屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

更新日:2018年7月25日

外壁より内側に樋がある場合、それを箱樋と呼んだりします。箱のような形の樋をしており、雨水がそこに溜まるようになっているのですが、屋根材に板金を使用した箱樋形状の屋根で雨漏りは発生しました。横浜市中区E様より、「暫く使用してない部屋の天井が急に落ちてきた」とお悩み・お困りのご相談がありました。

 

 

【最近の集中豪雨も天敵】

雨漏りと箱樋1

先ほど申し上げた通りで、外壁より内側に樋があるときに箱樋と呼んだりします。この箱になっている部分に雨水が溜まるようになっております。集中豪雨などの雨量が極端に多い雨が降ると、水嵩が一気に増えますので排水量よりも多く箱樋に流れてきてしまいます。古い屋根では長年使用し続けていることもあり、色々なところに隙間が出来ていたりするので、雨漏りに繋がる可能性があります。排水するときはドレンから配管を通って排水されのですが、横浜市中区E様のお宅の配管は天井裏を通って外に出ているようです。天井裏で配管の角度がかわりますので、必ず接続する部分があるのですが、その接続部分は建物の揺れや歪みによって水漏れがよく発生する箇所でもあります。

 

 

雨漏りと箱樋2 雨漏りと箱樋3

天井の落ちたお部屋を見てみると、天井裏の木材が白くなっておりました。野地板として使用されている木材ですが、これはカビが発生している状態です。これは1回の雨漏りではなく複数回雨漏りしております。天井が落ちるくらいですからかなりの回数雨漏りしているでしょう。また板金屋根の上にダクトを設置しているところもありました。ダクトを設置するために固定する金物で屋根材を貫通させてしまっている箇所がありました。屋根材を貫通させてしまうのは屋根に穴を開けているのと同じなので、正直お勧めできることではありません。屋根面はいたってシンプルに何もないのがリスクもなく一番です。横浜市中区E様のお宅の屋根は、雨漏りの原因となるところがいくつかあり、散水試験して原因の究明をはかることになります。街の屋根やさんでは、雨漏りはしているが原因が特定出来ない場合でも、原因を究明するところからの調査が可能です。雨漏りにお困り・お悩みの方は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2018年07月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市中区のその他のブログ

      2021/09/15 横浜市中区本牧間門にて強風被害、庭先に落ちていた樋はどの部分に使われているか点検調査致しました

       横浜市中区本牧間門にお住まいのS様より、庭先に先日の強風時の翌日に庭先に丸い筒状の雨樋らしきものが破損した状態で落ちている。ただ、家の外観を見る限りはどこの雨樋も破損している箇所がみつからない。自宅の物かどうかの確認も含めて一度調査をしてほしいとご相談を頂きました。S様邸はまだ築7~8年程との事で...続きを読む

      2021/06/30 横浜市中区伊勢佐木町で雨漏りの調査、点検口の枠に使用されている木材が原因でした

       雨水は建物のどこからでも侵入する可能性があります。本来は雨漏りを防ぐように造られておりますが、築年数の経過によって外部から劣化や傷みが出てくることで雨漏りに繋がることがあります。横浜市中区伊勢佐木町にお住いになられているE様より「室内改装中に雨漏りしている箇所を発見した」とお困りのご相談がございま...続きを読む

      2021/06/18 横浜市中区本牧宮原で鉄骨階段の点検、階段の床や踏面も雨漏りと同じ現象が起こります

       屋根は建物を雨水や風などから護るために存在しておりますが、それと同じような役割を担っている箇所はたくさんあります。建物は雨水の侵入を防ぐ必要のある箇所が特に多く、代表的な箇所でいうと笠木やバルコニーの床などが挙げられます。横浜市中区本牧宮原にお住いになられているY様のお宅では、鉄骨階段の点検を行い...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市中区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約20年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラックパール

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる