屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市港北区篠原東にて強風により軒樋が破損、ダイカポリマー製.....

横浜市港北区篠原東にて強風により軒樋が破損、ダイカポリマー製の雨樋は廃番ですが部分的な交換が可能です

更新日:2021年2月6日

 横浜市港北区篠原東にお住まいのY様より、強風の影響で屋根の先端にある樋が外れて庭に落ちてしまっているので点検調査をしてほしいとご相談を頂きました。

 まだ築10年も経過していないとのことですが、強風や台風などの自然の猛威は築年数に関わらず急にお住まいを傷めてしまう事がございます。さっそく現地調査にお伺い致しました。

 新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を徹底し、お客様に安心して調査や工事のご依頼を頂けるように努めております。

 

強風や台風時等、自然の猛威の前に被害に遭われてしまう事もあります

築年数に関係なく傷むお住まい 外れている樋は廃番のダイカポリマー製でした

 

 現地に到着してみますと、落ち着いた外観の綺麗なお住まいでした。到着して道路側から樋を見てみますと特に外れている様子がありません。どこが外れているか確認するためにお住まいの廻りを確認してみます。すると、バルコニーがある南側へ回った時に異常を感じました。軒樋が丸々一本以上外れてなくなっている事が分かりました。真下に行って状況を細かく確認してみます。

 

軒樋と竪樋、集水マスなどが丸ごと破損し残っていたのは吊り金具のみでした

軒樋と竪樋、両方が破損してしまっている

 

 どうやらこちらが外れてしまっている樋の部分で間違いなさそうです。下から軒先を見上げると、端からあるはずの軒樋と下水に落とす竪樋の先端も破損し、なくなってしまっています。残っているのは鼻隠しと呼ばれる建材に打ち込まれている軒樋を支える吊り金物のみでした。自然の猛威の前には築年数関係なくこのような被害に遭われてしまう事があります。

 よくみかける形状の樋でしたが、既にお客様の方で破損していた樋は処分しているとの事で残っておりませんでした。ですので、既存の樋を見てメーカーや品番を確認して部分的な交換が可能かどうかを判断致します。

 

ダイカポリマー製雨樋は廃番になっており手に入りません

形状からでもある程度は判断可能です ダイカポリマー製品は廃番で手に入らない

 

 写真の様に、雨樋にも使われる部位によって名称がございます。とまり、継手、エルボなど雨樋に使われる部材は多いのです。部分的に交換ができるかどうかは、まずは現在手に入るかどうかを調べる為に、既存の雨樋のメーカーや品番が必要になってきます。しかし、Y様邸の樋の役物を見てみると「DK」の刻印が確認できました。こちら「ダイカポリマー」の商品でして、既に会社がありませんので、商品が手に入りません。

 以上の点検結果をご報告し、今回は破損していない部分も含めての部分的な雨樋交換工事のご提案をさせて頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは廃番で手に入らない雨樋の部分的な交換の可能性も現地調査時に判断し、お客様にお伝えし最適な工事のご提案を心がけております。雨樋工事は街の屋根やさんへお任せください。

 記事内に記載されている金額は2021年02月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください
 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やどの部分が雨樋なのかご存じですよね。  ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたことも…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市港北区のその他のブログ

      2022/11/2 横浜市港北区篠原町にて天窓からの雨漏り発生、原因は経年劣化による本体の歪みや取合いのシーリングです

       横浜市港北区篠原町にて、室内に雨漏りしているので一度見に来てほしいと私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。築年数30年前後とのお話で、数年前に中古物件として購入してお住まいになられていらっしゃるとの事でした。さっそく現地にお伺いさせて頂き、雨漏りの原因を特定致します。 新型コロナウィルス感染...続きを読む

      2022/10/22 横浜市港北区大曽根でアスベスト入りのスレート屋根を調査しました

      アスベスト入りのスレート屋根 横浜市港北区大曽根のアパートオーナー様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとご相談のご連絡をいただき、現地調査をしてきました。実際に屋根に登ってみると、クボタ(現在はケイミューに社名変更)という会社が昔造っていたニューコロニアルという屋根材が使われていました...続きを読む

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約30年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ブラック

      その他の施工事例一覧→

      雨樋工事を行った現場ブログ

      2022/11/20 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況    横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原...続きを読む

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      2022/07/11 伊勢原市池端にて破損した雨樋と屋根の調査 塗膜剥がれは屋根の劣化が加速します

       伊勢原市池端にお住いのお客様より「雨樋が外れてしまった」とのご連絡があり現地調査へ伺いました。以前より破損があり、強風の際にはずれてしまったそうです。雨樋は、塩化ビニール素材のものが多く使用されています。塩ビと似ていますが、紫外線による劣化に対する処理を施し耐久性を高めてた「合成樹脂」も多くなって...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨樋工事を行った施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      20年以上
      使用材料
      セキスイ Σ90

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる