屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 鎌倉市津にて台風15号の影響で片流れ屋根の棟板金がめくれあが.....

鎌倉市津にて台風15号の影響で片流れ屋根の棟板金がめくれあがり交換が必要な状況でした

更新日:2019年10月3日

鎌倉市津にお住まいのA様より台風翌日、屋根が気になるとの事でルーフバルコニーに出てみたところ、屋根の板金がめくれてしまっていることに気が付き調査の依頼を頂きました。

お話を伺いますと、屋根の形状は片方にずっと伸びているとの事でしたので、片流れ屋根と推測できます。かなりの角度がついているとの事でしたので、屋根に上がれるかどうか不明でしたが、必要な修繕がどのようになるかは見てみないと分かりませんので、現地にて調査を実施致しました。

 

片流れ屋根のメリットとデメリットを把握しておきましょう

ルーフバルコニーから見える片流れ屋根

 

現地にて屋根に上がれる所はどこか見てみると、ルーフバルコニーからしか上がれませんでした。

三階建て相当になる高さは通常調査に使っている三連梯子では届かない事と、隣地との距離がなく軒先に梯子を架けれらなかった為、こちらから屋根に上がるしかありませんでした。

屋根は案外上れるものだと思われる事もありますが、大変危険ですので決して上がらず専門家に任せてください。

 

片流れ屋根は外壁との取合いや破風に被せている板金の隙間からの雨漏りのリスクがある

めくれている片流れ屋根の棟板金。もちろん新しくするにも片流れ用でないとなりません。 破風板に被せる様に設置される片流れ用棟板金

片流れ屋根はデザインや初期費用が低くすむ、勾配を付ければ水はけもよく屋根が傷みにくいとメリットもありますが、デメリットもあります。

吹き上げの強い風の影響で写真右のように破風に設置している方から捲れてしまい、板金が飛散する事が多く見受けられます。片流れ屋根はある程度高さのあるお住まいに用いられている事が多く、ちょっとした修繕にも「足場」が必要になってしまい高額な修繕費がかかることがあります。今回は調査時に足場は必要なく屋根に上がれましたが、三階建てと同じくまず調査をするために足場が必要になる事も多いのが現実です。

 

めくれてしまった板金 まだ下地は腐食していませんが板金を交換するときは貫板と呼ばれるこちらも交換します

 

まだ築浅で屋根の汚れもなくここまでたどり着けました。内部をみてみますと防水紙が見えてしまっている事と、貫板が丸見えの状態です。

もちろん普段ここは板金で保護されているので問題ありませんが、今はめくれてしまっており雨が降れば吹き込んでしまいます。雨漏りの心配をしなくてはなりません。

今回はこちらに関わる棟板金のみ交換する工事をする事となりました。工事費用については、台風の影響という事もあり火災保険を用いて負担を軽減できるように致します。

火災保険に入られていても「風災」の項目が無ければ、申請が不可となります。一度ご自宅の大事な保険に関しては見直してみる事をお勧め致します。

工事費用全額保険で賄える保証はありませんが、少しでも賄えるとなると大きく違ってくることもあります。

街の屋根やさんでは台風被害に遭われた時、火災保険を用いての修繕も数多く対応させて頂いておりますので、台風被害の影響で屋根工事に関してお困りの際は街の屋根やさんへご連絡ください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2019年10月04日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
台風・雨漏りに弱い!?片流れ屋根の特徴とメンテナンス方法
台風・雨漏りに弱い!?片流れ屋根の特徴とメンテナンス方法
 「片流れ屋根って強風に弱いって聞いたから台風シーズンが来ると心配で・・・」  「片流れ屋根は雨漏りが多いみたいだけど本当なの?」  このような不安やお悩みを抱えてはいませんか。シンプルモダンでおしゃれな外観が魅力の片流れ屋根ですが、台風や雨漏りには弱いとされている側面もあります。台風や雨漏りに弱い…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      鎌倉市のその他のブログ

      2022/09/13 鎌倉市岩瀬にて塗膜剥がれや苔が目立つ屋根の調査を行いました

       鎌倉市岩瀬にあるご実家の屋根調査のご依頼をいただき現地へ伺いました。近くで工事をしているという業者さんが訪ねてきて「棟板金の釘が抜けている」という指摘があったそうで、いろんな意味で心配なので見てほしいということでした。今回は屋根の点検結果についてご報告します。釘抜けは確認できませんでしたが劣化は進...続きを読む

      2022/05/19 鎌倉市今泉にて漆喰の劣化状況を調査、棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

       鎌倉市今泉にて棟瓦の漆喰の剥がれについて調査を行いました。お客様にお話を伺いますと、「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを発見し、雨漏りが心配なので点検をお願いしたい」とのことでしたので、さっそく調査にお伺いさせていただきました。漆喰の重要な役割  梯子を使って屋根に上がらせていただくと、棟部分で漆喰が...続きを読む

      2022/04/19 鎌倉市佐助にてライフプランに合わせ棟板金補修を行いました

       鎌倉市佐助にお住いのお客様より「隅棟の釘が浮いてきている」とご相談いただき、現地調査へ伺いました。隅棟(すみむね)は、下り棟(くだりむね)とも呼ばれており、屋根のてっぺんにある大棟(おおむね)から下方向(四方の角)へ向かって設置されている棟のことです。寄棟や入母屋タイプの屋根にあります。スレート屋...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      鎌倉市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 色:(アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/09/21 横浜市緑区中山で訪問業者から「棟板金の下の木材が見えている」と指摘を受けたお客様より調査のご依頼です

       横浜市緑区中山にて、訪問業者の方に無料で調査をすると言われ屋根の異常を指摘されたというお客様よりご相談をいただきました。指摘内容が疑わしかったために、インターネットで検索したところ私たち街の屋根やさんのホームページを見つけてくださったそうです。 その訪問業者の方は偶然付近の工事をされていたそうで、...続きを読む

      2022/09/10 横浜市金沢区柴町にて築10年のお住いの現地調査、築10年でも劣化が見られました

      スレート屋根のお住いの調査 横浜市金沢区柴町にてスレート屋根の調査を行いました。築10年のお住まいで外観はとてもきれいでした。しかし、屋根の調査を行うと様々な劣化状況を確認することが出来ました。築年数10年ですと塗膜や棟板金の劣化が始まるタイミングですので気になる方は専門業者に点検してもらうことをお...続きを読む

      2022/09/6 横浜市緑区鴨居町で棟板金の不具合を調査しました

      棟板金が浮いていると指摘があって補修してもらった 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、近所で工事をしていたという業者から棟板金の浮きを指摘されて補修してもらったが、別の業者にも見てもらいたいと思って連絡したとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。棟板金の浮きの指摘を受けたというお問い合...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      約築20年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製 棟板金

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる