屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市神奈川区神大寺にて令和元年房総半島台風の影響でベランダ.....

横浜市神奈川区神大寺にて令和元年房総半島台風の影響でベランダのポリカ波板が飛散してしまっておりました

更新日:2020年8月29日

 昨年の令和元年房総半島台風時、ポリカ波板が飛散してしまいそのままだったので、一度修繕の為点検調査をしてほしいと横浜市神奈川区神大寺にお住まいのY様よりご相談頂きました。

 築20年以上経過し、外装のリフォームは行ってはいたがベランダの波板はそういえば一度も交換した事がなかったとの事でした。さっそく現地 いし状況を確認させて頂き必要な工事のご提案をさせて頂きます。

 未だコロナ禍にあり不安な毎日が続いておりますが、街の屋根やさんでは必要な対策を講じて日々現地対応にあたらせて頂いております。

 

台風直撃で飛散してしまったポリカ波板

見上げるとバルコニーの波板が半分以上なくなり飛散している バルコニーから脚立で調査

 

 現地に伺いますと外から台風の猛威が伺い知れます。二階バルコニーにあるはずのポリカ波板が半分以上飛散しなくなっておりました。調査する為にはバルコニーに出る必要がある為に脚立を持って室内へ上がらせて頂き調査を実施致しました。かろうじて残っているポリカ波板も経年での劣化により波打っており、運よく飛散しなかったと思われます。

 

ポリカ波板が飛散してしまったベランダの様子

ポリカ波板も経年劣化する為に早めに交換工事をしておきましょう

 

 ポリカ波板が飛散する時はポリカ波板自体が割れてしまったりなどして固定できなくなり飛散する事、また固定する為に土台の庇に取り付けるフックボルトが割れたりなどしてポリカ波板がバタバタと風に煽られて飛散する事があり、今回はその両方が運悪く重なってしまったようです。飛散してしまったポリカ波板はどこにいったのかわからないそうです。自然の猛威の恐ろしさを感じます。

 ポリカ波板を新しく取付る為にはポリカ波板のサイズを測る事はもちろんですが、固定に使用しているフックボルトがプラ製も物かステンレスなどの金物なのか、あとはボルトの長さも見ておかなければなりません。

 

破損したフックボルト 残っている波板も経年劣化で傷んでおります

 

 脚立に上がり少し高い位置から確認しますと、梁の金物内に破損したフックボルトの先端がいくつも残っておりました。使用されていたフックボルトはプラ製の物だったようです。

 また、残っているポリカ波板を見てみますと容易に剥がれてしまうほど固定されておらず、きちんと取付てあるように見えるフックボルトも緩んでしまっているようです。よく見るとフックボルトのパッキンがまだ新しい物もあり、部分的にフックボルトだけ交換されていたのかもしれません。

 今回は飛散した部分以外、残っているポリカ波板もきちんと固定できなくなっており、再度台風や強風に煽られた場合飛散する危険性が高い為に、庇部分のポリカ波板を全て交換するご提案をさせて頂きました。

 私達、街の屋根やさんではポリカ波板の調査、交換工事も承っております。場合によっては足場が必要な事もありますのでポリカ波板の交換でお悩みであれば街の屋根やさんへお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2020年08月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市神奈川区のその他のブログ

      2022/05/20 横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

       横浜市神奈川区六角橋にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。別の業者さんにも見てもらったとのことですが、棟板金を踏んだ跡がありました。まともな業者さんなら踏まない部分です。 屋根を確認したところ、使われている屋根材はクボタ...続きを読む

      2021/12/20 横浜市神奈川区旭ヶ丘で棟板金の浮きを指摘された屋根を調査しました

      近くで工事をしていたリフォーム会社から、棟板金が浮いていると指摘を受けた 横浜市神奈川区旭ヶ丘にお住まいのお客様より、近所で工事をしていたリフォーム会社の人から棟板金が浮き上がっているから工事をした方がいいと指摘を受けたので、本当かどうか調査をお願いしたいとご依頼をいただき、現地調査にお伺いしてきま...続きを読む

      2021/10/23 横浜市神奈川区神大寺で屋根の位置により症状が異なる屋根の現地調査

       横浜市神奈川区神大寺にお住まいのお客様より、点検のご依頼をいただき屋根の現地調査へ伺いました。屋根は、形状等によりご自身で状態を確認することが難しい部分です。高台や近くの高い建物から見て、屋根の変化に気付いたというお客様もいらっしゃいます。今回は、屋根が黄色っぽくなられたということでご相談をいただ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市神奈川区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2022/04/7 横浜市緑区台村町では築30年近くメンテナンスされていなかった庇板金が腐食し錆が回ってしまっておりました

       横浜市緑区台村町にお住まいのK様より、サッシの上にある小さい屋根が傷んでいるようなので、どのような方法で修繕できるか一度見てほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。 サッシの上との事ですので、庇や霧除けと呼ばれる部分かと思われます。築30年以上経過しているとの事でしたので、まずは現地にて状態を...続きを読む

      2022/03/24 横浜市港北区日吉にて腐食による劣化で瓦が落ちた屋根を点検・を加工した板金にて補修をご提案

       横浜市港北区日吉のお住まいの方からお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。現地調査に伺うと、セメント系の洋瓦が使用されている屋根でした。セメント系の洋瓦は、現在入手することが難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしました。...続きを読む

      2022/03/4 逗子市新宿にて瓦が割れたというお住いの屋根を調査、部分的な補修と劣化した漆喰のメンテナンスをご提案

       逗子市新宿にてお住いのお客様より、「屋根の瓦が何枚か割れているようなので、メンテナンスをお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。日本瓦は耐久性が非常に高いイメージがあるかと思いますが、瓦屋根にも劣化によってメンテナンスが必要になる部位は必ず存在します。そういった点も含めまして、屋根全体の点検を...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      35年
      使用材料
      オークリッジスーパー (ハーバーブルー) 積水化学工業 丸トップ 105 黒
      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      20年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる