屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市神奈川区で強風で飛んだ棟板金を火災保険で

横浜市神奈川区で強風で飛んだ棟板金を火災保険で

更新日:2016年3月19日

横浜市神奈川区で棟板金の交換工事をおこないました。台風の際に飛んでいってしまった様で、しばらく経ってから近所で工事をしていた業者さんに指摘されて気づかれたそうです。今のところ雨漏りなどはしていない様ですが、早く直さないといけません。

剥がれた棟板金 むしり取られたケラバ板金

これが剥がれた棟板金の状態です。貫板は残っていますが、所々割れているのが分かります。幸いな事に防水紙が切れていないので、雨漏りはしていないようです。貫板の傷み具合から考えて、結構前に剥がれていたのだと思います。高台に建っているので非常に風当たりの強い立地になっていて、台風などの強風などによって剥がれたので、元通りに直す工事は火災保険の風災の対象になります。火災保険は、建物の火災の時だけではなく、風や雪、雹(ひょう)の被害に対して元に戻す工事の際に使用する事が出来ます。ご加入の火災保険に『風災』が入っていれば、保険金で賄う事が可能ですので、一度保険会社に問い合わせをしてみる事をお薦めします。

貫板をはがします 新しい貫板

工事開始です。古い下地の貫板を剥がしてから、新しく貫板を打ち付けていきます。しっかりと野地板までビスで固定していきます。

棟板金はガルバリウム鋼板製 ケラバも新しくしました

新しい棟板金は、サビ難く耐久性の高いガルバリウム鋼板製をしようします。現在建築で使用している板金は殆どがガルバリウム鋼板ですので、昔からあるトタンよりも長持ちします。屋根の側面のケラバも新しく交換しました。固定するのも釘ではなくビスを使用しているので、下地の貫板が経年によって劣化して痩せていっても、抜けにくくなります。しっかりとした施工をおこなっていれば、台風などにもびくともしない様にする事が出来ます。これで安心ですね。

棟板金についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にお問い合わせ下さい。

 記事内に記載されている金額は2016年03月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
 「火災保険にご加入されていますか?実は火災保険は火災による被害だけでなく、台風や雹などの自然災害で破損してしまった場合の補修も申請できるんですよ。」とご説明させていただいていた頃もありましたが、現在はお客様の方から「火災保険で修理したい」とご相談をいただくようになりました。 &…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
 近年では地球温暖化の影響もあり、自然災害が増加しています。そのせいで、自宅の屋根が壊れてしまい損害保険を使って修理するケースが増えてきました。  自宅を新築した時に必ず加入するのが「火災保険」です。なんとなく「火災保険は火事の被害の補償」だと思っている方が多いようですが、「火災や天災」はもちろ…続きを読む
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市神奈川区のその他のブログ

      2022/06/29 横浜市神奈川区羽沢町にて築25年のお住いの現地調査を行いました

      築25年のスレート屋根の調査を行いました 横浜市神奈川区羽沢町にて築年数25年ほどのスレート屋根の調査を行いました。スレート屋根材は重量も軽くお値段も安価という理由で現在最も普及している屋根材です。耐用年数は約20年~30年だと言われていますがその中でも塗装や棟板金交換などといった定期的なメンテナン...続きを読む

      2022/06/20 横浜市神奈川区六角橋で調査した屋根はセイバリーというオシャレなスレート屋根でした

      セイバリーで葺かれた屋根 横浜市神奈川区六角橋にお住まいのお客様より、屋根のメンテナンスを今までしたことがないので、状態を確認してほしいとお問合せをいただき現地調査にお伺いしてきました。屋根にはクボタ製(現:ケイミュー)の「セイバリー」というオシャレなスレート屋根が使われていました。一般的なスレート...続きを読む

      2022/06/10 横浜市神奈川区羽沢町でスレート屋根の調査を行いました

      アスベスト入りのスレート屋根 横浜市神奈川区羽沢町にお住まいのお客様より、屋根の状態を確認して欲しいから調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。使われている屋根材はニューコロニアルという屋根材で、アスベストが使われているタイプの屋根材です。アスベストと聞くと健康被害のイメー...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市神奈川区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる