屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 藤沢市今田にて強風で隣地の瓦が落ちてきてしまった影響で下屋根.....

藤沢市今田にて強風で隣地の瓦が落ちてきてしまった影響で下屋根の一部が割れてしまい下地が傷んでおりました

更新日:2020年5月18日

 藤沢市今田にある下屋根と呼ばれる一階の屋根にあたる部分の工事を検討しているとの事で調査依頼を頂きました。

 以前大屋根である二階の屋根は金属屋根で葺き替え工事をされていたそうですが、一階の屋根に関してはその時は見送っていたそうです。

ではどのような状態か確認してみます。

 

下屋根部分は屋根工事時に見過ごされがちです

下屋根の全体を映した様子

 

 玄関の上から奧に入る形で屋根があります。こちらが一階の屋根にあたる下屋です。通常屋根工事であればこちらの下屋根も同時に行います。ただ今回は大屋根を工事されたときにしていなかったとの事で、下屋根のみの部分的な葺き替え工事となります。

 築年数が25年を超えているとの事でした。

 

乾式洋瓦にはモニエル瓦とそうではない瓦に分けられる

外壁と屋根があたる取り合いには雨押えや捨て谷と呼ばれる板金役物が設置されています こちらは洋瓦ですが、端部がスパっと綺麗に切られているように処理されています。もしここに凹凸がある場合はモニエル瓦と呼ばれる洋瓦となります。既に販売していない為に補修もできない屋根材です。

 

 屋根表面をよくみえてみますと、表層が剥がれてしまっているのがよく分かります。こちらの洋瓦は乾式のセメント瓦に分類されます。セメント瓦自体は防水性能を持たない為、新築時などにはコーティングされていまが経年劣化してしまいますので再塗装が必要な屋根材です。ただし、今回は築年数の事も考えての葺き替え工事を、との話になっております。

 中でもモニエル瓦と呼ばれる乾式洋瓦と通常の乾式洋瓦の見極めができない屋根業者もいます。もし塗装でのリフォームを検討しているならば、モニエルの場合はスラリー層がある為にきちんとした業者を選びませんと数年で新しく塗装した部分が剥離してしまいます。またモニエル瓦は販売元が日本から撤退してしまい手に入りません。割れたりして、部分的に補修したくてもできないのが現状です。

 

最後に見つかった瓦の割れ 下屋にのせている這樋も割れてしまっており、瓦も割れ軒樋に乗っている状態でした

 

 こちらの写真はちょうどケラバ部分にあたりますが、なんとお客様も屋根材が割れている事に気づいておられなかったようです。屋根材に何か重たいものが落ちて割れているような状態です。這樋と呼ばれる屋根に流している白い雨樋も割れていますね。野地板に雨水が直接かかってしまってどれくらい経つかわかりませんが、苔が生えてしまっている状態です。

 雨漏りしているのではと思いましたが、幸い室内へはまだ影響が出ていない物の早急に修繕が必要です。

 

 後で打合せの時に判明したのですが、昨年の台風時に庭に隣地の屋根に使われている陶器瓦が落ちているのに気づいて、その瓦を保管されていたようです。その時はお隣の方に瓦が落ちていたと伝えて何もなかったようですが、実は下屋根の上ではその影響で屋根材が割れてしまっていました。今回はこちらの屋根工事は火災保険にご加入されていらっしゃいましたので、風災の被害に当たる為に申請する流れとなりました。思わぬ事態もある為に強風や台風が来て過ぎ去った後に、屋根に被害が無いか築年数がある程度経過している建物は点検したほうがいいでしょう。

 私達、街の屋根やさんでは緊急時に備えて、工事まで日がある場合などには養生をしておく事も可能です。屋根工事に関してのお悩みに関しては街の屋根やさんへお任せください。

 現在コロナウィルスによってリフォームに関して不安をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、街の屋根やさんではできる限りの対策を講じて現地調査や現場対応にあたらせて頂いております。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

 

 記事内に記載されている金額は2020年05月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      藤沢市のその他のブログ

      2022/06/7 藤沢市湘南台にて強風により棟板金が飛散したとお問い合わせを頂きました

        藤沢市湘南台にお住いのお客様から、屋根の先の鉄板部分が剥がれてしまったとお問い合わせを頂きました。調査にお伺いしたところ、「過去に部分的に葺き替え工事をしたことがある」とのことでした。それ以外スレート屋根には必須の塗装は行っていないようです。今までにも何度かリフォームすることを考えていたようです...続きを読む

      2022/02/10 藤沢市城南にて傷んだスレート屋根にカバー工法をご提案、暑さ軽減には換気棟の設置が有効です

       藤沢市城南にてお住いのお客様より、「屋根の傷みが気になってきたので、カバー工法などでのメンテナンスをお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。お住まいは築20年が経過し、屋根材として使用している化粧スレートの傷みが進んでいるようです。スレートは塗装によって長持ちすることのできる屋根材ですが、状態...続きを読む

      2022/02/4 藤沢市大庭にて洋瓦(S形)の漆喰調査

       藤沢市大庭にお住まいのお客様より「漆喰が流れ出しているようなので見て欲しい」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。漆喰の耐用年数は約20年です。環境等にもよりますが、瓦屋根が寿命を迎えるまでには漆喰や防水紙、板金類の重要な部分の定期的なメンテナンスが必要です。今回は点検結果についてご報告いたし...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      藤沢市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      20年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/06/26 横浜市磯子区中原にて雨漏り調査、原因はスレート屋根塗装時の縁切り不足と不必要なシーリングでした

       横浜市磯子区中原にお住まいのお客様より、室内天井に染みが出来ているので原因を特定してほしいと私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。築30年近く経過しているとの事で、数年前に塗装工事は行っているとの事でした。さっそく染みの原因特定の為に調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防...続きを読む

      2022/06/26 横浜市戸塚区上品濃にて雨漏れの調査のご依頼を頂きました

      スレート屋根材にひび割れが発生していました  横浜市戸塚区上品濃にて、雨漏れが発生しているから調査してほしいとお問い合わせを頂きました。早速屋根に上り調査を開始するとスレート屋根材にひび割れが発生している箇所がありました。屋根の構造として屋根材にひび割れが発生したからといってすぐに雨漏れするわけでは...続きを読む

      2022/06/18 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況  横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原因になってしまったり、土...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築50年
      使用材料
      スーパーガルテクト シェイドブラウン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる