屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市金沢区釜利谷東で傷み始めたスレートをメンテナンス、サー.....

横浜市金沢区釜利谷東で傷み始めたスレートをメンテナンス、サーモアイ4F(クールマルーン)でピカピカな仕上がり

更新日:2021年5月26日

【施工前】

【施工後】

施工内容屋根塗装

築年数15年

平米数82.4㎡

施工期間5日間

使用材料サーモアイ4F(クールマルーン)

費用47.6万円

保証7年間

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン遮熱塗料屋根塗装

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 屋根に使用している材料でメンテナンスが必要とならないもの殆どありません。特に近年使用されていることが多いスレートは、築年数の経過ともに塗装でのメンテナンスが必要となります。スレートは屋根に使用し始めてから常に紫外線や雨風の影響を受け続けるため傷んでいきます。傷み過ぎる前のタイミングで塗装を行うことで、表面の塗膜が紫外線や雨風からスレートを護ってくれるようになり、スレートの傷みの進行を遅くするしてくれます。塗膜が雨水を弾いてくれて太陽の光や紫外線の影響をスレート自体が受けないようになります。逆に塗装しないで経過していくと、傷み過ぎて塗装のしても効果が十分に発揮されません。特にスレートがボロボロとした傷み方の場合は塗装が難しくなってしまいます。
 スレートをより長持ちさせるためには、メンテナンスとしてタイミング良く屋根塗装工事を行う必要があります。タイミング良くというのはあまり傷んでいない状態ということです。横浜市金沢区釜利谷被害にお住いになられているS様のお宅のスレート屋根は、建てられてから15年以上が経過しておりました。これまでも塗装をされていなかったということで、15年間メンテナンスをしてない状態にあるということになります。
 これからも出来ることなら現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望があり、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 状態としては亀裂やひび割れが極端に少なく、傷み方もボロボロとしておりませんでしたので、塗装でのメンテナンスが可能でした。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査を受けることをおすすめいたします。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市金沢区釜利谷東S様のお宅で行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料、これは遮熱塗料のことを言います。屋根材に入る熱量を減らす効果があります。その中でも一番グレードの高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。
 スレートに塗装をすることで表面からの雨水の浸透や紫外線からの保護が出来るようになりますので、その分スレートも長持ちしやすくなります。
 変異種の種類も増えてきたこともあり新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。
 屋根に使用している材料でメンテナンスが必要とならないもの殆どありません。特に近年使用されていることが多いスレートは、築年数の経過ともに塗装でのメンテナンスが必要となります。スレートは屋根に使用し始めてから常に紫外線や雨風の影響を受け続けるため傷んでいきます。傷み過ぎる前のタイミングで塗装を行うことで、表面の塗膜が紫外線や雨風からスレートを護ってくれるようになり、スレートの傷みの進行を遅くするしてくれます。塗膜が雨水を弾いてくれて太陽の光や紫外線の影響をスレート自体が受けないようになります。逆に塗装しないで経過していくと、傷み過ぎて塗装のしても効果が十分に発揮されません。特にスレートがボロボロとした傷み方の場合は塗装が難しくなってしまいます。
 スレートをより長持ちさせるためには、メンテナンスとしてタイミング良く屋根塗装工事を行う必要があります。タイミング良くというのはあまり傷んでいない状態ということです。横浜市金沢区釜利谷被害にお住いになられているS様のお宅のスレート屋根は、建てられてから15年以上が経過しておりました。これまでも塗装をされていなかったということで、15年間メンテナンスをしてない状態にあるということになります。
 これからも出来ることなら現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望があり、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 状態としては亀裂やひび割れが極端に少なく、傷み方もボロボロとしておりませんでしたので、塗装でのメンテナンスが可能でした。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査を受けることをおすすめいたします。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市金沢区釜利谷東S様のお宅で行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料、これは遮熱塗料のことを言います。屋根材に入る熱量を減らす効果があります。その中でも一番グレードの高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。
 スレートに塗装をすることで表面からの雨水の浸透や紫外線からの保護が出来るようになりますので、その分スレートも長持ちしやすくなります。
 変異種の種類も増えてきたこともあり新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。


担当:佐々木


【調査の様子】

スレートの表面が劣化している ひび割れ始めたスレート

 スレートの表面は太陽の光が当たりづらい北面に苔が発生しやすいのですが、方角関係なく全体的に苔が付着している状態でした。苔が繁殖しやすい環境に建てられていることも考えられますが、屋根全体で苔が付着しているところを見るとスレートの古さを感じます。

 スレートは元々、太陽の光や紫外線の影響に耐えるために表面が加工されておりますが、その表面が劣化してくると苔が付着しやすくなると言われております。また、細かいひび割れが複数存在しておりました。スレートの表面が劣化すると、雨水を吸いこむようになりますので、吸い込んだ分だけスレート自体み傷んでいくということです。横浜市金沢区釜利谷東S様お宅のスレート屋根は、塗装でのメンテナンスが必要な状態でした。

 

 

【施工の様子】

雨の中高圧洗浄 高圧洗浄機でスレートの表面を洗い流す

 スレート屋根を塗装するにあたりやっておかなければならないことがあります。っそれは塗装したときのスレートと塗膜の密着を向上させるためにスレートの表面を綺麗な状態にすることです。高圧洗浄機を使用してスレートに水圧を当てて苔や汚れ、そして表面の脆弱な部分を洗い落としていきます。

 高圧洗浄機からの水圧やしぶきの水分が含まれることで、オレンジ色だった苔が緑色になっているのが分かります。やはり水分が含まれた苔は踏むと滑りやすく、特に勾配のある屋根面ですので屋根での移動は注意が必要になります。洗浄が終わったところは比較的歩きやすいので、洗浄したところに足を載せながら進んでいきます。

 

ベスコロフィラーHGで下塗り中 下塗りは大切な工程

 スレート屋根を洗浄した後は、そのまま屋根全体を乾燥させます。洗浄が終わったばかりの表面は茶色だったと思いますが、乾燥すると白っぽくなります。今回使用する日本ペイントさんのサーモアイ4Fも、下塗り材1回、上塗り材で2回塗で計3回塗る工程です。白く塗られているが下塗りです。屋根は一度下塗り材を塗ることで真っ白になります。既存の明るい緑色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。

塗料はどれも同じように見えますが、それぞれ塗布量や乾燥時間に違いがあります。使用する塗料の取扱説明書通りに行っていきますが、ほとんどの塗料は3回塗る工程となっております。洗浄やケレンといった下準備が終わって初めて塗りの工程に入っていきます。

 

ひび割れにコーキング材を打つ コーキング材でひび割れを埋める

 スレートが真っ白くなっているのは、下塗り材を塗っているからです。下塗り材は対象物と上塗り材を間を取り持つ塗料です。対象物の違いにより下塗り材を変更する必要のあるケースもあります。またスレートの傷み具合によっても変更する必要のあるーケースもあります。ひび割れや亀裂に関してはコーキング材を埋めて整えます。

 下塗り材にはスズカファインさんのベスコロフィラーHGを使用しております。塗った後が膜厚に仕上がるため、スレートが傷んでいてもスレートに塗っているというよりは、ベスコロフィラーHGに塗っている印象です。膜厚に仕上がるためスレートの傷みに干渉されず上塗り材を塗ることが可能なので付着も良くなります。また、中塗りの段階でも上塗りした後のような綺麗な艶が出ます。それだけ上塗り材の被りも良好ということです。

 

棟板金の表面をケレン スレート上下の重なりにタスペーサーを差し込む

 スレート屋根にはスレート以外にも使用している部材があり、板金で造られているところもあります。スレート部分は高圧洗浄機だけで濡れる状態になりますが、板金部分はそれだけでは終わりません。サンドペーパーなどを当てて板金表面を目荒ししていきます。板金部の塗料の食いつきを良くするために、棟板金やケラバ、谷、雨押えなどの板金が使用されている部分は目荒しが必要となります。

 スレート部分は塗り工程に入る前にもう一つ工程があります。縁切りやタスペーサーは工程として必要な作業です。スレートを塗る際の塗料の取扱説明にも記載されている作業です。スレート屋根は強風や大雨などの想定外の雨が降ったときに、雨水が構造上屋根材の下に入り込みます。入り込んだ雨水を排出するための出口を造る作業となります。塗装をしたときに上下の重なりは塗料で目詰まりしてしまうので、縁切りやタスペーサーの差し込みを行うことで、スレートとスレートの合わさって部分に雨水が溜まりづらくなり、スレートの傷みの進行を遅らせることに繋がります。

 

ベスコロフィラーHGの上からサーモアイ4Fを中塗り サーモアイ4Fのクールマルーン

 下塗り材の乾燥を確認してから次の中塗りを行って参ります。中塗りは上塗り材を2回塗るうちの1回目です。上塗り材は日本ペイントさんのサーモアイ4Fです。サーモアイシリーズは屋根用髙日射反射率塗料と呼ばれる遮熱塗料です。屋根材に入る熱量を減らす効果があり、いくつかあるサーモアイシリーズのグレードの中で一番高いのが2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しているサーモアイ4Fです。

 屋根材に入る熱量を減らす効果があり、遮熱効果の無い塗料と比べると屋根材の傷みの進行を遅らせる効果があります。遮熱効果で屋根材の傷みの進行を遅らせて、尚且つと2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂を使用しておりますのでとても気の利いた塗料といえます。

 

サーモアイ4Fのクールマルーンで上塗り サーモアイ4Fのクールマルーンの仕上がり

 サーモアイ4Fは中塗りしてから上塗りするまでに最低でも3時間以上は間を開けなくてはなりません。中塗りした塗料が乾燥していることを確認した後で再びサーモアイ4Fで上塗りしていきます。

 しっかりと反射させることは屋根用塗料にとってはとても重要なことで、下塗りベスコロフィラーHGを使用していることもあって中塗りをした段階でもビカビカになります。上塗りが乾燥した状態を見てみると、しっかりと反射してくれているのがよく分かります。

 

 

【完成】

綺麗に艶が出ていて施工完了

 青空の下でみるとスレートの1枚1枚がピカピカに見えます。横浜市金沢区釜利谷東S様のお宅のスレート屋根塗装工事が完成いたしました。表面が薄暗く汚れていてオレンジ色の苔が付着した施工前の状態をイメージしても思い出せないくらい印象が変わりましたね。

 今回使用したサーモアイ4Fの色はクールマルーンという色です。マルーンは暗い茶色から、紫がかった赤にかけての色。一般的には赤と黒の中間に位置する色と言われております。栗色とも言われております。外壁の色にマッチしていて外観のイメージ全体が変わった印象を持ちました。

 

 

【ドローン撮影】

とても綺麗なマルーン

 ドローンを飛行させて仕上がった仕上がった屋根を撮影してみます。横浜市金沢区釜利谷東S様のお宅だけを見ていても綺麗に見えますが、周囲の屋根と比較しても光って見えるのが分かります。屋根の上から撮る写真も良いですが、こうやって屋根全体を撮ってみるとより工事を行った感じが分かると思います。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      20年
      使用材料
      サーモアイSi、棟板金交換

      横浜市金沢区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17年
      使用材料
      IG工業:スーパーガルテクト 
      色:Sシェイドブラック


      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      7年
      使用材料
      ヨネキン ガルバリウム鋼板 色:ブラウン


      同じ工事のブログ一覧

      平塚市松風町にて屋根調査 金属屋根の塗膜が剥がれメンテナンスの時期を迎えています

      2022/05/23 平塚市松風町にて屋根調査 金属屋根の塗膜が剥がれメンテナンスの時期を迎えています

       平塚市松風町にお住いのお客様より、屋根の色あせなどが気になるようになったということで点検のご依頼をいただき調査へ伺いました。外壁の苔なども気になってきたと仰せで、屋根と併せて塗装を検討されたいと仰せでした。足場が必要なメンテナンスを行われる場合、近い将来メンテナンスが必要になる部分も併せて行われる...続きを読む

      横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

      2022/05/20 横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

       横浜市神奈川区六角橋にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。別の業者さんにも見てもらったとのことですが、棟板金を踏んだ跡がありました。まともな業者さんなら踏まない部分です。  屋根を確認したところ、使われている屋根材...続きを読む

      横浜市港北区師岡町にてスレート屋根の点検をしました

      2022/04/26 横浜市港北区師岡町にてスレート屋根の点検をしました

       横浜市港北区師岡町にお住まいのお客様より、前回塗装をしてから10年以上が経過したため、メンテナンスの塗装を考えているとご相談をいただき、現地にお伺いしてきました。屋根はクボタ(現:ケイミュー)製のニューコロニアルが使われていました。一昔前までは建材にアスベストを使うことは当たり前でしたが、こち...続きを読む

      お問い合わせバナー