屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市神奈川区で雨漏りの原因はこんなところにあります

横浜市神奈川区で雨漏りの原因はこんなところにあります

更新日:2017年2月4日

横浜市神奈川区で雨漏りの調査をおこないました。雨漏りの原因は、簡単に原因が分かる場合と、なかなかわかりにく場合があります。原因を特定するのが非常に難しく、その原因も一箇所だけとは限りません。経年劣化もあれば施工不良や地震などでの建物の歪みが原因の事もあります。どこから雨水が入ってどこを流れて出てくるのかをしっかりと見極める必要があります。今日は、雨漏りの原因のなかでも非常にわかりやすい部分をお伝えします。

全然関係ないのですが、夕方にアクアラインを通っていてあまりにも夕焼けが綺麗だったので、海ほたるから撮影しました。夕焼けと富士山と羽田に向かう飛行機がとっても綺麗でした。看板がなければもっと良かったのに。さて、雨漏りの原因を調べるために、職人さんと一緒に伺ったのですが、恥ずかしがり屋の職人さんで、カメラを向けると逃げられてしまいました。

屋根からの雨漏りの原因で非常に多いのは、屋根材の下に葺いてある防水紙の劣化です。屋根は、屋根材と防水紙で2段階の防水をしているのですが、瓦などの屋根材に傷みが無いのに雨漏りしている場合は、防水紙が裂けたり切れたりしている事が多いんです。防水紙の寿命は大体20年~25年なので、新築からのそのくらいの年数が経っている建物は、現在雨漏りしていなくても注意が必要です。

こちらはスレート屋根です。スレート屋根は10年に一度くらい塗装工事のメンテナンスが必要なのですが、塗装工事をした事で雨漏りしてしまう事があります。それは、スレートとスレートの重なりが塗料によって塞がってしまう為です。スレートの重なり部分は、屋根材の裏側に水が回る造りになっていて、入っていった雨水の抜け道がスレートの重なりなんです。ここが塗料で塞がってしまうと、雨水の抜け道が無くなってしまいスレートを固定している釘穴や経年で傷みが出ている防水紙の隙間などから天井裏に雨漏りしてしまいます。せっかく屋根を綺麗にしたのに雨漏りしてしまうと、折角の工事が台無しですよね。この様にならない為にはスレートの隙間を確保する必要があり、縁切り材のタスペーサーを差し込んでから塗装をしたり、重なり部分に切れ目を入れたりします。

バルコニーの笠木回りも雨漏りの原因になりやすい部分です。写真の笠木は結構サビが出ていて板金に穴があいている状態でしたので、原因を突き止めるのは簡単でしたが、笠木の上に手すりが乗っている造りだったり、笠木のジョイント部分などから雨漏りする事が多いのが特徴です。また、笠木の下に防水処理がしてあるかも重要な要素です。外してみないとわからないのですが、笠木は防水の補助材という位置づけですので、笠木を新しくするだけでは原因を止めたことにはなりません。笠木の下の防水処理の確認は必須です。もし何もしていなければ、防水層を設けるか防水紙とコーキングなどで壁の中への雨漏りの浸入を防ぎます。

あとは、屋上の防水の劣化です。木造住宅ではあまり平らな屋上(陸屋根)を造る事はしませんが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物だと結構多い造りです。防水にも種類があり、アスファルト防水、シート防水、FRP防水、ウレタン防水が一般的は防水の種類です。こちらの建物はシート防水が施工してあるのですが、立上りやフェンスの架台部分など複雑な納まりの所が切れたり剥がれたりしている様で、シート防水のしたに雨水が侵入していました。

シートが膨らんでいるのがわかりますが?手で押すと、タプタプと雨水が結構溜まっていました。一度入ってしまうと抜け道がありませんので、階下に雨漏りとして現れてしまいます。ご紹介した雨漏りの原因は、比較的特定がしやすい部分です。色々調べたり、散水試験で水をかけても原因が特定出来ない場合も沢山あります。しかし、雨漏りを放置しておくと、建物の構造材(柱や梁など)が腐ってしまったり、重大な問題に繋がってしまいます。雨漏りの原因は一箇所とは限りませんので、しっかりと調査をおこなって、適切な工事をしていきましょう。

雨漏りでお困りの方は、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2017年05月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市神奈川区のその他のブログ

      2022/10/28 横浜市神奈川区松ケ丘で築30年のスレート屋根を点検しました

      築30年の屋根の点検 横浜市神奈川区松ケ丘にお住まいのお客様より築30年で何もメンテナンスをしていないので状態の確認と必要な工事の見積をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。近くに雑木林のようなものがあり、苔の発生などが顕著に見受けられました。屋根材は松下電工(現:パナソニ...続きを読む

      2022/10/18 横浜市神奈川区平川町にて、不具合を指摘された屋根の調査を実施しました

      屋根の不具合を指摘された 横浜市神奈川区平川町にお住まいのお客様より、隣で工事をしていた業者から屋根に不具合があるので工事をした方がいいと進められたが、本当かどうか見てほしいとのことでした。早速調査をと思って屋根に登った瞬間に雨が降り始めたので、写真だけ急いで撮影して降りてきました。欠けはありました...続きを読む

      2022/09/23 横浜市神奈川区神大寺で古くなってきたという屋根を調査。スレートの黒ずみや苔は塗装のサインです

       横浜市神奈川区神大寺で屋根が古くなってきたように感じるとお客様よりご相談をいただきました。築年数は17年ほどで、遠目から見ると明らかに色褪せてしまっていることがわかるそうです。まずは現地調査をさせていただき、お住まいの状態やメンテナンス方法について詳しくお伝えさせていただきます! 現地にお伺いし、...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市神奈川区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2022/12/21 横浜市旭区上白根では天窓廻りからの雨漏り調査、室内の木枠に腐食や白カビが繁殖している時はメンテナンスをしましょう

        横浜市旭区上白根にお住まいのK様邸ではお二階にある天窓があるお部屋へ雨が降ると雨が垂れて来るとの事で原因特定の為にはどうしたらいいかとご相談を頂きました。 築25年程、屋根に関しては何もメンテナンスをされていないとの事ですので、天窓からの雨漏りの原因は複数の要因が絡み合っている可能性があります。...続きを読む

      2022/11/2 横浜市港北区篠原町にて天窓からの雨漏り発生、原因は経年劣化による本体の歪みや取合いのシーリングです

       横浜市港北区篠原町にて、室内に雨漏りしているので一度見に来てほしいと私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。築年数30年前後とのお話で、数年前に中古物件として購入してお住まいになられていらっしゃるとの事でした。さっそく現地にお伺いさせて頂き、雨漏りの原因を特定致します。 新型コロナウィルス感染...続きを読む

      2022/11/1 藤沢市善行にてスレート屋根調査。縁切り不足と天窓のシーリング劣化によって雨漏りが発生していました

       藤沢市善行にお住まいのお客様より、屋根の状態が気になると点検のご依頼をいただきました。私たち街の屋根やさんでは無料で点検やお見積りを承っておりますので、まだ工事を行うかわからないという方もお気軽に無料点検をご活用ください。 お客様と現地調査の日程を調整させていただき、早速現地へお伺いしました。改め...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約30年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ボルドーレッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる