屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 葉山町堀内にて強風により棟板金と一緒に化粧スレートが飛散して.....

葉山町堀内にて強風により棟板金と一緒に化粧スレートが飛散しておりました

更新日:2020年4月11日

 葉山町堀内にお住まいのH様より、「強風が吹いた翌日に庭先に金属の板が落ちている、自宅の物だと雨漏りが心配なので見てほしい。」とご相談を頂きました。お話を伺いますとおそらく落ちている金属の板は棟板金と思われますが、現地にて確認しませんと確定できません。まずはご不安になられている問題を解決することが先決です。現地にお伺いし屋根全体を点検調査させて頂きました。私達街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策を行いながら注意を払って訪問しております。

 

庭先に落ちていた金属の板は間違いなく棟板金でした

庭先に落ちていた棟板金 下屋根があるために梯子がかけられません

 

 まず落ちていた金属の板を見させて頂きました。写真左の赤い丸で囲んだ所にH様が集めて置かれておりました。こちらは棟板金と呼ばれる役物で、屋根の一番高い所に設置されている役物です。これが落ちているという事は、雨が降ればそこから建物内部に雨水が侵入してしまいます。早急に修繕が必要だと分かります。

 H様邸は下屋根が大きくとられており、地上から二階の屋根に上がる為の梯子を架ける場所がございませんでしたので、下屋根に一度脚立を持って上がりそこに安全を確保しつつ脚立を立てて二階屋根に上がりました。

 

強風の影響を受けていたのは棟板金と化粧スレートでした

切妻屋根になっていた棟が部分的に飛散し貫板が丸見え、また直下の化粧スレートも飛散しております

 

 二階屋根、大屋根に上がりますと切妻屋根になっているH様邸の棟板金が部分的に飛散してしまっており、内部にあります貫板と呼ばれる木材が丸見えです。経年劣化で雨水や湿気の影響で黒ずんでいるのが確認できます。棟板金が飛散する時の多くは棟板金が傷んでいるのではなく内部にあります貫板が腐食してしまう事による場合が多いのです。塗装工事では修繕できない為にある程度の年数が経過したお住まいは最低限棟板金は点検し必要であれば交換が必要です。

 また、棟板金と同時に直下の化粧スレートが一枚無くなっております。棟板金だけでなく化粧スレートも新しく用意せねばなりません。

 

庭先に落ちていなかった化粧スレートは二階屋根の雪止めに運よく引っかかっておりました 化粧スレートの裏側は何も保護されていません。傷まないように塗装でのメンテナンスも必要なのが化粧スレートです

 

 棟板金は庭先に落ちていたのでわかりますが、飛散した化粧スレートはどこにいったのでしょうか。棟板金に意識がいっておりましたので全体を確認、点検をしますと北側の軒先にある雪止め金具に運よく飛散した化粧スレートが引っかかっておりました。もしこれが近隣のお住まいに飛んで行ったり、もしくは通行人や自動車に当たっていたらと思うと恐ろしいです。このままにはしておけませんので屋根から下しておきます。化粧スレートは通常10年前後での塗装でのメンテナンスが必須な屋根材ですが、裏側は写真右の様にセメント素地がそのままで何も保護されておりません。ですのでこの裏側に雨水が回らないように化粧スレートは定期的なメンテナンスが必要です。

 

 今回は棟板金と同時に化粧スレートも飛散してしまいましたので、貫板の腐食をご説明し棟板金交換工事と化粧スレート補修工事をご提案させて頂きました。先々全体的なお住まいの工事をお考えとの事で今回は急を要する棟板金交換工事と屋根の補修を行う事となりました。

 私達、街の屋根やさんではなぜそうなったか分かりにくい事もご説明し、なぜその工事が必要かをきちんとご理解していただいた上でご提案させて頂いております。そのような事もしないままただお見積りを作成させて頂くような事はございません。

 

 

 記事内に記載されている金額は2020年04月18日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      葉山町のその他のブログ

      2020/10/30 葉山町下山口でセメント瓦を使用した屋根が破損、袖瓦が外側に傾いておりました

       葉山町下山口にお住いになられているA様より「屋根の瓦が一部ズレていると思われる」とご心配なご相談がございました。お隣様のお宅の方が高い位置に建てられていることで、葉山町下山口A様のお宅の屋根がとても良く見えるそうです。以前から屋根に異変を感じていたそうで、気になって教えてくださったそうです。ご自宅...続きを読む

      2020/10/24 葉山町堀内で行ったバルコニーの調査は、束と笠木の隙間から雨水が入り込んでおりました

       葉山町堀内にお住いになられているS様のお宅より「家のバルコニーの柵がグラグラしてるので心配」とお困りのご相談がございました。バルコニーには、バルコニーを囲っている手摺壁と呼ばれる壁が設けられております。柵があるとのことでしたので、恐らくは手摺壁の上に手摺が取り付けられているタイプではないかと思われ...続きを読む

      2020/10/17 葉山町一色でスレート屋根の点検、棟板金を固定している釘が抜け始めておりました

       スレート屋根はスレートだけで造られている訳ではございません。スレート屋根は板金が使用されております。特に屋根面の端にあたる部分は板金製の部材が使用されております。葉山町一色にお住いになられているT様のお宅の屋根もスレート屋根でしたが、これまでにスレート屋根をメンテナンスしたことがないまま22年が経...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      葉山町のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2022/04/7 横浜市緑区台村町では築30年近くメンテナンスされていなかった庇板金が腐食し錆が回ってしまっておりました

       横浜市緑区台村町にお住まいのK様より、サッシの上にある小さい屋根が傷んでいるようなので、どのような方法で修繕できるか一度見てほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。 サッシの上との事ですので、庇や霧除けと呼ばれる部分かと思われます。築30年以上経過しているとの事でしたので、まずは現地にて状態を...続きを読む

      2022/03/24 横浜市港北区日吉にて腐食による劣化で瓦が落ちた屋根を点検・を加工した板金にて補修をご提案

       横浜市港北区日吉のお住まいの方からお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。現地調査に伺うと、セメント系の洋瓦が使用されている屋根でした。セメント系の洋瓦は、現在入手することが難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしました。...続きを読む

      2022/03/4 逗子市新宿にて瓦が割れたというお住いの屋根を調査、部分的な補修と劣化した漆喰のメンテナンスをご提案

       逗子市新宿にてお住いのお客様より、「屋根の瓦が何枚か割れているようなので、メンテナンスをお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。日本瓦は耐久性が非常に高いイメージがあるかと思いますが、瓦屋根にも劣化によってメンテナンスが必要になる部位は必ず存在します。そういった点も含めまして、屋根全体の点検を...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる