたので、自宅の物かどうかもわからないが心配なので一度点検をしてほしいと、横浜市港北区篠原町にお住まいのI様より街の屋根やさんへお問合せがございました。築20年以上経過し、塗装でのメンテナンスは一度行っているとの事でした。  現地にてまず...続きを読む

      2024/02/20 横浜市保土ケ谷区新井町で飛び込み業者を登らせてしまった屋根を確認しました

      訪問業者の指摘が心配なので屋根を見てほしい 横浜市保土ケ谷区新井町にお住まいのお客様より突然やってきた業者さんから屋根の指摘を受けたので、別の会社さんにも状況を見て欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 棟板金に無数の足跡がありました  屋根を確認してみると棟板金の...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!