大和市鶴間へスレートの調査に伺いました!

HOME > ブログ > 大和市鶴間へスレートの調査に伺いました!

大和市鶴間へスレートの調査に伺いました!

更新日:2024年06月27日

屋根全体

 

 こんにちは!

 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ

 

 今回は、「前回のメンテナンスから時間が経ち、屋根のメンテナンスの時期かと思うのでメンテナンスの見積もりが欲しい」とお客様よりご連絡をいただき、大和市鶴間へ調査に伺いました。

 

 それでは早速調査開始です( `ー´)ノ

 

割れたスレート

スレートの割れ

 

 屋根に上り調査をしてみると、スレートの割れを発見しました。

 

 使われていた屋根材は「ニューコロニアル」というアスベスト含有スレートでした。

 屋根材にアスベストが使用できなくなり20年程度経過しましたが、屋根材の下にある防水紙(ルーフィング)の耐用年数は15~20年程度です。

 その為、現在アスベスト含有屋根材を使用されているお住まいは、防水紙の寿命が来ている可能性が高いと言えます。

 

小口に溜まった苔

 苔の生えたスレート

 

 小口部分(スレートの先っぽ)には、苔が溜まってしまっていました!

 

 塗装が劣化してくると撥水性が低下する事で屋根に雨水が長時間滞留してしまい、苔・カビの繁殖原因となります(>_<)

 

 美観的にも苔などが生えているとよろしくないですね( `ー´)ノ

 

棟板金の様子

屋根全体

 

 棟板金を拝見させて頂きましたが、固定用の釘や棟板金自体に浮きはなくとても良い状態でした!

 

 棟板金は数年前に交換されているようでしたので、現状での心配はなさそうでした( `ー´)ノ
 しかし、屋根材内部の防水紙や、屋根材自体の劣化が進行している状態です(>_<)

 その為、今回は屋根葺き替え工事・屋根カバー工法を工事方法としてご提案させて頂きました!

 

 記事内に記載されている金額は2024年06月27日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根葺き替えvs屋根カバー!違いを分かりやすく【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      大和市のその他のブログ

      2023/05/29 大和市中央林間にて瓦屋根の棟瓦が倒壊!棟瓦取り直し工事で元通りに直せます!

       大和市中央林間にお住いのお客様より「2階の瓦が崩れてしまって色々落ちてきている」とのご相談をいただきました。今までご自宅の屋根の瓦に関してお困りになったことがなかったそうで、かなり驚かれたご様子でした。瓦屋根は屋根材が頑丈なものが多くあり、瓦自体の耐候年数も比較的長いため、不具合が起こりづらいよう...続きを読む

      2023/04/1 横浜市緑区白山にて強風被害、貫板の腐食による棟板金の飛散は棟板金交換工事で備えましょう

       横浜市緑区白山にお住まいのM様より「数日前の強風が吹いた日に屋根から板が落ちてきた。屋根の状態が気になるので調査をしてほしい。」と街の屋根やさんへご相談がございました。 さっそく屋根点検調査に訪問させて頂き、お住まいの事をお伺いしていると築25年近く経過しているが外装のリフォームは何もしていないと...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/07/18 塗装してはいけない屋根材の見分け方とは?そんな屋根に最適なメンテナンス方法をご紹介!

        家のメンテナンスは、お住まいの寿命を延ばし、快適な生活を維持するために不可欠なものです。その中でも屋根のメンテナンスは特に重要です。屋根は外部環境から家を守る第一の防壁であり、雨風や太陽光、雪などの自然の厳しい条件に常にさらされています。  しかし、全ての屋根材が同じようにメ...続きを読む

      2024/07/17 屋根塗装をしたばかりのスレートが雨漏り!?施工不良「縁切り不足」が雨漏り被害に繋がる理由とは?

       「スレート屋根塗装をしてもらったばかりなのに雨漏りが発生してしまった...(>_<)」 せっかく屋根のメンテナンスを行ったばかりなのに、すぐにトラブルが発生してしまっては残念な気持ちになりますよね... 実は、こうしたケースの場合、屋根塗装メンテナンスの施工不良が原因である可能性があり...続きを読む

      2024/07/17 屋根下地材の役割|「防水紙」「野地板」の重要性を徹底解説!

       屋根と言う言葉を聞いて、多くの方がイメージされるのは「スレート」や「瓦」などの屋根材ではないでしょうか。 しかし、屋根は構造物であり、当たり前ですが屋根材だけで構成されている訳ではありません(>_<) 普段目にする事は出来ませんが、屋根材の下にある「屋根下地材」は非常に重要な役割を担っ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!