屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 葉山町一色にて強風で煽られた庭木の枝が軒先に当たり桟瓦が落下.....

葉山町一色にて強風で煽られた庭木の枝が軒先に当たり桟瓦が落下してしまいました

更新日:2019年12月9日

葉山町一色にお住まいのO様より、強風が吹いた翌日に車を出そうとしたところ、車の前に瓦が落下していたのを見つけたことがきっかけで屋根の点検調査依頼をいただきました。

どこの瓦かもわからず、また長年屋根に関してはリフォームを行っていなかったためこれが原因で雨漏りしては困るとお急ぎの様子でした。

さっそく現地に伺い落下した瓦がどこからだったのか、またその他に傷んでいるところはないか点検いたします。

 

庭に落ちていた瓦

 

風が吹いていなくても屋根の軒先に庭木がぶつかっていました

庭木が軒先にぶつかっている様子 青緑のキレイな瓦屋根の様子

 

屋根に上がる前におおよその見当はつけておきます。さきほどの庭に落ちていた瓦からすぐ上を見上げると軒先に庭木がすでに当たってしまっている状態でした。

これでは強風が吹けば木が揺れ釘で固定はされていない和瓦が下から持ち上げられてしまったのではとこの時点では推測できます。

屋根に上がるとキレイな青緑の瓦が使われており、母屋には銅板が被せられておりとても豪華な造りの屋根です。では瓦が落下した箇所を探してみます。

 

傷んでいたのは瓦だけではなく雨どいもでした

棟違いになっている屋根の様子 瓦だけでなく銅製雨どいも同時に破損してしまっていました

 

こちらの屋根は棟違いになっており、その段差下の屋根の軒先のケラバ瓦一枚がどうやら落ちているとわかりました。

軒先まで移動してみますと落下してあらわになったルーフィングと野地板が確認できます。このままでは雨が降れば野地板に雨水が染み込んでしまい雨漏りにつながる事もあるために早めに修繕をしなくてはなりません。また、軒樋も支持金具がめくれて固定されていないことがわかりました。

今回は瓦一枚の落下でしたが、屋根に上がってみると野地板やルーフィングが経年劣化で雨水を吸って傷んでいることや、雨どいの破損も確認できました。

屋根からおりて写真を見ていただきながら今後どうするか打ち合わせさせて頂いた結果、屋根に関してはまだこれからもこちらに長くお住まいになる予定との事もあり、瓦屋根そのものを生かし下地とルーフィングを新しくする屋根葺き直しと、軒樋部分交換工事のご提案をさせていただくことになりました。

瓦自体は長くもちますが、それを支える棟などは定期的にメンテナンスする必要があります。棟がゆがむとそれが原因で雨漏りにもつながります。

もしご自宅の屋根に和瓦や洋瓦が使われているが一度もメンテナンスをしていない場合、まずは土台を守ってくれる漆喰がきちんと機能しているかどうか点検してみてはいかがでしょうか。

街の屋根やさんでは瓦屋根のリフォームも多く実績がございます。瓦屋根のリフォームでどうしたらよいかお悩みの時はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。

 

 記事内に記載されている金額は2019年12月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
狭小地に多い!軒先が短いお家で雨漏りが起こりやすい理由とは
狭小地に多い!軒先が短いお家で雨漏りが起こりやすい理由とは
 現在、よく見かけるようになったのが、極端に軒先が短い建物です。建物で軒や軒先と呼ばれるところは外壁より外側に突き出た屋根の部分です。昔のお家というと、軒先でも充分に雨宿りが出来たものですが、現代のお住まいではそれもままならなくなっています。キューブ型のビルのような建物ですと軒そのものがありません…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      葉山町のその他のブログ

      2020/10/30 葉山町下山口でセメント瓦を使用した屋根が破損、袖瓦が外側に傾いておりました

       葉山町下山口にお住いになられているA様より「屋根の瓦が一部ズレていると思われる」とご心配なご相談がございました。お隣様のお宅の方が高い位置に建てられていることで、葉山町下山口A様のお宅の屋根がとても良く見えるそうです。以前から屋根に異変を感じていたそうで、気になって教えてくださったそうです。ご自宅...続きを読む

      2020/10/24 葉山町堀内で行ったバルコニーの調査は、束と笠木の隙間から雨水が入り込んでおりました

       葉山町堀内にお住いになられているS様のお宅より「家のバルコニーの柵がグラグラしてるので心配」とお困りのご相談がございました。バルコニーには、バルコニーを囲っている手摺壁と呼ばれる壁が設けられております。柵があるとのことでしたので、恐らくは手摺壁の上に手摺が取り付けられているタイプではないかと思われ...続きを読む

      2020/10/17 葉山町一色でスレート屋根の点検、棟板金を固定している釘が抜け始めておりました

       スレート屋根はスレートだけで造られている訳ではございません。スレート屋根は板金が使用されております。特に屋根面の端にあたる部分は板金製の部材が使用されております。葉山町一色にお住いになられているT様のお宅の屋根もスレート屋根でしたが、これまでにスレート屋根をメンテナンスしたことがないまま22年が経...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      葉山町のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドモスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き直しを行った現場ブログ

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検 使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装が不要な...続きを読む

      2022/07/8 横浜市港北区藤塚で風災の被害に遭った瓦屋根を調査しました

      オシャレな瓦屋根 横浜市港北区藤塚にお住まいのお客様から、先日の強風でご近所様から飛来物があり瓦が割れてしまったとお問合せをいただきました。瓦屋根と聞いていたのでよくある和瓦の屋根を想像していましたが、現場にお伺いすると南欧風デザインのオシャレな瓦が使われていました。通常の瓦は㎡当たりの重さが60k...続きを読む

      2022/07/5 横浜市緑区鴨居で30年の瓦屋根を調査しました

      築30年の瓦屋根 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、築30年になる瓦屋根に問題が無いか状態を確認して欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。瓦は全ての屋根材の中でもっとも長持ちする屋根材ですが、メンテナンスフリーという分けではありません。瓦屋根そのものは50年以上の耐用年数...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き直しを行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる