屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 雨漏りの原因は瓦葺き直し工事で無くします|横浜市保土ケ谷区

雨漏りの原因は瓦葺き直し工事で無くします|横浜市保土ケ谷区

更新日:2017年11月17日

昨日に引き続き屋根の工事をおこなっている横浜市保土ケ谷区の建物です。雨漏りの原因になっていたのは防水紙の劣化で、今おこなっている工事は葺き直し工事です。昨日平瓦(桟瓦)まで葺き直しましたので、最後に棟を戻していきます。工事前は棟瓦にはコーキングがビッシリと詰めてあって、これも雨漏りの原因の一つになっていました。余りにもこびり付き方が酷くて全て綺麗に剥がす事は出来ませんでしたが、雨漏りの原因にならない所まではコーキングの除去が出来たので良かったです。棟もしっかり直せましたので、これで雨漏りが無くなって安心してお住まいになれる様になりました。

棟瓦は瓦屋根工事の仕上げ作業

ルーフィングが敷いてある棟部分には元々土が棟瓦の下地として使われていましたが、新たに棟を積む際は漆喰を下地として使います。幅が広くなりすぎず、のし瓦の角度が内側に向かず外側にちゃんと向く様に正確に積んでいきます。

のしは3段積んであり、下から積む際に上ののし瓦を少しズラす事で、動き難くもなるし崩れない様になります。銅線をのし瓦の一番下を積む時に下を通しておいて積み上がったら丸瓦の上で結びます。こうする事で更に棟瓦がズレない様にしています。

仕上がりは完璧です!!

のし瓦は元々一枚になっていて、裏側に筋が入っているのでここで二つに分けて使います。

棟瓦の回りがビッシリとコーキングが詰めてあって、一見瓦が動かなくて良さそうに見えますが、隙間から入り込んだ雨水の逃げ道が全くないので、瓦の下に溜まってしまいます。これが棟瓦回りの原因になっていました。

葺き直した状態です。棟も元通りの状態に戻しましたので、まだまだこの後何十年もお住まいになる事が出来る様になりました。横浜市保土ケ谷区でおこなっていた雨漏り修理工事は、葺き直し工事で原因を無くしたので安心してお住まいになれます!

因みに、矢印の先にいるのはコウモリです。瓦屋根は納まり上隙間が空いている部分があります。その様な隙間からコウモリなどが侵入して、巣を作って住み着いてしまいます。完全に隙間を埋めることが出来ませんが、雨漏り修理の葺き直し工事の時には、なるべくコウモリの様な生物が入り込まない様に対策も一緒におこないます。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

 

 記事内に記載されている金額は2017年11月17日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市保土ケ谷区のその他のブログ

      2022/04/27 横浜市保土ケ谷区上星川にて天井からの雨漏り原因を散水試験で特定

       横浜市保土ケ谷区上星川にて発生した雨漏りを点検・調査致しました。雨漏りは壁際の天井部分から発生しており、位置関係からして屋根の集水マスが今回の原因ではないかと思われました。しかし、複数の原因が考えられた為、散水試験を実施してより明確に雨漏り原因を調査する事に致しました。点検開始  室内の点検から開...続きを読む

      2022/02/14 横浜市保土ケ谷区上菅田町にて屋根からの雨漏りを点検しました

      急に雨漏りが発生してしまった  横浜市保土ケ谷区上菅田町にお住まいのお客様より、急に屋根から雨漏りを起こすようになったので、点検をお願いしたいとお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。 屋根裏に入って雨漏りが起きていたお部屋の真上付近を確認すると、しっかりと雨染みができていることがわかりました...続きを読む

      2021/12/7 横浜市保土ケ谷区権田坂にて調査した屋根はパミールの屋根でした

      ニチハのパミールが葺かれた屋根 横浜市保土ケ谷区権太坂にお住まいのお客様より屋根の表面が剥がれてきているので点検をお願いしたいとご要望をいただき、現地調査にお伺いしてきました。表面が剥がれてきたと聞くと我々屋根関連の業者は「パミールかな?」と、1つの屋根材が思い浮かぶのですが、現地で確認したところや...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市保土ケ谷区のその他の施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      使用材料
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      使用材料

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる