横浜市神奈川区神大寺でスレート屋根のメンテナンス、屋根塗装工事でスレートがより長持ちします

HOME > 施工事例 > 横浜市神奈川区神大寺でスレート屋根のメンテナンス、屋根塗装工.....

横浜市神奈川区神大寺でスレート屋根のメンテナンス、屋根塗装工事でスレートがより長持ちします

更新日:2021年03月19日

【施工前】

【施工後】

施工内容屋根塗装

築年数17年

平米数71.3㎡

施工期間6日間

使用材料サーモアイ4F

費用54.3万円

保証8年間

ハウスメーカーハウスメーカー不明

屋根塗装

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 どの屋根材を使用していたとしても常に紫外線や雨風の影響を受け続けるため傷んでいきます。ある程度のタイミングで塗装を行うことで、表面の塗膜が紫外線や雨風からスレートを護ってくれるようになり、スレートの傷みの進行を遅くするしてくれます。しかし、いつでも塗装が可能という訳ではございません。傷み過ぎてしまうと、塗装のしても効果が十分に発揮されません。特にスレートがボロボロとした傷み方の場合は塗装が難しくなります。
 スレートをより長持ちさせたいときは、メンテナンスとしてタイミング良く屋根塗装工事を行う必要があります。横浜市神奈川区神大寺にお住いになられているW様のお宅のスレート屋根は、過去に塗装を行っておりましたが、すでに10年以上が経過しておりました。アスベストが含まれているスレートであるためひび割れや亀裂は殆ど見られませんでしたが、表面から傷み始めておりました。苔も非常に多く付着しており美観としても損なわれている印象を受けました。
 今後も現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望により、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 亀裂やひび割れが極端に多くなく、傷み方もボロボロとしていない場合は、塗装でのメンテナンスが可能なことが多いです。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査をしてみてください。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市神奈川区神大寺W様のお宅で行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料、これは遮熱塗料のことを言います。屋根材に入る熱量を減らす効果があります。その中でも一番グレードの高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。
 スレートに塗装をすることで表面からの雨水の浸透や紫外線からの保護が出来るようになりますので、その分スレートも長持ちしやすくなります。
 気温が低下して乾燥しやすい時期になり新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。
 どの屋根材を使用していたとしても常に紫外線や雨風の影響を受け続けるため傷んでいきます。ある程度のタイミングで塗装を行うことで、表面の塗膜が紫外線や雨風からスレートを護ってくれるようになり、スレートの傷みの進行を遅くするしてくれます。しかし、いつでも塗装が可能という訳ではございません。傷み過ぎてしまうと、塗装のしても効果が十分に発揮されません。特にスレートがボロボロとした傷み方の場合は塗装が難しくなります。
 スレートをより長持ちさせたいときは、メンテナンスとしてタイミング良く屋根塗装工事を行う必要があります。横浜市神奈川区神大寺にお住いになられているW様のお宅のスレート屋根は、過去に塗装を行っておりましたが、すでに10年以上が経過しておりました。アスベストが含まれているスレートであるためひび割れや亀裂は殆ど見られませんでしたが、表面から傷み始めておりました。苔も非常に多く付着しており美観としても損なわれている印象を受けました。
 今後も現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望により、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 亀裂やひび割れが極端に多くなく、傷み方もボロボロとしていない場合は、塗装でのメンテナンスが可能なことが多いです。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査をしてみてください。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市神奈川区神大寺W様のお宅で行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料、これは遮熱塗料のことを言います。屋根材に入る熱量を減らす効果があります。その中でも一番グレードの高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。
 スレートに塗装をすることで表面からの雨水の浸透や紫外線からの保護が出来るようになりますので、その分スレートも長持ちしやすくなります。
 気温が低下して乾燥しやすい時期になり新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。


担当:佐々木


【調査の様子】

スレートの表面 スレートが傷み始めている

 過去に塗装をしていても、その塗膜が劣化してくると雨水を弾かなくなりますので、雨が降った際に雨水がスレートにどんどん浸透するようになります。スレートに雨水が浸透していくと傷みの進行がはやくなりますので、元々傷んでいたことで塗装をしたスレートですから、より今まで以上に傷み出すことに繋がります。

 明るい緑色に塗られていたスレートの表面の中で、黒くなっているいる部分は、より塗膜が劣化してしまっている箇所です。このスレートを長持ちさせていくならば、やはり屋根塗装は不可欠な状態でした。

 

 

【施工の様子】

塗装前にスレートの表面を洗浄 塗装前にスレートの表面を高圧洗浄機で洗い流す

 スレート屋根を塗装するときは、塗装したときのスレートと塗膜の密着を向上させるためにスレートの表面を綺麗な状態にします。高圧洗浄機を使用して苔や汚れ、そして表面の脆弱な部分を洗い落としていきます。

 過去に塗装して造られている塗膜で付着の弱くなっている箇所もありますので、水圧を利用して剥がしていきます。軒先などの付着した苔や汚れは、ワイヤーブラシや真鍮ブラシなどを使用して落としていきます。

 

板金部分の表面をケレン 塗料の食い付きを良くするためにケレン

 スレート部分は高圧洗浄機の水圧で綺麗にしますが、板金部分はそれだけでは終わりません。サンドペーパーなどを用いて板金表面を目荒ししていきます。棟板金やケラバ、谷、雨押えなどの板金が使用されている部分は目荒しが必要となります。ケレンと呼ばれる作業ですが、板金部の塗料の食いつきを良くするために行います。

 塗装工事のおきましては、養生を含めた洗浄やケレンといった作業が重要になります。塗装を行う前の下準備として欠かせない作業です。

 

ベスコロフィラーHG スレート屋根の下塗り

 スレート屋根塗装では塗料の取扱説明書通りに行っていきますが、ほとんどの塗料は3回塗る工程となっております。洗浄やケレンといった下準備が終わって初めて塗りの工程に入っていきます。

 今回使用する日本ペイントさんのサーモアイ4Fも、下塗り材1回、上塗り材で2回塗で計3回塗る工程です。白く塗られているが下塗りです。屋根は一度下塗り材を塗ることで真っ白になります。既存の明るい緑色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。

 

亀裂をコーキングで埋める スレートをコーキング補修

 下塗り材にはスズカファインさんのベスコロフィラーHGを使用しております。塗った後が膜厚に仕上がるため、スレートが傷んでいてもスレートに塗っているというよりは、ベスコロフィラーHGに塗っている印象です。膜厚に仕上がるためスレートの傷みに干渉されず上塗り材を塗ることが可能なので付着も良くなります。また、中塗りの段階でも上塗りした後のような綺麗な艶が出ます。それだけ上塗り材の被りも良好ということです。

 下塗り乾燥後は、スレート上下の重なり部分で目詰めりが激しい箇所に向かって皮すきやカッターを差し込んで縁切りを行います。そしてひび割れている箇所が数箇所ございましたので、コーキング材を使用して補修を行います。

 

カワスキで縁切り タスペーサーの差し込み

 縁切りやタスペーサーは工程として必要な作業です。塗料の取扱説明にも記載されている作業です。スレート屋根は強風や大雨などの想定外の雨が降ったときに、構造上屋根材の下に入り込みます。入り込んだ雨水を排出するための出口を造る作業となります。縁切りやタスペーサーの差し込みを行うことで、スレートとスレートの合わさって部分に雨水が溜まりづらくなり、スレートの傷みの進行を遅らせることに繋がります。

 

サーモアイ4F中塗り 中塗り中の写真

 下塗り材の乾燥を確認してから中塗りを行って参ります。上塗り材は日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。ラジカル制御形の塗料で、サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料と呼ばれる遮熱塗料です。屋根材に入る熱量を減らす効果があり、サーモアイシリーズの中で一番グレードの高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。

 屋根材に入る熱量を減らす効果があり、遮熱効果の無い塗料と比べると屋根材の傷みの進行を遅らせる効果を持っております。遮熱効果で屋根材の傷みの進行を遅らせるて、尚且つと2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しておりますのでとてもナイスな塗料です。

 

サーモアイ4F上塗り 上塗りは仕上げ

 サーモアイ4Fは中塗りしてから上塗りするまでに最低でも3時間以上は間を開けなくてはなりません。中塗りした塗料が乾燥していることを確認した後で再びサーモアイ4Fで上塗りしていきます。

 しっかりと反射させることは屋根用塗料にとってはとても重要なことで、下塗りベスコロフィラーHGを使用していることもあって中塗りをした段階でもビカビカになります。上塗りが乾燥した状態を見てみると、しっかりと反射してくれているのがよく分かります。

 

【完成】

サーモアイ4F屋根塗装完成

 横浜市神奈川区神大寺W様のお宅のスレート屋根塗装工事が完成いたしました。調査時の写真と比べてみると同じ屋根とは思えません。全く違う屋根を見比べているように感じます。撮影した日の天候は曇りでしたが、それでも太陽の見えない曇り空の明るさだけでも艶をしっかりと感じることが出来ます。

 今回使用したサーモアイ4Fの色はクールネオスカイブルーという色です。元々は明るい緑色でしたが、本当に雲一つない青空のようなブルーに仕上がりました。ここまで青い屋根は周囲を見渡してもございませんでしたのでよく目立っておりました。横浜市神奈川区神大寺W様もとてもお喜びのご様子でした。

 

 

【ドローン撮影】

仕上がりをドローン撮影

 仕上がった屋根をドローンを使用して撮影してみます。周囲の屋根も含めて見てみるとクールネオスカイブルーが際立って見えますね。屋根の上から撮る写真も良いですが、こうやって屋根全体を撮ってみるとより工事を行った感じが分かると思います。

 ドローンでの点検は、屋根全体を上空から捉えることが可能なため、「屋根の状態が一目で把握せきるため分かりやすい」とお客様からもご好評いただいております。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 記事内に記載されている金額は2021年03月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

横浜市神奈川区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

外壁塗装, 屋根塗装

お問い合わせ内容

横浜市神奈川区のU様
お住まいのメンテナンスについてご相談をいただき、遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装、ラジカル制御型塗料パーフェクトトップで外壁塗装工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
 どんな屋根であっても、定期的なメンテナンスやリフォームが欠かせません。 雨漏りなどの被害を経験する前に、「普段の屋根の手入れが重要だったんだな」と後悔する前に、屋根のメンテナンスを実施して、大切なお住まいを守りましょう。 このページでは、スレート、瓦、金属屋根ごとの寿命の見積もりとメンテナンスの手…続きを読む
 建築用塗料において近年、注目されている技術がラジカル制御。塗膜を劣化させる大きな要因は紫外線によって発生したラジカルによる酸化還元反応です。このラジカルを発生しにくく、発生したとしても安定剤で封じ込めてしまう屋根塗装用塗料がファインパーフェクトベストなのです。  お家の中で最も過酷な環境に晒されて…続きを読む
下地調整と下塗りが一度で可能 厚膜を形成し、塗装面を良好に 上塗り後、良質な艶を形成  傷んだ屋根材を塗装できる状態にまで甦らせる下塗りに普通のシーラーを使った場合2016年本来であれば屋根カバー工事を行った方が良い屋根だが、予算の関係で塗装を実施。2019年塗装が剥がれてしまい屋根リフォー…続きを読む
 「屋根塗装にどの塗料が最適か悩む!」 そこで、街の屋根やさんがこれまでの実績と経験に基づいて本当におすすめできる、優れた屋根塗装用の塗料を厳選しました。 塗料の選択に困っている方は、ぜひこれを参考にしてくださいね! 塗料のご紹介日本ペイント サーモアイシリーズ屋根塗装をするならぜひ検討し…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。 これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メンテ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      20年以上
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト ライトグレー

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ファインSi (インディアンレッド)、ファインパーフェクトベスト(赤さび)

      横浜市神奈川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      同じ工事のブログ一覧

      チョーキング現象は塗装メンテナンスを必要としているサイン!具体的な症状や塗膜の劣化が招く悪影響を徹底解説!

      2024/02/28 チョーキング現象は塗装メンテナンスを必要としているサイン!具体的な症状や塗膜の劣化が招く悪影響を徹底解説!NEW

       屋根や外壁の塗装メンテナンスを推奨される頻度は材料・使用される塗料によって変動します。  例えば、スレート屋根材であれば10年に一度、ガルバリウム鋼板屋根材であれば15年に一度がおおよその目安と言われています。  しかし、塗装メンテナンスを必要とする頻度は、お住まいの立地・環境によっても変...続きを読む

      横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いました

      2024/02/27 横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いましたNEW

      スレート屋根の点検  横浜市青葉区寺谷町にお住まいのお客様より、築30年で屋根は一度塗っているがそろそろ塗装の時期かと思ったので状態を見て欲しいと思い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。      屋根はニューコロニアルというアスベスト含有スレートで葺かれ...続きを読む

      モニエル瓦とは?塗装が必要な理由や塗装の劣化を原因とした症状を詳しくご紹介!

      2024/02/27 モニエル瓦とは?塗装が必要な理由や塗装の劣化を原因とした症状を詳しくご紹介!

       モニエル瓦は、「瓦」でありながら塗装メンテナンスが必要な屋根材として知られています!  それでは、いったいなぜ塗装が必要なのでしょうか(・・?  このページではモニエル瓦の特徴と併せて、モニエル瓦に塗装が必要な理由と塗膜の劣化進行を原因とした症状を詳しくご紹介いたします(^^)/  現在...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!