屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 鎌倉市長谷にてスレート屋根の調査、塗膜が激しく劣化して苔や藻.....

鎌倉市長谷にてスレート屋根の調査、塗膜が激しく劣化して苔や藻が繁殖しておりました

更新日:2021年6月8日

 鎌倉市長谷にお住まいのI様は、同じ時期に建てられたご近所が屋根工事を行った際に、屋根が同じような劣化具合であると指摘されたことがきっかけで、街の屋根やさんに補修のお問い合わせを頂きました。屋根にはスレートが使用されているとのことで、表面の塗膜が劣化していると考えられます。「雨漏りが起きる前に屋根のメンテナンスをお願いしたい」とのご要望でしたので、さっそくお客様の元へ調査にお伺いさせていただきました。

塗膜が劣化して苔や藻が繁殖したスレート屋根

スレートの表面が劣化しておりました

塗膜が劣化して苔や藻が繁殖したスレート 塗膜が劣化して苔や藻が繁殖したスレート

 築21年が経過しているとのことで、屋根全体に苔や藻が繁殖している状態でした。これはスレートの防水機能が低下しているサインです。スレート自体に防水機能は備わっていないため、定期的な塗装によって雨水からの影響を防ぐ必要があります。この防水機能が失われたまま放置すると、スレートが雨水の吸水と乾燥を繰り返してしまい、屋根材自体の劣化が進んでしまいます。スレートを保護するための塗膜は10年ほどが寿命の目安となります。

屋根カバー工法でのメンテナンスをご提案

塗膜の劣化が激しい棟板金 固定釘が浮いてきている棟板金

 棟板金の状態も確かめてみますと、こちらも塗膜が激しく劣化しておりました。また、棟板金を固定する釘が浮き出てしまっていたので、台風などの強風に晒されると大変危険な状態です。

 屋根の防水機能を復活させるためには塗装工事が必要ですが、傷みが顕著なスレートには新たな塗膜が定着できないため、メンテナンスとしてI様には屋根カバー工法をご提案いたしました。屋根を歩いた感触では下地の腐食がまだ起きていない様子でしたので、それを生かしたまま新たな屋根材を被せるカバー工法がお住いの状況には最適かと思われます。

 

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてスタッフ全員のマスク着用や手指のアルコール消毒を徹底しております。点検からお見積もりまでを無料で承っておりますので、屋根のことで何か気になることがございましたら、お気軽にご相談いただければと思います。

 記事内に記載されている金額は2021年08月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      鎌倉市のその他のブログ

      2022/05/19 鎌倉市今泉にて漆喰の劣化状況を調査、棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

       鎌倉市今泉にて棟瓦の漆喰の剥がれについて調査を行いました。お客様にお話を伺いますと、「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを発見し、雨漏りが心配なので点検をお願いしたい」とのことでしたので、さっそく調査にお伺いさせていただきました。漆喰の重要な役割  梯子を使って屋根に上がらせていただくと、棟部分で漆喰が...続きを読む

      2022/04/19 鎌倉市佐助にてライフプランに合わせ棟板金補修を行いました

       鎌倉市佐助にお住いのお客様より「隅棟の釘が浮いてきている」とご相談いただき、現地調査へ伺いました。隅棟(すみむね)は、下り棟(くだりむね)とも呼ばれており、屋根のてっぺんにある大棟(おおむね)から下方向(四方の角)へ向かって設置されている棟のことです。寄棟や入母屋タイプの屋根にあります。スレート屋...続きを読む

      2022/04/4 鎌倉市長谷のお住まいで棟板金が飛散!貫板やスレート屋根の塗装も劣化しているため屋根カバー工法をご提案

       鎌倉市長谷にお住まいのお客様より、「強風により棟板金が落下してしまったため屋根の状態を確認してほしい」と街の屋根やさんへ屋根の点検調査のご依頼を頂きました。お住まいを建てられてからこれまでの20年の間、大掛かりな外装リフォームをされたことはないそうです。この機会だからと、屋根全体を調査して必要な工...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      鎌倉市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 色:(アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2022/07/6 横浜市港北区綱島東にて築15年のグリシェイドNEOを使用したスレート屋根の調査を行いました

      グリシェイドNEOのスレート屋根 横浜市港北区綱島東にてグリシェイドNEOの屋根材が葺かれているお住いの調査を行いました。グリシェイドNEOとは2001年から販売されたアスベスト無しで作られたスレート屋根材のことを言います。現在は廃盤となっております。 グリシェイドNEOは塗装メンテナンスができない...続きを読む

      2022/06/16 横浜市戸塚区影取町にてスレート屋根の調査を行いました

      横浜市戸塚区影取町にて屋根の板金が浮いているとお問い合わせをいただきました 横浜市戸塚区影取町にて調査のお問い合わせを頂きましたので調査に伺いました。板金が浮いているとのお問い合わせでしたので、さっそく屋根の上に上ってみることにしました。お客様の屋根はスレート屋根と呼ばれる屋根材でした。屋根の上に上...続きを読む

      2022/06/11 横浜市泉区和泉が丘にて苔の発生や板金の劣化により雨漏りに繋がる恐れ

       横浜市泉区和泉が丘にお住いのお客様より、屋根メンテナンスについてご相談いただき現地調査へ伺いました。築25年近くになるということでしたので、屋根のカバー工法や屋根の葺き替えがおすすめです。スレート屋根材の耐用年数は、25年~30年といわれています。塗装などによるメンテナンスが定期的に行われていない...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約20年
      使用材料
      横暖ルーフαプレミアムS
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      リッジウェイ デュアルブラウン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる