屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 鎌倉市築41年のお宅で銅製雨樋の不具合と破損を調査

鎌倉市築41年のお宅で銅製雨樋の不具合と破損を調査

更新日:2016年3月11日

鎌倉市の築41年になるお宅へ雨樋の不具合と破損の調査に伺いました。

外観

今ではなかなか見ることのできない屋根形状をしているお宅です。小さなお城のようです。そして軒が3段あるのが分かります。

竪樋① 竪樋②

実際に雨樋を拝見すると銅製雨樋であることが分かりました。銅はとても歴史があり、さかのぼると古代より人々の暮らしに関わってきました。建築物もそうですが他にも装飾品や美術品に使用されてきました。銅は錆びることがなく、古くなればなるほど緑青を吹いて風格が出てきます。耐食性や加工性に優れており、高層ビル・マンションのような交換が困難な場所などには今でも使用されるケースが多いです。

呼び樋① 呼び樋②

この軒樋と竪樋の間の樋を呼び樋と言います。何回か漏れ出しているそうですがテープで留めている状態です。これでは早い段階でまた漏れ出してしまうでしょう。

破損部① 破損部②

2方向から呼び樋で引っ張り合わせ桝で下に落としているようですが、集水桝と軒樋の1部が無くなっております。どうやら破損して落下したようです。とても危険ですので早めの交換をお勧めいたします。

支持金具

やはり年月が経っていることでいろいろな箇所に劣化の痕が見られます。また支持金具の劣化も不安要素です。全体的な雨樋と取付に必要な部材の全交換をご提案いたします。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にお問合せ下さい。

 記事内に記載されている金額は2016年03月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      鎌倉市のその他のブログ

      2022/05/19 鎌倉市今泉にて漆喰の劣化状況を調査、棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

       鎌倉市今泉にて棟瓦の漆喰の剥がれについて調査を行いました。お客様にお話を伺いますと、「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを発見し、雨漏りが心配なので点検をお願いしたい」とのことでしたので、さっそく調査にお伺いさせていただきました。漆喰の重要な役割  梯子を使って屋根に上がらせていただくと、棟部分で漆喰が...続きを読む

      2022/04/19 鎌倉市佐助にてライフプランに合わせ棟板金補修を行いました

       鎌倉市佐助にお住いのお客様より「隅棟の釘が浮いてきている」とご相談いただき、現地調査へ伺いました。隅棟(すみむね)は、下り棟(くだりむね)とも呼ばれており、屋根のてっぺんにある大棟(おおむね)から下方向(四方の角)へ向かって設置されている棟のことです。寄棟や入母屋タイプの屋根にあります。スレート屋...続きを読む

      2022/04/4 鎌倉市長谷のお住まいで棟板金が飛散!貫板やスレート屋根の塗装も劣化しているため屋根カバー工法をご提案

       鎌倉市長谷にお住まいのお客様より、「強風により棟板金が落下してしまったため屋根の状態を確認してほしい」と街の屋根やさんへ屋根の点検調査のご依頼を頂きました。お住まいを建てられてからこれまでの20年の間、大掛かりな外装リフォームをされたことはないそうです。この機会だからと、屋根全体を調査して必要な工...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      鎌倉市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 色:(アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる