屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 雨樋破損する前に定期的な点検を|横浜市港北区

雨樋破損する前に定期的な点検を|横浜市港北区

更新日:2018年5月11日

定期的なメンテナンスをしていれば防げることも、していないと手遅れになる場合もあります。

本日はS様より、雨樋破損しているためみてほしいとのことで現地調査にまいりました。

雨樋とは、本来軒先や軒裏、外壁などから雨水がつたわって腐食させるのを防ぐためにあります。破損していたら役目が果たせていません。

 

屋根には雨樋が必要です

こちらは建物南側の写真です。奥から続いている雨樋が途中で破損してなくなっています。垂木に直接支持金具を打ち込んで雨樋を支えていましたが、支持金具だけが残り雨樋がない状態です。

 

見落としがないよう調査します

外壁や耐震具の塗装の劣化からもわかりますが、建物のメンテナンスをしていなく、築年数が経ったためと考えられます。

下から見ると支持金具だけが垂木に残っているのも確認できます。本来であれば垂木の先に鼻隠し(横板)があり、それに支持金具をつけ雨樋を取付けるのですが今回の建物には鼻隠しがついておりませんでした。鼻隠しがないと垂木や野地板の切り口や垂木間にある空間から雨水が入って、建物内部の木部の腐食などにつながる恐れがあります。改修するならつけておいた方がいいでしょう。雨樋にも勾配がつけられ雨水の流れも良くなります。

こちらは北側です。見た目はちゃんとついてるように見えますが、雨樋を打ち込んでいる木部が腐っており、南側と同じような状態に近い将来なるのが想像できます。

現場調査させていただいたところ、きちんと足場を組み、鼻隠しを含め全体的に改修する必要性が高いと思われます。

今回は2階部分の雨樋のために全面交換するなら足場を組んでやるのが普通です。1階部分の雨樋なら必要ない場合もございますが、2階部分ですと必ず必要になります。

S様に現状の報告と、これからどのような改修が建物の為に良いかを相談しつつ、話を進めてまいりたいと思います。

街の屋根やさんでは、雨樋におけるお悩みやご相談をお受けしております。そういえばうちはメンテナンスをしていないな・・・などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

現地調査から親身になって対応させていただきます。

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2018年05月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市港北区のその他のブログ

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      2022/08/24 横浜市港北区師岡町にて強風発生、スレート葺き屋根の棟板金が捲れてしまっており早急な工事が必要でした

      変形し、捲れてしまった棟板金    横浜市港北区師岡町にて棟板金が変形し捲れてしまっているお住いの現地調査を行いました。 写真を見てみますと隅棟と呼ばれる箇所の棟板金が大きく捲れている状況が確認できました。棟板金の下には貫板と呼ばれる棟板金を固定するための下地が葺かれているのです...続きを読む

      2022/08/21 横浜市港北区大倉山で棟板金が台風によって飛散してしまったお住まいを調査。注意点や対策方法とは

       横浜市港北区大倉山でアパートのオーナーをされているお客様より、数年前の台風によって破損してしまった棟板金を補修したいとご依頼をいただきました。棟板金は屋根の頂上部を守っているとても大切な部材です。現地調査を行い、最適なメンテナンスを行うため棟板金の状態を確認していきましょう。 今回調査をさせていた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区のその他の施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      20年以上
      使用材料
      セキスイ Σ90

      その他の施工事例一覧→

      雨樋工事を行った現場ブログ

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      2022/07/11 伊勢原市池端にて破損した雨樋と屋根の調査 塗膜剥がれは屋根の劣化が加速します

       伊勢原市池端にお住いのお客様より「雨樋が外れてしまった」とのご連絡があり現地調査へ伺いました。以前より破損があり、強風の際にはずれてしまったそうです。雨樋は、塩化ビニール素材のものが多く使用されています。塩ビと似ていますが、紫外線による劣化に対する処理を施し耐久性を高めてた「合成樹脂」も多くなって...続きを読む

      2022/06/18 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況  横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原因になってしまったり、土...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨樋工事を行った施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      20年以上
      使用材料
      セキスイ Σ90

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる