屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市幸区で棟倒壊からの雨漏り

川崎市幸区で棟倒壊からの雨漏り

更新日:2016年3月22日

本日ご紹介いたしますのは川崎市幸区で行った雨漏り調査の様子です。
お問合せ時に伺った話では雨漏りしていることは分かっていたそうですが、ブルーシートなどを被せてその場しのぎをしてきたとのことです。家全体がかなり老朽化が進んでしまったが、できれば雨漏りだけは早急になんとかして欲しいそうです。雨漏りしてしまってかなり時間が経過していることを考えると、お住まいの構造にもダメージが進んでいる可能性がありますが、まずは現地を確認して必要な工事をご提案したいと思います。

川崎市幸区 屋根から落ちてきた瓦が庭に放置されている 川崎市幸区 屋根にはしごをかけて点検を行います

お住まいに訪問させていただき、まず気になったのは庭にあった瓦です。落ちてきた瓦を一か所にまとめてあるようですが、その上から草が覆いかぶさっている状況からだいぶ年数が経っていることを物語っています。
屋根調査で必須といえるのが梯子です(右写真)。業者によっては屋根に上らず、地上から確認するだけの点検ということもありますが、それでは細かい屋根の状況はわかりません。街の屋根やさんでは屋根に上って下地の劣化具合や屋根材のひび割れなどの細かい箇所もチェックします。

川崎市幸区 倒壊した棟瓦 川崎市幸区 棟が崩れて中の土が露出している
屋根に上ってみると棟が完全に崩れてしまっていました(左写真)。お話しを伺った通りブルーシートで養生していたようですが、今ではボロボロになっています。これでは雨漏りしてしまうのは仕方ないでしょう。棟は中に土を入れて、さらに漆喰で固めることであの形状を保っています。しかし、年数が経って漆喰が剥がれてしまうと土が露出し、その状態が進むとついには崩れて写真のようになってしまうのです。ここまでの状態になると再度棟を作り直すしかありません。しかし、今回の場合は雨漏りも長期間続いているため瓦の下の野地板も傷んでしまっているので野地板の交換も必要です。

川崎市幸区 雨樋に溜まった土 川崎市幸区 下屋の瓦も割れている

雨樋を見ると棟に使われていた土が溜まっていました(左写真)。これでは雨樋も正しく機能せず、大雨が降ればオーバーフローするでしょう。また、竪樋には土が流れ込んで詰まらせてしまう可能性もあります。軒樋であれば簡単に清掃できますが、竪樋が詰まると外したりする必要も出てきます。そうなると当然時間も費用も掛かりますので早めに対処しておく方がよいでしょう。
下屋の方も問題があり、瓦が割れている箇所が見られました。これは棟から落ちてきた瓦によって割れてしまったようです。一応ブルーシートが残っていますが、やはりボロボロな状態ですのでここも雨漏りしてしまっているのでしょう。

今回の点検から、部分的な補修ではなく屋根を丸ごと新しくする屋根葺き替え工事をご提案いたしました。ここまで傷みが酷いと部分的に補修するよりも、葺き替えてしまった方が費用面のことや後々のメンテナンス性も踏まえて安心してお過ごしいただけると思います。できればもっと早くお問合せいただければ、ここまで酷い状況にならなかったでしょう。お住まいは時間とともに劣化するものです。そのため、定期的にメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。傷んだ箇所を放置すればするほど傷みは進行し、それだけ工事にかかる費用もかさんでしまいますので、お住まいのメンテナンスは早め早めに行うことを心がけましょう。

 

 記事内に記載されている金額は2016年03月23日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市幸区のその他のブログ

      2022/06/17 川崎市幸区南幸町にてニチハ・パミールのスレート屋根の調査依頼をお問い合わせいただきました

      川崎市幸区南幸町にてスレート屋根が劣化していました 川崎市幸区南幸町にてお問い合わせをいただきましたお客様のお住まいはニチハ・パミールの屋根材を使用しているとのお話でした。この屋根材は劣化がとても早く7年程度で徐々に劣化が始まり、10年経つ頃にはボロボロになってしまう屋根材です。その劣化の仕方や速さ...続きを読む

      2021/10/19 川崎市幸区下平間にてスレート屋根からカバー工法で金属屋根へ、見えないところも安心部材

       川崎市幸区下平間にお住まいのお客様より、屋根の点検をご依頼いただき現地調査へ伺いました。2018年・2019年と台風を経験され、メンテナンスをする際には、安心できる屋根にしたいと思われていたそうです。屋根の色あせが気になりだした頃、近くで工事されていた業者さんから棟板金が浮いているとの指摘をされ、...続きを読む

      2021/07/19 川崎市幸区戸手本町で雨漏りの原因箇所は散水試験で特定します

       川崎市幸区戸手本町で雨漏りの調査をおこないました。 出窓の上から雨漏りしているのですが、内装リフォームでクロスを剥がした時に下地がカビだらけになっていて雨漏りに気付かれたそうです。 この上はバルコニーになっていますので、どこから雨水が入り込んだのかを調査して被害が広がらない様にしなければなりません...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市幸区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築18年
      使用材料
      コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      築32年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み,スレート屋根材

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/07/5 横浜市緑区鴨居で30年の瓦屋根を調査しました

      築30年の瓦屋根 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、築30年になる瓦屋根に問題が無いか状態を確認して欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。瓦は全ての屋根材の中でもっとも長持ちする屋根材ですが、メンテナンスフリーという分けではありません。瓦屋根そのものは50年以上の耐用年数...続きを読む

      2022/06/26 横浜市磯子区中原にて雨漏り調査、原因はスレート屋根塗装時の縁切り不足と不必要なシーリングでした

       横浜市磯子区中原にお住まいのお客様より、室内天井に染みが出来ているので原因を特定してほしいと私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。築30年近く経過しているとの事で、数年前に塗装工事は行っているとの事でした。さっそく染みの原因特定の為に調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防...続きを読む

      2022/06/26 横浜市戸塚区上品濃にて雨漏れの調査のご依頼を頂きました

      スレート屋根材にひび割れが発生していました  横浜市戸塚区上品濃にて、雨漏れが発生しているから調査してほしいとお問い合わせを頂きました。早速屋根に上り調査を開始するとスレート屋根材にひび割れが発生している箇所がありました。屋根の構造として屋根材にひび割れが発生したからといってすぐに雨漏れするわけでは...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築50年
      使用材料
      スーパーガルテクト シェイドブラウン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる