屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 瓦は傷まなくても下地は傷むので葺き直しが必要です|横浜市保土.....

瓦は傷まなくても下地は傷むので葺き直しが必要です|横浜市保土ケ谷区

更新日:2017年11月16日

 屋根下地とは屋根材(瓦やスレートなど)の下に設置されている防水紙、野地板、垂木などを言います。これらの部材によるレイヤー構造によって、雨水を屋内に侵入させないことや、屋根を支える土台としての役目を果たしています。実は多くの雨漏りは下地のなかでも、特に防水紙の劣化や破れ、穴あきなどが原因です。防水紙が水を防げなくなると、雨漏りが始まることになりますが、当然防水紙の下の野地板や垂木を濡らすことになるため、水分で腐食し腐食させてしまいます。このページでは屋根材の下地の不具合やメンテナンス方法についてご紹介いたします。

屋根の下地

屋根材の下地の傷みはどうやって知るのだろう?

 普段生活している上で屋根の状況はなかなか分かりにくいものです。地上から見える屋根はほんの一部で、しかも遠目でしか確認できないため屋根が破損していたりといったよっぽどの異常がなければ気が付かないと思います。私達街の屋根やさんにいただくお問い合わせの中でも、強風時の屋根の破損というご相談が多く、その原因は釘が緩んでいる、漆喰が剥がれている、固定用の銅線が切れているといった事前に気がついて対処していれば強風で大きな被害を受けずに済むケースが多いです。これは屋根が高い位置にありご自分での点検が困難であるため、ちょっとした不具合にも気がつくことができないからなのです。
 そのため、被害を受けてから屋根の不具合に気がつくということになり、結果として雨漏りが始まって急いで業者へ修理を依頼することとなります。
 そこで私達街の屋根やさんが提唱していることは、「異常がなくても定期的に点検を専門業者に依頼すること」です。お住まいは過酷な環境下にさらされているため、年数が経てば必ずと言っていいほど問題が起こります。10年以上も問題ないから、このさきも大丈夫ということはなく、むしろ10年経っていればどこか悪い箇所があるはず。と考えお住まいの点検を依頼するようにしましょう。

経年によって変色している防水紙 防水紙に穴が空いている

下地の調査について

 基本的に私達街の屋根やさんはお住まいの点検時に屋根まで届くはしごを持参し、屋根に上っての調査を行います。それは、前項でお話したとおり、地上からではわかる情報に限りがあるからです。
下地の傷みは屋根の上を歩いた時に、ぶかぶかと沈み込むことで分かります。これは野地板、もしくは垂木が傷んでいる場合で、他にもきしみといわれる「ぎしぎし」と歩いた時に音がなるなどのケースも同様です。
 瓦屋根の場合は瓦を部分的に取り外して下地の状態を確認することができますので、この場合は防水紙などにも破れや経年劣化などが分かります。

はしごを使って屋根の調査を行います 屋根の調査の様子

 

防水紙(ルーフィング)の交換方法

 防水紙が傷んでいる場合は新しい防水紙に交換する必要があります。しかし、防水紙だけの交換というよりも、防水紙の上に設置されている屋根材があるため、一旦屋根材を撤去しなければ防水紙の交換はできません。よって基本的に防水紙の交換は屋根葺き替え工事が必要で、屋根自体を新しく作り直すことになります。例外として瓦屋根の場合は、一旦取り外した瓦を防水紙を交換した後に戻す屋根葺き直し工事がありますが、瓦が健全であることや野地板や垂木に異常がないことなど、施工するための条件をクリアしていなければなりません。
 また、屋根を新しく作る工事として屋根カバー工法があります。既存の屋根の上に防水紙を設置し、屋根を重ねて作る工法なので、別名「重ね葺き」とも言われます。

屋根葺き替え工事の様子 桟木取り付け 屋根葺き替え工事の様子 屋根材設置

野地板や垂木の補修

 野地板が傷んでいる場合は、野地板を交換するか、増し張りといって既存の野地板の上に新しい野地板を重ねる工事があります。野地板の増し張りは、もともとの野地板が腐食している場合は施工ができないので、事前に調査を行った上で実施します。
 垂木の場合は抱かせといった補強と、新しい垂木への交換といった方法があります。「抱かせ」は新しい材を使って添え木して補強する方法で、垂木以外の補修にも使われる工法です。

垂木の抱かせ 野地板の増し張り

 

雨漏りによって屋根の下地が傷んでいるお住いの調査

 横浜市保土ケ谷区で屋根の工事をおこなっています。瓦葺きの屋根は雨漏りしていて、原因は下地の劣化にありました。瓦自体は何十年ももつ非常に耐久性の高い屋根材ですが、屋根下地の防水紙は経年劣化が酷くなると雨漏りに繋がってしまいます。今回の原因も防水紙が劣化していて下地に穴も空いていました。この様な場合は、瓦から新しい屋根材へ葺き替える葺き替え工事か、同じ瓦をそのまま使って下地だけ直す葺き直し工事をおこないます。今回の雨漏り修理工事は新しい防水紙に交換する葺き直し工事をおこないました。元々はとんとんという薄く削いだ木をシート状にしたものが使われていましたが、経年によってボロボロになってしまい穴だらけになっていましたので、新しくルーフィングを敷きました。細かなところも気を遣い、今後なるべく雨漏りしにくい様に葺き直しました。しっかりと直しましたので、防水紙の寿命である20~25年は問題が無くなったので安心です。

瓦は大丈夫でも下地は経年劣化します

 雨漏りしていて天井が落っこちそうになっています。ぱっと見は瓦がズレたりしている部分は無いのですが、下地が結構ボロボロになっている様です。

 瓦の下はとんとんが葺いてありますが、雨水が溜まった跡が彼方此方にありました。瓦は表面だけで雨を凌いでいるのではなく、必ず裏にも回る造りになっていますので、それを防ぐ為の防水紙が劣化してしまえば雨漏りに直結します。

葺替え工事ではなく葺き直し工事

 瓦を上げると防水紙に瓦桟が打ち付けてある状態を確認出来ます。新しい防水紙(ルーフィング)には改質アスファルトルーフィングを使用して雨から屋根を守ります。

 ルーフィングを敷いたあとは瓦を引っ掛ける為の瓦桟を打ち付けますが、瓦桟によって雨水の流れが阻害されない様に『キズリ』という材料を縦に貼っていきます。画像の白い線の所がキズリデその上に瓦桟を打ち付けるのでキズリの厚さ分隙間があくので雨水が溜まらない造りになります。葺替えや葺き直しなどの屋根工事のばあい、工事中に雨が降ってきて雨漏りするのを避けなければなりませんので、天気予報を確認しながらルーフィングまでは一気に進める必要があります。横浜市保土ケ谷区の建物はまだまだ工事は始まったばかりですが、傷んでいない瓦はそのまま利用して、傷んだ下地を直してから葺き直し工事をおこなう事で雨漏りが止まるので安心ですね。

 ご質問やご不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年11月09日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市保土ケ谷区のその他のブログ

      2022/04/27 横浜市保土ケ谷区上星川にて天井からの雨漏り原因を散水試験で特定

       横浜市保土ケ谷区上星川にて発生した雨漏りを点検・調査致しました。雨漏りは壁際の天井部分から発生しており、位置関係からして屋根の集水マスが今回の原因ではないかと思われました。しかし、複数の原因が考えられた為、散水試験を実施してより明確に雨漏り原因を調査する事に致しました。点検開始  室内の点検から開...続きを読む

      2022/02/14 横浜市保土ケ谷区上菅田町にて屋根からの雨漏りを点検しました

      急に雨漏りが発生してしまった  横浜市保土ケ谷区上菅田町にお住まいのお客様より、急に屋根から雨漏りを起こすようになったので、点検をお願いしたいとお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。 屋根裏に入って雨漏りが起きていたお部屋の真上付近を確認すると、しっかりと雨染みができていることがわかりました...続きを読む

      2021/12/7 横浜市保土ケ谷区権田坂にて調査した屋根はパミールの屋根でした

      ニチハのパミールが葺かれた屋根 横浜市保土ケ谷区権太坂にお住まいのお客様より屋根の表面が剥がれてきているので点検をお願いしたいとご要望をいただき、現地調査にお伺いしてきました。表面が剥がれてきたと聞くと我々屋根関連の業者は「パミールかな?」と、1つの屋根材が思い浮かぶのですが、現地で確認したところや...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市保土ケ谷区のその他の施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      使用材料
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      使用材料

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる