屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 種類の多い塗料を選ぶポイントは耐久性?機能性?塗装サイクル?.....

種類の多い塗料を選ぶポイントは耐久性?機能性?塗装サイクル?

更新日:2021年6月23日

 近年屋根や外壁に使われる塗料の性能は飛躍的に向上し、「とりあえずシリコンで」といったような抽象的な相談を受けることはほとんどないというほど、お客様自身も非常に調べご検討いただいております。しかし行き着く先は「結局どの塗料が良いの?」というところではないでしょうか?

そこで今回は屋根塗装に使用される塗料の特徴・機能・オススメをご紹介したいと思います。ぜひ塗装メンテナンスの際にご検討くださいね。

屋根塗装の仕上がり 塗料の耐久性

グレード(耐久性)は費用に反映されている

 塗装をされる際に色と耐久性(耐用年数)は必ずチェックされている項目かと思います。現状リーズナブルな価格で安定した耐久性を維持できる塗料はシリコンですが、フッ素・無機といった塗料はそれ以上の耐用年数が見込めます。また後程ご紹介する機能性がある塗料に関しては費用が若干高くなることもあり、良い塗料を必ずしも使用できるとは限りませんよね。もちろん高い塗料が良いというわけでもありませんが、塗り替え時期を延ばすためには高耐久の塗料を使用したほうが良いというのも現実です。

塗料の費用 サーモアイ4F

 費用と耐久性の説明を前提に、ではご自身のお住まいには何が適しているのかを考えていきましょう。最低限チェックしておくべきは、屋根材との相性・下塗りとの相性・そして施工会社の実績です。良い塗料を使用したからといって、相性や施工業者の腕が悪ければ何の意味もありません。経年劣化を判断できず塗装後に雨漏りが起きてしまったというケースは以ての外ですよね。
塗料の選定はもちろん大事、しかし施工に大きく左右されるということも覚えておきましょう。

傷んだ屋根材 屋根の状態を見極めて塗装

屋根塗装にオススメなのは遮熱・断熱

 続いては屋根塗料の機能性です。屋根の機能性塗料というと遮熱・断熱が有名ですが、太陽光を受けやすい屋根としてはやはり欲しい機能ではないかと思います。しかし遮熱と断熱の違いを知っておかないと、「思っていたのと違った」となりかねませんのでご注意ください。

サーモアイSi

 まず遮熱とは暑さの原因でもある赤外線を反射させる塗料を使用することで、屋根面の温度上昇を防ぎ室内への熱を伝えにくくする効果を言います。対して断熱は反射ではなく熱伝導を小さくすることで、暑さ対策をするのですが冬の寒さ、室内の温かさを逃がしにくくする点でもこの効果を発揮します。よって遮熱塗料は暑さ対策のみ、断熱塗料はオールシーズン快適さを求める方にお勧めの塗料となります。

断熱塗料 ガイナ 塗装メンテナンス

 とはいっても遮熱は各塗料メーカーが開発・販売していますが、断熱塗料はまだまだ少なく費用が割高だったり、調色に自由性がなかったりと様々です。どのような機能が欲しいのか、どのような面で優れているのかなどを比較・検討して塗料を選定しましょう。

塗装サイクルを考えて塗料を選びましょう

 基本的な屋根塗装のポイントを簡単にご紹介しましたが、塗装を行ったとしても10数年後にはまた考えなくてはなりません。その時のことを考えて塗料を選ぶようにしてみてください。

 まずは屋根と外壁の塗装サイクルです。屋根は外壁よりも過酷な環境下に晒され続けていますので、屋根外壁ともに同じグレードで塗装すると屋根の方が早めに傷み始めてしまいます。そのため屋根は外壁よりも1グレード上の塗料を使用するなどで塗装サイクルを合わせましょう。

 続いて塗料の耐久性を決めるポイントです。高耐久=良いというわけではないということを冒頭でもご紹介しましたが、屋根材の寿命を考えず高耐久塗料を使用してしまうと費用が無駄になってしまうこともあります。頻繁に塗り替えを行いたいという方は、一般的な塗料を選びコンスタントに塗り替えることを前提に検討されたほうがオススメというケースもあります。あくまで目安にはなりますが、どの程度でメンテナンスを行うのかを頭に入れておくとよいでしょう。自然災害等予期せぬトラブルは起こり得るものですが、お子様の行事・仕事の繁忙期等を避けてメンテナンス時期を決められる方が多いようですね。

サーモアイ4Fでの屋根塗装

まとめ

 塗料は耐久性・機能性を基に費用が決められていることが多いです。メンテナンスサイクルを延ばすことを目的にしている場合はできるだけ高耐久の塗料を使用することがオススメです。

 屋根の機能性塗料としては遮熱・断熱が有名かと思います。遮熱は赤外線を反射、断熱は熱伝導率を小さくすることを目的にしており、遮熱は暑さ対策に特化、断熱はオールシーズンの快適さを向上させることがメインとなります。

 塗料の耐久性を決めるポイントはメンテナンスサイクルです。外壁とセットで塗装する場合は1グレード上の屋根塗料を選択すると今後のメンテナンスサイクルも同時期に近くなります。また頻繁にイメージチェンジをしたいという方は高耐久塗料ではなく、通常の塗料がオススメになるケースも多々ございます。塗料の種類や耐久性、お住まいに適した塗料に関してお悩みの方は、お気軽に私たち街の外壁塗装やさんにご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年06月23日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介
どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介
現在、市場には数多くの塗料が出回っています。非常に数多くのメーカーが存在し、塗料の製造会社が組織する団体「一般社団法人 日本塗料工業会」には正会員だけでも99社、賛助会員を入れると計270社が登録されています。これだけの会社が塗料を作っており、新製品を次々と発表してくるのですから、本当に凄い量の塗料…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる