屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市幸区で強風により雨漏りと雨樋破損

川崎市幸区で強風により雨漏りと雨樋破損

更新日:2017年2月23日

川崎市幸区で雨漏りでお困りの方のお問い合わせです。風が強いのが一日だけで終わるかと思いきや、3日間強風が続いていて結構色々なところで被害が出てきています。本日伺ったお客様も強風によって屋根の一部が破損して雨漏りしてしまったというお問い合わせのお客様でした。

伺った時は、結構風が強くて雨も強くなってきていました。一番最初に気になったのは、落っこちてしまった雨樋でした。半月という断面が半丸の雨樋が吊ってありましたが、強風によって外れてしまい、完全に落ちてしまっていました。吊り込み金具はかろうじてくっついていましたが、曲がったり外れかかったりしていましたので、交換が必要です。強風で建物が破損していた場合、加入されている火災保険の『風災』を使うことが出来ます。風災とは、風による被害という事で、強風によって被害が起きてしまった部分を火災保険の風災を利用して元通りに直す事が出来ます。但し、風災が適用されるのは、瞬間最大風速20m/秒の風が吹いた場合になります。20日も21日も瞬間最大風速20m/秒以上の強風が吹いていますので、火災保険が適用される被害となります。皆さんの建物で先日の強風によってどこか破損した部分がありましたら、是非一度ご加入の火災保険の内容を確かめてみてください。火災保険を使って自己負担がなく元通りに直せる可能性があります。

こちらは玄関ドアですが、ここも雨樋の破損によって被害が出た部分です。ドアの破損は、今回の強風とは違いますが、原因は雨樋が破損してしまった事です。雨樋が外れてどこかへ飛んでいってしまったので、屋根の上の雨水がバシャバシャと落っこちてしまい、跳ねた雨水がドアへと跳ねてしまった為に、下の部分が腐ってしまい開け閉めに支障をきたす様になってしまった様です。木製の骨組みのドアですので、腐った部分を直さないといけませんが、こもドア本体の造りは部分的な補修が出来ませんので、ドア本体の交換が必要になります。枠周りは歪みもないので、ドアの交換で問題なく元どおりに直す事が出来ます。たかが雨樋の破損と思われるかもしれませんが、外れた事によって他の部分に影響が出る場合がありますので、そのままにせずに早急に対処をしていきましょう。その際は、ご加入の火災保険を最大限に利用していきましょう。川崎市幸区のお客様も、火災保険で強風の被害の雨漏りや雨樋の破損が直せるとは思っていなかった様で、火災保険を使ったご提案にホっとされていました。

雨漏りでお困りの方は、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

 

 記事内に記載されている金額は2020年03月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      川崎市幸区のその他のブログ

      2022/09/17 川崎市幸区小倉にて層間剥離が発生している屋根を調査しました

       川崎市幸区小倉にお住いのお客様より、屋根と外壁のメンテナンスを検討中とのことでご相談いただきました。屋根はスレート屋根のパミールでした。既に層間剝離が発生している状態でしたので、早めの対応が必要な状況でした。今回は、屋根の点検結果についてご報告します。屋根の状態  屋根全体に層間剥離(そうかんはく...続きを読む

      2022/06/17 川崎市幸区南幸町にてニチハ・パミールのスレート屋根の調査依頼をお問い合わせいただきました

      川崎市幸区南幸町にてスレート屋根が劣化していました 川崎市幸区南幸町にてお問い合わせをいただきましたお客様のお住まいはニチハ・パミールの屋根材を使用しているとのお話でした。この屋根材は劣化がとても早く7年程度で徐々に劣化が始まり、10年経つ頃にはボロボロになってしまう屋根材です。その劣化の仕方や速さ...続きを読む

      2021/10/19 川崎市幸区下平間にてスレート屋根からカバー工法で金属屋根へ、見えないところも安心部材

       川崎市幸区下平間にお住まいのお客様より、屋根の点検をご依頼いただき現地調査へ伺いました。2018年・2019年と台風を経験され、メンテナンスをする際には、安心できる屋根にしたいと思われていたそうです。屋根の色あせが気になりだした頃、近くで工事されていた業者さんから棟板金が浮いているとの指摘をされ、...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市幸区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      約築20年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製 棟板金
      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築18年
      使用材料
      コロニアルクァッド

      その他の施工事例一覧→

      雨樋工事を行った現場ブログ

      2022/11/20 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況    横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原...続きを読む

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      2022/07/11 伊勢原市池端にて破損した雨樋と屋根の調査 塗膜剥がれは屋根の劣化が加速します

       伊勢原市池端にお住いのお客様より「雨樋が外れてしまった」とのご連絡があり現地調査へ伺いました。以前より破損があり、強風の際にはずれてしまったそうです。雨樋は、塩化ビニール素材のものが多く使用されています。塩ビと似ていますが、紫外線による劣化に対する処理を施し耐久性を高めてた「合成樹脂」も多くなって...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨樋工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約25年
      使用材料
      オーウェンスコーニング
      オークリッジスーパー
      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ケイミューコロニアル遮熱グラッサ 色:クールブラウン 
      軒樋:積水化学工業 ∑90

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる