横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の.....

横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです

更新日:2021年08月17日

 棟板金とは棟部分に設置された板金のことで、そもそも棟とは屋根の面と面が交わった箇所をいいます。棟は構造上雨水が入りやすいため、雨水の侵入を防ぐために板金を取り付けていますが、経年や地震や風などの影響で固定している釘が緩んで浮いてしまうことがあります。これらの原因すべてを対策することは難しいですが、基本的には定期的に屋根の調査を行っておけば棟板金が浮いているという状況をいち早く察知し、強風によって飛散したりなどの破損を防ぐことができます。このページでは棟板金の浮きや、その原因、さらには棟板金が浮いている場合の対処についてご紹介したいと思います。

棟板金の浮きの原因

 

業者から「棟板金が浮いている」と聞いての問い合わせが多い

 当然ですが自分で屋根の状況を日頃からチェックしている方はほとんどいないのではずです。ではどのような経緯でご自宅の屋根の棟板金が浮いていると認識するのかというと、多くの方がお隣で屋根工事をしている業者が見つけて教えてくれたというケースです。突然自宅の棟板金が浮いていると聞いて不安に感じ、屋根の専門業者へ調査を依頼するという流れで私達街の屋根やさんにご相談をいただくという感じです。
 指摘をしてくれた業者さんが屋根工事の専門店であれば、自宅の棟板金の修理もお願いしたいところですが実際に屋根で作業している業者は塗装専門であったり瓦工事専門であるケースもあるため、安易にお願いするよりも一考すべきです。そういった業者が名刺をくれたのであれば、現在はインターネットで検索することでその業者がどのような工事を専門としているのか調べることができますし、屋根工事の実績が多くなおかつ地域に密着している業者を選ぶことで工事後も安心できるでしょう。

棟板金が浮いている 浮いた棟板金からの雨漏り

 

棟板金が浮いてしまう原因

 棟板金は設置時には浮きがないようになっていますが、棟板金自体を固定するために使う釘やビスが経年劣化によって効かなくなることがあります。また釘やビスを打ち込んでいる貫板が木製の場合は水分の影響で腐食してくると釘やビスが効かなくなりますので、そういったケースもあります。
 また、なかでも一番多い原因としては風や地震、近くを走る車などの振動が長年に渡って釘を緩めてしまうことです。釘は振動によって抜けやすくなりますので、私達街の屋根やさんでは固定力が釘よりも強いビスを使っており、さらに腐食しにくいステンレス製のビスを使用しております。

棟板金の下に設置された貫板が傷んでいる 棟板金の下に設置された貫板が水分で変色している

 

棟板金の浮きによって引き起こされる問題

 棟板金が浮いている状況というのは、場合によってはすでに雨漏りしている可能性があります。棟板金の隙間から風向きや雨量によって入り込み、そこから屋内へ出てくることは容易に考えられます。また、棟板金が浮いていると、強風を受けた場合に余計に風に煽られやすくなりますので、台風などの強風時にそこから破損して棟板金自体が飛散する恐れもあるため注意が必要です。棟板金は屋根の上に設置されているため、あまり大きさがわかりませんが1枚あたりの長さは2mほどはありますので、この大きさの板金が飛散した場合、もし建物に当たれば破損させてしまいますし、人に当たれば大怪我を追わせてしまうでしょう。
 このように棟板金の浮きは場合によっては放置しておくことで甚大な問題に発展する危険があるのです。

台風で板金が外れかかっている 棟板金の浮きによって強風に煽られ板金が外れかかっている

棟板金の浮きの修理について

 棟板金が浮いている原因によって補修方法は変わってきますが、板金や貫板が健全であれば釘をビスに変えて再度固定しておくことで問題ありません。逆に板金が変形していたり、貫板が傷んでいる状況であれば、棟板金自体の交換を行う必要があります。
 棟板金交換の手順としては一旦古い棟板金を撤去し、貫板の設置と板金の取り付け、さらには板金同士の接合部分から雨水が入り込まないようにコーキング処理などを行っておきます。

棟板金交換 貫板の取り付け 棟板金交換 新しい板金を取り付け

棟板金の浮きの原因調査の様子(現地調査)

 本日は横浜市栄区にお住いのM様より、「他の業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので、改めて調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。M様宅は築30年で4年程前に塗装のメンテナンスは行ったそうです。当時施工を行った業者さんからは、棟板金に関しての不具合は指摘されていなかったそうですが、塗装工事直後に別の業者さんより、棟板金の浮きの指摘を受けたとの事です。当時は工事直後との事もあり(施工業者には問題は無いと言われたこともあり)気にせずにいたそうですが、改めて別の業者さんより、棟板金に関しての同じ様な指摘を受けたことにより、今回、調査の依頼を出したそうです。

M様宅 屋根(スレート)
 まず屋根にのぼり気になったことは、屋根全体がやや色褪せている様に見受けられる事です。4年前に塗装を行ったにしては表面の光沢も無く、歩いただけで足跡がはっきりと付いてしまう状況です。屋根材表面の塗膜が活きており、撥水効果が持続していれば歩いただけでの足跡は付きません。また、所々で滑りやすい状況もあり、屋根材表面の劣化(チョーキング)が見受けられるところもございます。他にも縁切りの部材が付いてなく、屋根全体、屋根材同士が塗料で密着したままの様に見受けられます。塗装時に縁切り(スレート材が密着しない様に設ける隙間)を行わないと、内部に溜まった雨水の逃げ道が確保されず、雨漏りの原因になります。前回がどんな塗料を使用し、どの様に施工したかにもよりますので、塗装の効果が何年持つかは一概には言えませんが、4年程でのこの状況はやや気になります。

棟板金の様子 棟板金の釘浮き
 他の業者さんに指摘を受けている板金部分です。釘浮き、板金自体の浮きが見受けられます。下地(貫板)の劣化が窺える状況です。板金に関しては30年間手付かずとの事もあり、時期相応の劣化具合と言えるでしょう。ただし、外回りの業者さん(営業)の方から屋根の指摘を受けたとのご相談をいただきますが、外から見て不具合がわかるほど屋根は単純ではありません。屋根の不具合は実際にのぼって、足で踏んで手で触って確かめて、初めて正確な状況が把握できるものです。下から浮いている様に見えても、そこは構造上必要な隙間であったり、棟板金が外れているように見えて、換気棟の様な特殊な棟が付いていることによる見間違いだったりとの事も多々ございます。下から見ただけの指摘を鵜呑みにせず、しっかりと屋根にのぼって調査を行うのが肝心です。

M様宅屋根の様子
 M様宅の板金に関しては補強がされた痕もなく、箇所によってはパカパカと動いてしまうほどの浮きも見受けられ、確かに処置が必要と判断できます。現在の屋根の状況と、築年数を考慮に入れれば、今回、板金部分の交換を行ったとしても、また数年後に屋根全体を見直す必要が出てくることが予想されます。屋根勾配や滑りの状況から、作業を行うための足場の設置は必要ですので、今一度工事のプランを慎重に検討するのが良いでしょう。今後は棟板金の補強、交換、また屋根全体のカバー工事など、いくつかのプランをもとにご提案をさせていただき、最善の工事に向け、打ち合わせを行っていきたいと思います。
街の屋根やさんでは、点検調査・お見積りは無料です。屋根に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-989-936 まで)お気軽にお問合せください。

 

 記事内に記載されている金額は2021年08月17日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市栄区のその他のブログ

      2023/01/8 横浜市栄区飯島町にて指摘された棟板金の点検に伺いました

       横浜市栄区飯島町にて訪問業者さんから棟板金の浮きを指摘されたということで、私たち街の屋根やさんへ点検のご依頼をいただきました。ちょうどメンテナンスの検討を始めていたということで、屋根カバー工法をお考えでした。屋根部分の点検結果をご報告します。棟板金の釘浮き  屋根のてっぺんにある大棟の棟板金の一部...続きを読む

      2022/12/14 横浜市栄区小山台にて化粧スレートの屋根塗装についてご相談を頂き、今後の建て替え予定に合わせたご提案をいたしました

       横浜市栄区小山台にてお住いのお客様より、屋根塗装を検討しているとのお問い合わせを頂きましたので、調査にお伺いさせていただきました。以前の塗装から10年以上が経過し、再びメンテナンスの必要性を感じてのご相談とのことです。使用されているスレートの状態や、お客様の今後のプランなどを参考に最適な工事をご提...続きを読む

      2022/04/5 横浜市栄区犬山町にて色褪せが目立つスレート屋根を調査、棟板金を含めた全体的なメンテナンスをご提案

       横浜市栄区犬山町にてお住いのお客様より、屋根のメンテナンスについてご相談を頂きました。屋根材にはスレートが使用されており、色褪せて傷んでいるように見えるとのことで工事をご検討されていました。スレートは傷み具合によって必要な工事が変わってきますので、まずは現地で状態を確認させていただきます。スレート...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市栄区のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/02/28 横浜市青葉区柿の木台にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました

       横浜市青葉区柿の木台にお住まいのN様よりとある最近続いた強風で夜中屋根から大きな音がしたので、一度屋根に異常がないか確認と同時に点検もしてほしいとご相談を頂きました。  N様邸は築20年以上経過し、今まで屋根は塗装のメンテナンスを一度されていたそうです。ただ、塗装のメンテナンスはしたが棟...続きを読む

      2024/02/27 横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いました

      スレート屋根の点検 横浜市青葉区寺谷町にお住まいのお客様より、築30年で屋根は一度塗っているがそろそろ塗装の時期かと思ったので状態を見て欲しいと思い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   屋根はニューコロニアルというアスベスト含有スレートで葺かれた屋根でした。&nb...続きを読む

      2024/02/24 横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      棟板金と谷が錆びているのが確認できました    横浜市神奈川区西神奈川にて屋根の点検、調査をしてほしいとお問い合わせをいただき現地調査に伺わせていただきました。  早速屋根に上ってみると屋根材の交わる頂点に設置してある棟板金と屋根材の交わる谷になっている箇所に設置してあ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!