屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 川崎市中原区のお客様から屋根葺替え時の防水紙について質問があ.....

川崎市中原区のお客様から屋根葺替え時の防水紙について質問がありました

更新日:2017年3月12日

 川崎市中原区で屋根の調査をおこないました。屋根材が古くなってきたので葺き替え工事を検討されているのですが、お客様からこんな質問がありました。『屋根材は色々な種類がインターネットで出ているけど、防水紙についてはあんまり詳しく出ていないから何が良いのかわからない』と仰っておりました。確かにインターネットで『屋根葺き替え 屋根材』などと検索すると工事をおこなう会社のホームページが沢山出てきます。しかし、説明しているのは屋根材ばかりで防水紙についての説明はまず出てきません。

 屋根は屋根材だけで雨漏りを防いでいるわけではないということは何度かご紹介させていただいておりますが、防水紙やルーフィングと呼ばれる下葺材が最後の砦として屋根からの雨漏りを防いでいます。施工後は屋根材で保護されていますので確認することも出来なくなってしまうのですが、実は非常に大きな役割を担っているのです。

今回は、そんな質問にお答えするためにも『防水紙』についてご説明させて頂きます。防水紙のメーカーで一番有名な田島ルーフィング社の製品を元に説明致します。

防水紙の耐久性

防水紙の種類と耐久性

 防水紙は大きく分けて、タッカーという大きなホッチキスで固定するタイプと、粘着性があって貼り付けるタイプの二種類に分けられます。広く普及しているのはタッカー固定のタイプですね。防水紙と言われる材料の名称は『改質アスファルトルーフィング』といい、不織布などにアスファルトが染み込ませてあり、雨水から建物を守るために使います。一言でルーフィングといっても色々な種類の物がありますので、代表的な何種類かをご紹介します。写真の材料は標準的な改質アスファルトルーフィングで、耐久性と価格の面で非常に使い勝手の良いルーフィングです。

 新築時に使用されているのはアスファルトルーフィングが多いのですが、改質アスファルトルーフィングよりも安価で耐久性は若干劣ります。まとまったコストがかかる工事時にコストを抑える為使用されますが、改修時には改質アスファルトルーフィングが使用される頻度が多いです。もちろん使用する防水紙についてはしっかりチェックしておきましょうね。

 こちらもタッカー固定タイプで、ニューライナールーフといいます。特徴としては耐久性が非常に高く、手では切れないくらい丈夫なルーフィングなので、建物が動いたりしてもまず切れたり裂けたりする事はありません。性能が高い分、コストも一般的なルーフィングよりも高くなります。

 こちらは、粘着タイプのルーフィングでアンダーガムロンといいます。裏側に貼ってある紙を剥がして野地板に貼り付けます。屋根の勾配が緩い場合はタッカー固定のルーフィングでは雨漏りする可能性がありますので、必ず粘着タイプを使用します。

 見た目は殆ど平らな屋根でも、粘着タイプのアンダーガムロンなら安心です。収縮性も高いので屋根材を固定する釘穴の回りから雨水が入り込むことを防いでくれます。

 こちらはカバー工事に使うときのルーフィングでタディスセルフという製品です。アンダーガムロンと同じ粘着タイプのルーフィングですが、こちらは貼って直ぐであれば貼り直しが可能なのが特徴です。カバー工事の場合、もともとある屋根材の上に貼りますので、タッカー固定タイプではなく粘着タイプの方がズレが無くてすみます。

 今回は、ルーフィングの代表的な製品についてご説明させて頂きましたが、基本的にルーフィングの寿命は20年~25年ほどと言われていて、その中でも屋根の勾配や使う屋根材によって適切なルーフィングは変わってきます。建物を雨から守るためには屋根材とルーフィングの両方の性能が重要になりますので、葺替えを検討される時は防水紙の事もお考えになる事をオススメ致します。因みに、田島ルーフィングでは60年の耐久性があるマスタールーフィングという製品もあるんですよ。川崎市中原区のお客様にもしっかりとご理解頂けたので、どのルーフィングにするか、これから打合せさせて頂きます。

普段屋根工事で注目されるのは屋根材ばかりで、どのような防水紙・ルーフィングを使用されているのかをご存じの方は少ないのですが、やはり雨漏りを防ぐ最後の砦ですので、耐久性が高いに越したことはありません。

マスタールーフィングがどのような製品なのか、どのような部分で他の防水紙よりも勝っているのかをご紹介したいと思います。

TAJIMAのマスタールーフィング

 今回ご紹介したいマスタールーフィングは合成繊維の不織布を基材とした改質アスファルトルーフィングです。劣化防止層を設けることでアスファルトと外気の接触を防ぎ、高耐久を維持します。それに伴い高いシール性も維持できますので、釘・タッカー・ステープルによる穴からの雨漏りを防ぎます。この性能により通常高耐久と呼ばれる一般的な防水紙の約2倍、およそ60年の耐用年数を維持することが可能です。

防水紙の耐久性との関係性 防水紙が原因の雨漏りを防止

 耐久性に優れているとどうなるのか、極端に言えば雨漏りを起こすことが無くなります。通常であれば20~30年で化粧スレートだけでなく防水紙・ルーフィングも寿命を迎えてしまう為、屋根カバーや葺き替え工事が必要となります。しかしマスタールーフィングを使用することで下葺き材の寿命を考える必要が無くなるのです。半永久的に使用できる瓦と組み合わせることで簡易的なメンテナンスのみで済む生活が待っているかもしれません。

こんな屋根工事をご検討中の方にオススメ

 高耐久な防水紙を使用してもお客様の希望や展望、屋根材とマッチしないと宝の持ち腐れです。端的に言えば上述した瓦のようにメンテナンスを最小限におさえながら半永久的に使用できる屋根材であれば、マスタールーフィングは非常に大きな役割を担います。しかし化粧スレートの場合はどうしても20~30年で屋根材自体が寿命を迎えてしまいます。葺き替え工事を行う際に下葺き材のメンテナンスは不要としても、釘穴が2回分に増えることから雨漏り防止には良い方法とは言えないでしょう。

マスタールーフィングは高耐久屋根にピッタリ 瓦屋根に最適な防水紙

 また今後そのお住まいに何年住むかという計画もかかわってきます。何世代にもわたり生活されるお住まいであればマスタールーフィングを使用するに越したことはありません。しかしあと20年程度で引っ越す・建て替えるという計画があれば、そもそもそれほどの耐久性を必要としません。耐久性に優れたものを使用するのは非常に大切なことです。しかしそれと同時に今後の予定を長い目で見ていく必要がありますので、しっかりご家族皆さんで話し合って決めていくようにしましょう。

防水紙のメンテナンス方法

 お住まいにとってとても大切な役割を持っている防水紙ですが、寿命を迎えた防水紙のメンテナンス方法は?と気になりますよね。防水紙は屋根材の下にあるので、防水紙を交換するには屋根材を剥がす必要があります。防水紙のメンテナンス方法をご紹介いたします。

・屋根葺き替え工事(全て屋根材で可能)
 屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を全て撤去するため、防水紙や野地板などの下地のメンテナンスが可能です。寿命を迎えた防水紙を新しいものと交換できるので、雨漏りのリスクは一気に低下し、安心して長く過ごすことができます。

・屋根葺き直し工事(瓦屋根のみ)
 屋根葺き直し工事は瓦屋根で行われる工事なのですが、一度全ての瓦を撤去し、防水紙や野地板のメンテナンスを行った後、撤去した瓦を再び並べる工事です。瓦は50〜100年と耐用年数が長く、瓦より先に防水紙が寿命を迎えてしまいます。屋根葺き直し工事では、外観を変えることなく下地のメンテナンスができるのがメリットです。瓦屋根のように耐用年数の長い屋根材には、マスタールーフィングを使用するのがおすすめです。

まとめ

防水紙の本来の役割

 屋根リフォームの際に注目を浴びない、正に縁の下の力持ちである防水紙に関してご紹介させて頂きました。防水紙にも様々な種類があり耐久性や特徴に違いがありますので、使用する防水紙・ルーフィングは前もってチェックしておくと安心です。

 最も高耐久なマスタールーフィングは60年超の寿命をもつと言われており、塗装が必要ない瓦と使用することで長期にわたって大きなメンテナンスは不要となりそうです。ぜひ一度屋根工事の際には防水紙・ルーフィングの種類に関して検討してみてはいかがでしょうか?ご不明点・費用に関して気になることは私たち街の屋根やさん フリーダイヤル0120-989-936までご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年08月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市中原区のその他のブログ

      2021/08/3 川崎市中原区宮内で雹の被害を受けたスレート屋根をカバー工事で直します

       川崎市中原区宮内で屋根の調査をおこないました。 15年ほど前に瓦屋根からスレートに葺き替え工事をおこなったそうですが、屋根材に大分傷みがでていて彼方此方で割れが出ています。スレート屋根は塗装工事でのメンテナンスが必須の屋根材ですので、塗装工事をおこなわないと撥水性が落ちてしまい反りやコケの付着など...続きを読む

      2021/05/4 川崎市中原区下小田中でコロニアルNEOは屋根カバー工事でメンテナンス

       川崎市中原区下小田中で屋根の調査をおこないました。築16年のスレート葺き屋根で、葺かれているのはコロニアルNEOです。ノンアスベストのスレート材で割れや欠けなどの不具合が出てしまう屋根材です。塗装工事をおこなっても割れや欠けを止める事が出来ませんので、塗装でのメンテナンスが出来ない屋根材です。 コ...続きを読む

      2021/04/13 川崎市中原区宮内で雨漏りで下がってしまった軒天を下地から直します

       川崎市中原区宮内で屋根の調査をおこないました。屋根の軒先には雨樋が吊ってあり屋根から流れてきた雨水を下に落とす様になっていますが、調査にお伺いした建物には雨樋がありませんでした。 元々取り付けてあったのですが強風によって雨樋が飛ばされてしまい、雨樋を吊る為の金物も一部しか残っていません。経年劣化に...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市中原区のその他の施工事例

      施工内容
      雨樋交換
      築年数
      18年
      使用材料
      曲がり(雨樋)
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      築23年
      使用材料
      スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      屋根塗装を行った現場ブログ

      2022/08/16 横浜市神奈川区中丸でスレート屋根の劣化を調査しました

      棟板金の浮きを指摘された屋根 横浜市神奈川区中丸にお住まいのお客様より、飛び込み業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので屋根の状態を確認して欲しいとお問合せをいただき現地調査にお伺いしてきました。 棟板金は屋根の中でも最も劣化が早い部分なので、築10年を過ぎたころから釘浮きなどの劣化が見られるように...続きを読む

      2022/08/8 横浜市神奈川区三枚町にて古くなったスレート屋根を調査しました

      フルベスト20で葺かれた屋根 横浜市神奈川区三枚町にお住まいのお客様より、ご自宅の屋根の古くなったスレート屋根を調査してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。スレート屋根と一口に言っても、非常にたくさんの種類があります。今回の屋根に使われていたスレート屋根は松下電工製のフルベ...続きを読む

      2022/08/4 横浜市神奈川区神大寺にて黒ずんでしまったスレート屋根を調査。スレート屋根は塗装で防水性を付与してあげましょう!

       横浜市神奈川区神大寺にお住まいのお客様より、スレート屋根の点検をしてほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。屋根の状態を拝見すると、塗膜が剥がれてきてしまい、スレート自体も劣化が進行していました。 スレート屋根はセメントを主原料に製造されているため、吸水性が高いという特徴がありま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根塗装を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      20年
      使用材料
      サーモアイSi、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる