相模原市中央区田名にて 雨漏りに備えメンテナンスのご提案

HOME > ブログ > 相模原市中央区田名にて 雨漏りに備えメンテナンスのご提案

相模原市中央区田名にて 雨漏りに備えメンテナンスのご提案

更新日:2022年11月19日

 相模原市中央区田名にお住まいのお客様より「漆喰が剥がれてきているので見て欲しい」とのご依頼をいただき調査へ伺いました。漆喰の耐用年数は約20年ほどといわれています。瓦の耐用年数を迎えるまでに、漆喰や防水紙など定期的なメンテナンスが必要な部分があります。点検結果のご報告をいたします。

漆喰の劣化

漆喰劣化 漆喰剥がれ

 棟部分の漆喰が劣化し、ポロポロと剥がれているのが数ヶ所で見受けられました。すぐに雨漏りに繋がる可能性は低いかもしれませんが、長期間放置した場合は、確実に状態が悪化してしまいますので近いうちにメンテナンスは必要です。屋根内に雨水が入り込んだ場合、雨漏りから守ってくれるのは屋根の下地に敷いている「防水紙」です。しかし、防水紙は10年経過頃から劣化が始まるといわれていますので、過信は禁物です。

その他 雨漏りに繋がる恐れ①

棟瓦釘浮き 這樋外れ 欠片

 棟瓦(スレート屋根の場合は棟板金)を固定している釘が浮き始めています。酷いものは3㎝ほど浮き上がっている箇所もありましたが、ほとんどの釘が写真のように釘頭が浮いてる感じでした。この状態では、雨が降った際、隙間から雨水が入り込んでしまいます。棟瓦の真上に隙間が出来ていることになるため、雨水が入りやすい状態です。

 また、這樋(はいとい)が外れてしまっている箇所がありました。屋根から集水器に集まった雨水が、ダイレクトに屋根を流れる状態のため、金属屋根が傷んでしまっています。雨漏りにも繋がる恐れがあり心配です。

その他 雨漏りに繋がる恐れ②

谷板金 錆

 雨漏り原因で多い「谷板金:たにばんきんの劣化」進んでいました。谷板金は、屋根に降った雨水を集めて雨樋(横樋/軒樋)へ流す役割をしています。谷板金には、耐久性のあるガルバリウム鋼板を使用していることが多いのですが、雨水が流れる部分のため、どうしても傷みやすく、腐食しやすい環境です。軽い「錆(さび)」であれば、ケレン処理と塗装によるメンテナンスで改善は可能ですが、錆が酷い場合は放っておくと穴あきを起こし雨漏りが発生する可能性が高くなります。雨漏りが発生してしまった場合は、状態により部分葺き直しでの対処も可能です。

参考価格

漆喰工事 税込み4,400円/m~

 

 記事内に記載されている金額は2022年11月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

相模原市中央区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

屋根カバー工事, 天窓工事, その他の工事

お問い合わせ内容

模原市中央区にお住いのⅠ様
 2023年に、屋根の一部がずれてしまっているとのご相談をいただき、天窓の撤去や太陽光パネルの撤去を含め、エコグラーニを使った屋根カバー工事を行わせていただきました!
 同時に付帯電気工事と、屋根の東側部分のみ雪止めの設置を行いました。

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
 瓦屋根の住人の皆様へ、耐震性について疑問や不安はありませんか?  近年、スレートや金属の軽量な屋根材に切り替える方も増えていますが、実は瓦屋根でも軽量化が可能です。  地震と瓦屋根の関係を解説し、棟瓦の湿式工法・乾式工法、そして瓦屋根での軽量化についてご紹介いたします。ご自宅の瓦屋根がどのような…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      相模原市中央区のその他のブログ

      2024/04/9 相模原市中央区田名塩田で割れやすい屋根のコロニアルNEOで葺かれた屋根を調査しました

      屋根の状態を確認して欲しい 相模原市中央区田名塩田にお住まいのお客様より、屋根がボロボロになってきたように感じるので状態の確認と必要な工事の見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。  ひび割れたスレート屋根 屋根にはいたるところにひび割れが確...続きを読む

      2024/03/26 相模原市中央区田名でバリバリに剥がれた屋根の正体はかわらUでした

      屋根から破片が落ちてくる 相模原市中央区田名で、屋根から破片が大量に落ちてくるので状態の確認をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   現地にお伺いすると、バルコニーに白い破片が大量に落ちていました(;´・ω・)   洗濯物にも影響...続きを読む

      2024/03/12 相模原市中央区星が丘でノンアスベストタイプのスレート屋根「ザルフ」を点検しました

      スレートのひび割れが気になるので確認して欲しい 相模原市中央区星が丘にお住まいのお客様より、屋根のひび割れが気になるので問題ないか状態を確認してほしいとお声掛けをいただき、現地調査にお伺いしてきました。  ザルフというスレートが使われていました 屋根材には「ザルフ」というスレート...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      相模原市中央区のその他の施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約60年
      使用材料
      カラーベニヤ、ポリカーボネート製波板
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      21年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板(ブラウン)

      その他の施工事例一覧→

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/04/9 陸屋根のデメリットとは?雨漏りリスクの高さに注意が必要です!

       一口に屋根と言っても「切妻屋根」や「片流れ屋根」など、その形状は様々です。 そうした中で、屋根を生活スペースとして使用できるのが「陸屋根(ろくやね)」と言われる屋根形状です(^^) しかし、陸屋根にもデメリットがありますので採用をご検討されている場合には注意が必要です(;_;) 今回は、陸屋根のデ...続きを読む

      2024/03/22 FRP防水がひび割れた!?補修やメンテナンスのことなら街の屋根やさんにお任せください!

      FRP防水とは  FRP防水とは、Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)の略称であり、液状のものを流して防水層を作る塗膜防水の一種です。シート防水と異なりつなぎ目がない特徴があり、強度が高く軽量なのでどんな場所でも使用できます。ただし、費用が高いというデ...続きを読む

      2024/03/7 コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

       コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・? この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します!コーキングとシーリングの違い 結論からお話...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!