平塚市大原にて南蛮漆喰を使った棟取り直し工事 | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 平塚市大原にて南蛮漆喰を使った棟取り直し工事

平塚市大原にて南蛮漆喰を使った棟取り直し工事

更新日:2019年04月04日

漆喰の劣化によって雨漏り、棟の倒壊などにも繋がります

 

本日ご紹介いたしますのは平塚市大原で行った棟取り直し工事の様子です。瓦屋根の棟部分には漆喰が使われていることが多くありますが、瓦は何十年ももつことに対し漆喰は10年以上経ってくるととどうしても経年劣化による傷みが出てきます。
よくあるのが「屋根から白い塊が落ちてきた」といった問い合わせです。普段屋根のことはあまり意識しないもので、この塊が漆喰であることもわからない方がほとんどです。
漆喰の劣化は最初色褪せや苔の発生など見た目に異常が出て、続いてひび割れ、更には欠けて剥がれ落ちるといった順に状況が悪化します。棟部分の漆喰は剥がれてしまうと中の土が露出し、それが出てきてしまうとそこから雨漏りしたり、さらには棟が歪む、崩れるなどの問題にも発展します。

 

棟を解体し作り直す棟取り直し工事

平塚市大原 棟の漆喰が剥がれている 平塚市大原 棟取り直し工事 棟を解体

棟取り直し工事前の屋根には漆喰が剥がれてころがっていました(左写真)。今回は棟取り直し工事を実施するので、一旦棟を解体します(右写真)。瓦は再度積み直すので割らないように丁寧に扱い、また屋根から落ちないように安定した所に置いておきます。

 

軽量なんばん(南蛮漆喰)で棟取り直し工事

平塚市大原 棟取り直し工事 南蛮漆喰 平塚市大原 棟取り直し工事 南蛮漆喰を使って棟を作る

今回使用するのは軽量なんばんという南蛮漆喰です。今までは棟の土台部分に土を入れて、その上から漆喰を塗っておりましたが、この漆喰であれば土を使わずに施工することが可能です。

平塚市大原 棟取り直し工事 竣工

漆喰を詰めたところまで完了いたしました。
ここから更に熨斗瓦や冠瓦を取り付け、最後に銅線で固定すれば棟瓦取り直し工事は完了です。(棟取り直し工事の詳しい工程はこちら
屋根の上は風雨にさらされ、さらには夏場の強い紫外線を受けるといった過酷な環境ですが、屋根に使われる漆喰はその環境にも耐えうる必要があります。もちろん軽量なんばんも高い耐久性がある漆喰ですので、これからは安心してお過ごしいただけます。
また、軽量なんばんは名前の通り軽量な漆喰で、漆喰が乾いて硬化すると半分以下の重さになります。
屋根の重量が軽くなることてお住まいへの負荷も軽減し、お住まいの長寿命化にも繋がります。街の屋根やさんでは機能性の高い漆喰を取り扱っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2019年04月04日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

和瓦?セメント瓦?漆喰補修や塗装などのメンテナンス【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      平塚市のその他のブログ

      2023/04/18 平塚市河内にてスレート屋根の調査!屋根表面の気になる変色はメンテナンスのサインです

       平塚市河内にお住いのお客様より、「屋根の色が黒くなってきた」とのご相談をいただきました。築30年以上のお住まいで、以前スレート屋根に葺き替えたことがあるそうです。傷みがどの程度のものなのかを確認するためにも、調査に伺いました。 街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルスの対策を行い現場の調査を...続きを読む

      2023/02/14 平塚市纒にて瓦屋根の調査 棟瓦にズレや歪みが発生している場合は棟瓦の取り直しが必要です

       平塚市纒へ瓦屋根の調査でお伺いしました。瓦がズレているということでご連絡をいただきました。台風や強風、地震で建物が揺れる際は、屋根も同じように揺れます。瓦が1枚ズレるだけでも、徐々に全体のバランスが崩れはじめてしまいます。瓦屋根の場合、1枚から差し替えやズレの修正も可能ですので、大掛かりな工事が必...続きを読む

      2023/01/31 平塚市諏訪町にて劣化の進んだスレート屋根を調査 耐用年数が近い場合は全面的なリフォームが望ましいです

       平塚市諏訪町にお住まいのお客様宅にてスレート屋根の調査を実施しました。「屋根の傷みが気になる」ということで見積りのご要望をいただきました。スレート屋根の耐用年数は、塗装メンテナンス等を定期的に行われた場合、25年~30年程です。下地の防水紙(アスファルトルーフィング)の耐用年数は、種類によりますが...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      平塚市のその他の施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      12年
      使用材料
      ポリカーボネート
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      26年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

      その他の施工事例一覧→

      漆喰詰め直しを行った現場ブログ

      2024/02/26 棟瓦とは?瓦屋根でも定期点検・メンテナンスは必要です!

       瓦は非常に耐久性の高い屋根材であり、中には耐用年数が半世紀を超える瓦も存在します(#^^#) しかし、だからといって瓦屋根にメンテナンスが全く必要ないわけではありません(>_<) 今回は瓦屋根の中でも雨漏りリスクが高く、劣化進行が歪み・倒壊などの被害に繋がる「棟瓦」について詳しくご紹介...続きを読む

      2024/02/18 屋根瓦のメリット・デメリット|瓦の重量が耐震性の低下を招く理由とは?

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ 日本国内の伝統的な屋根材と言えば「瓦」です! 伝統を思わせる美観が大きな特徴である瓦ですが、屋根材として機能面のメリットをご存じない方も多いと思われます! また、瓦屋根にお住まいの方でご心配されることが多いのが、やはり瓦の重量が招く耐震性の低下です...続きを読む

      2023/09/20 瓦屋根の漆喰は、定期的な「詰め直し補修」が必要です!重要な理由と費用について解説!

       粘土瓦を使った瓦屋根は塗り替えの必要もなく、割れやずれなどが起こらなければその美しさを保つことができる…まさに「半永久的」な長寿の屋根材と言えます。そのため、「メンテナンスがいらない」というイメージがあるかもしれません。 しかし、瓦屋根を構成する下地や銅線、釘などの建材はメンテナンスが必要なのです...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      漆喰詰め直しを行った施工事例

      施工内容
      漆喰詰め直し
      築年数
      使用材料
      南蛮漆喰(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      築42年
      使用材料
      南蛮漆喰

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!