屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 大和市中央でマンション屋根のメンテナンス、ガルバリウム鋼板を.....

大和市中央でマンション屋根のメンテナンス、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きで屋根カバー工事

更新日:2020年2月28日

【施工前】

【施工後】

施工内容屋根カバー工法

築年数28年

平米数屋根364.8㎡ 足場797.4㎡

施工期間12日間

使用材料ガルバリウム鋼板

費用448万円

保証10年間

ハウスメーカーハウスメーカー不明

マンションアイコン大型重機屋根カバー工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


マンションやアパートで陸屋根ではなく、傾斜のついた屋根になっている建物も存在します。大和市中央にマンションをお持ちになられているオーナー様よりマンション屋根の屋根材が剥がれてきているとお困りのご相談がございました。築20年以上が経過しているマンションの屋根とのことでした。
調査にお伺いしてみると、勾配は3寸満たない勾配の屋根でした。そして使用している屋根材は、アスファルトシングルとよばれる屋根材でした。アスファルトシングルという屋根材は、勾配が緩すぎる屋根には適しておりません。緩い勾配の屋根面は雨水が滞留しやすく、アスファルトシングルの表面はザラザラとしているため、より雨水が滞留しやすいのです。もちろんすぐに不具合が発生する訳ではございませんが、何年も繰り返されることで緩い勾配の屋根に使用されているアスファルトシングルは、4寸から6寸というよくあるしっかりと勾配のとれている屋根に使用されているアスファルトシングルと比べて、傷み方に大きく違いが出てしまいます。緩い勾配の屋根に使用されているアスファルトシングルの方が剥がれたりちぎれたりすることが早く訪れてしまいます。
今回は調査した大和市中央にマンションも勾配が緩い屋根であったため、剥がれたりちぎれたりした現象が複数個所にわたり起こっておりました。アスファルトシングルが剥がれたりちぎれたりしているところに、新しいアスファルトシングルを切って貼り足しておりましが、切り貼りしても補っていることになはなりません。マンションの屋根の造りによっては雨漏りに繋がる危険性もございます。このように既存の屋根材が傷んでしまったときは、雨漏り繋がる危険性もあるため早めのメンテナンスが必要です。
屋根は仮に勾配が緩かったとしても、屋根面にのった雨水が雨樋までしっかりと流れなくてはなりません。緩い勾配のマンション屋根では、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きが適しております。立平葺きは棟に対して垂直、要は縦方向に葺くタイプの葺き方です。横方向に屋根材の継ぎ目がないため、雨水が雨樋にしっかりと流れやすい特徴がございます。大和市中央のマンション屋根は、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きで屋根カバー工事を行いました。ガルバリウム鋼板の表面の色はギングロという銀色と黒色のちょうど中間色のような色です。
マンションやアパートで陸屋根ではなく、傾斜のついた屋根になっている建物も存在します。大和市中央にマンションをお持ちになられているオーナー様よりマンション屋根の屋根材が剥がれてきているとお困りのご相談がございました。築20年以上が経過しているマンションの屋根とのことでした。
調査にお伺いしてみると、勾配は3寸満たない勾配の屋根でした。そして使用している屋根材は、アスファルトシングルとよばれる屋根材でした。アスファルトシングルという屋根材は、勾配が緩すぎる屋根には適しておりません。緩い勾配の屋根面は雨水が滞留しやすく、アスファルトシングルの表面はザラザラとしているため、より雨水が滞留しやすいのです。もちろんすぐに不具合が発生する訳ではございませんが、何年も繰り返されることで緩い勾配の屋根に使用されているアスファルトシングルは、4寸から6寸というよくあるしっかりと勾配のとれている屋根に使用されているアスファルトシングルと比べて、傷み方に大きく違いが出てしまいます。緩い勾配の屋根に使用されているアスファルトシングルの方が剥がれたりちぎれたりすることが早く訪れてしまいます。
今回は調査した大和市中央にマンションも勾配が緩い屋根であったため、剥がれたりちぎれたりした現象が複数個所にわたり起こっておりました。アスファルトシングルが剥がれたりちぎれたりしているところに、新しいアスファルトシングルを切って貼り足しておりましが、切り貼りしても補っていることになはなりません。マンションの屋根の造りによっては雨漏りに繋がる危険性もございます。このように既存の屋根材が傷んでしまったときは、雨漏り繋がる危険性もあるため早めのメンテナンスが必要です。
屋根は仮に勾配が緩かったとしても、屋根面にのった雨水が雨樋までしっかりと流れなくてはなりません。緩い勾配のマンション屋根では、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きが適しております。立平葺きは棟に対して垂直、要は縦方向に葺くタイプの葺き方です。横方向に屋根材の継ぎ目がないため、雨水が雨樋にしっかりと流れやすい特徴がございます。大和市中央のマンション屋根は、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きで屋根カバー工事を行いました。ガルバリウム鋼板の表面の色はギングロという銀色と黒色のちょうど中間色のような色です。


担当:佐々木


【調査の様子】

マンション屋根のメンテナンス調査

マンションは3階建てで梯子が届かないため、隣接した同じオーナー様がご所有されてるマンションの通路から調査を始めました。

最初は屋根面の色が苔で覆われたような色をしており、苔だらけなのかと思いましたが、これはアスファルトシングルの表面に付着している石粒でした。

表面が緑色に見えるところは、剥がれたところを補修する意味合いで新しいアスファルトシングルを切り張りしたところのようです。

まだ新しいところもあればすでに変色してきているところもあり、以前からアスファルトシングルが剥がれてしまうという現象に悩まされていた様子が伺えます。

 

ボロボロの状態のアスファルトシングル ボロボロの状態のマンション屋根

マンション屋根の表面を近くで見てみると、表面の石粒が無くなってきているところも散見されます。石粒が無くなっているところはアスファルトが露出しており、かなり傷みが進行しているのが分かります。

アスファルトシングルは緩すぎる勾配に使用すると、傷みが早くなる傾向がございます。雨が降り終えたときに雨水が滞留しやすいためです。

滞留する状態が毎回の雨で繰り返されることで傷みが早くなるようです。今回の屋根カバー工事では、ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きと呼ばれる葺き方で仕上げます。

 

 

【施工の様子】

屋根材をマンションの屋根に荷揚げ 屋根材を重機を用いて荷揚げ

大和市中央のこちらのマンションの屋根の広さは、全部で346.8㎡ございます。

346.8㎡に使用する分の新しい屋根材が必要になりますので、まずは346.8㎡分の新しいガルバリウム鋼板製の屋根材を、重機を用いて荷揚げいたします。

マンションの屋根の上に揚げた新しいガルバリウム鋼板製の屋根材は、施工時に運搬しやすいように何箇所かにまとめて置いておきます。

大和市中央のこちらのマンションは、屋根の形状で言うと切妻です。棟を中心に片面ずつ施工していくように進めます。

 

 

【ルーフィング敷設】

ルーフィング敷設 まずは片面のみルーフィング敷設

軒先に雪止め金具が設置されている時は切断して平らな状態にする必要がございますが、大和市中央のこちらのマンションの屋根には、雪止め金具が最初から設置されておりませんでしたので、ルーフィング(防水紙)を敷設することから始めます。

ルーフィング(防水紙)の敷設と同じタイミングで軒先の水切りも固定していきます。軒先の水切りは屋根面を流れてくる雨水を、軒樋にしっかりと落とす役割があります。

ロール状になって納品されるルーフィング(防水紙)を軒先から棟に向かって横方向に転がしながら敷設していきます。

 

 

【屋根材の加工・取付け】

ガルバリウム鋼板曲げ加工 ガルバリウム鋼板取付け

ガルバリウム鋼板を使用した立平葺きを行う際、棟から軒先までの長さを先に確認しておくことが必要となります。

棟から軒先までの長さを確認して現場での工事が始まる前に、工場でその長さに合わせてガルバリウム鋼板を立平葺きで使用できる形にある程度加工してから現場に運びます。

現場で行う切断作業や曲げ作業を極力減らして、新しい屋根材の設置作業に時間を注げるような環境をつくります。

新しいガルバリウム鋼板製の屋根材は、設置・固定する前に横方向に並べて作業がスムーズに進むようにセッティングしておきいます。

 

ガルバリウム鋼板切り詰め ガルバリウム鋼板加工

新しい屋根材の設置作業に時間を注げるような環境をつくりますが、現場で全く切断作業や曲げ作業を行わない訳ではございません。

軒先側と棟側の先端は切断作業や曲げ作業が多少必要となってきます。軒先側は軒先で固定するために、棟側は雨水の侵入を防ぐための返し(かえし)という仕組みを金鋏(かなばさみ)を用いて造っていきます。

板金職人にとっては金鋏は必需品です。日々手入れを怠らずに工具のメンテナンスを欠かしません。手入れのされた工具は、現場での仕上がりやかかる時間という部分に効果を発揮してくれます。

 

ガルバリウム鋼板吹き込み防止立ち上げ ガルバリウム鋼板立上げ面戸

棟の下に納まる先端を、細かく切断して返しの立ち上げを順番に造っていきます。この作業は端から端まで行います。

棟の全長が35.4mございますので、その両面の屋根材の先端を加工しいますので、70.8m分で作業が必要となります。

1枚の幅が455mmなので約155枚分の先端で同じ作業を繰り替えしていきます。この加工を施した箇所は屋根カバー工事がを終わると見えなくなってしまう箇所です。

工事中も全ての箇所を目視で確認してから次の工程に移ります。

 

 

【雪止め取付け・棟納め】

雪止め金具をラインに沿って取付け 雪止め金具取付け

既存のアスファルトシングルだったときは雪止め金具が設置されておりませんでしたが、ガルバリウム鋼板を使用した屋根材は表面がツルっとしているため、万が一積雪のある雪が降った場合に雪止め金具が無いと落下しやすくなってしまいます。

従って大和市中央のこちらの屋根カバー工事では雪止め金具を設置します。横葺きで使用する屋根材では、屋根材を葺きながら雪止め金具を取り付けていきますが、立平葺きは縦葺きなので屋根材を設置し終えてから取付けていきます。

糸を引いてラインを出してそのラインに沿って雪止め金具を取り付けていきます。

 

棟板金を取り付けるための樹脂製貫板の取付け 棟板金取付け

ここまでくると立平葺きの屋根カバー工事は終盤に差し掛かります。棟に棟板金を取り付けるための貫板を固定していきます。

貫板は木製のものもございますが、吹き込んだ雨水により木製の貫板は傷みやすい傾向がございますので、大和市中央で行った屋根カバー工事では樹脂製の貫板を使用いたしました。

棟板金を被せて継ぎ目となる部分にコーキングを打って、棟板金の側面にビスを打ち込んで固定します。

 

 

【完成】

マンションの屋根カバー工事完成

ガルバリウム鋼板製の屋根材を使用した立平葺きを行うときは、事前に屋根の寸法をしっかりと測り、工場で行える作業を先に行っておくことで、屋根の上で行う作業がスムーズに進行します。

屋根の上で板金を加工する作業が減ることになりますので、屋根の上では取付けや固定という作業がメインとなり、現場での作業時間や雨に降られるリスクも減ることになります。

アスファルトシングルの上にガルバリウム鋼板製の立平葺きを行う屋根カバー工事が終わりました。

色はギングロと呼ばれる黒色と銀色の中間色です。屋根が変わるだけでも建物の印象はかなり変わります。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

【一ヵ月点検】

マンション屋根カバー工事の一ヵ月点検

大和市中央にあるマンション屋根の屋根カバー工事が完工して約一か月が経過致しましたので一か月点検でお伺いいたしました。棟の状態も雪止め金具の設置状態も特に問題がなく正常に屋根として機能していることを確認いたしました。雨が降っても全く問題もなく不具合もありませんでした。オーナー様も雨漏りも無く正常に屋根として機能していることに大変安心しておられました。次回点検は1年点検ですのでよろしくお願いいたします。

 

 

 記事内に記載されている金額は2020年03月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト
耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オークリッジスーパー オキニスブラック

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      30年以上
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      大和市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法,その他の工事
      築年数
      13年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市緑区三保町でアーバニーというスレート屋根を調査しました

      2022/12/9 横浜市緑区三保町でアーバニーというスレート屋根を調査しましたNEW

      ウロコの様なスレート屋根を調査しました  横浜市緑区三保町にお住まいのお客様より、屋根の汚れが目立ってきたのでメンテナンスが必要か見てほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根材には魚のウロコのの様な見た目が特徴的な、アーバニーというスレート屋根が葺かれていました。 ...続きを読む

      川崎市麻生区片平でスレート屋根を点検しました

      2022/11/29 川崎市麻生区片平でスレート屋根を点検しました

      築25年程経過したスレート屋根  川崎市麻生区片平にお住まいのお客様より、築25年程が経過して屋根のメンテナンスは何もしていないので、状態の確認と必要な工事の提案をしてほしいというお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根はスレート屋根で葺かれており、ノーメンテナンスということもあ...続きを読む

      横浜市青葉区若草台で築30年のスレート屋根を調査してきました

      2022/11/25 横浜市青葉区若草台で築30年のスレート屋根を調査してきました

      スレート屋根の点検  横浜市青葉区若草台にお住まいのお客様より、屋根カバー工事を考えているので屋根の状態を点検してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根にはアスベスト含有スレート屋根の最後の製品であるニューコロニアルが使われていました。   アスベスト...続きを読む

      お問い合わせバナー